2011年06月14日

秋葉原フィールドワーク

先週の土日で、国内合宿を兼ねて秋葉原フィールドワークを行いました。
僕自身秋葉原に赴くのは初めてで、ゼミの活動を通してのフィールドワークも初めてだったので、非常に新鮮でした。

まず最初に、UDX2階のアキバインフォ内にあるTokyo Anime Center Official Shop @ Akiba で、秋葉原のパンフレットをもらいました。パンフレットは数カ国語に翻訳されており、秋葉原の文化が外国人に人気がある為に需要もあるんだろうなあと感じました。

また、高橋さんのお話で、秋葉原は以前は青果市場であったことや、2008年の無差別殺傷事件を機に歩行者天国がなくなり、そのため今ではいくつかの催しが出来るスペースが作られていることを知りました。
自分の持っている秋葉原のイメージとは、最近のメディアを通じて形成されたものであり、結果として成り立っている現在の姿しか捉えられていなかったのだと考えさせられました。

その後、舛谷先生に同行し、ジャンク品の商品が立ち並ぶ路地を散策しました。そこは、現在の秋葉原のイメージとはかけ離れた、秋葉原の当初の姿がそのまま残っていました。
近年では規制緩和に伴って外資も参入し、再開発により駅を挟む形で多くの複合ビルが建設されてきた事もあり、昔と現在の姿が共存しているのは大変貴重なことだと思いました。

また、本屋にも立ち寄り、そこでは個人による同人誌と商業出版社による雑誌やマンガを比較することができました。同人誌であっても、人気が出たものはアニメ化されたり、商業出版化されたりする事があるそうです。

それから今回の目的であるAndroid Padを探すため、いくつかの店舗を比較検討しながら散策しました。最終的に
で全員購入しました。
まだまだApadに関しては知識が乏しいのでこれから勉強していきたいと思います。

池袋に移動する前に、現在は廃止駅となっている万世橋を通りました。以前は中央線の終点の駅であったらしいです。

中途半端ですが初めてのブログはこの辺で終わりたいと思います。


川端


posted by 10かわばた at 11:13| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。