2010年09月30日

*〜グアム合宿〜*

14日から19日までグアム合宿を行った。先生も初めて、ゼミ生もほとんど行ったことがないという中始まった今合宿は、期待していたよりも内容の濃いものになったと思う。

5日間の日程の中で考えさせられたのは大きく2点ある。一つ目は私達が知らなすぎる歴史と国というものについて、二つ目がグアム観光についてである。
一つ目はやはり芳賀さんのお話の影響がとても大きい。私達がトレッキングを行ったあの場所も、日本軍との陸上戦があったという事実を知らなければ、単なるグアムの新しい観光の要素に加えられてしまうだけである。ガイドブックに綺麗なビーチと並べられて載せられてしまうだけである。あるいはその事実が知らされなければ、その事実を伝えていく人がいなくなってしまえば、ゲスト側はアクティビティーの一つとして壮大な自然に触れるだけで、いまだに残っている銃弾には気づかないのである。例えばタモン湾周辺でグアム観光をする日本人がここを訪れたとして、昔同じ日本人が、今私達が生きる日本という「国」を必死で守ろうと戦って亡くなっていった場所であるという事実を知らないということになったら、それは本当に悲しいことであると思う。私は正直、「国を守る」だとか「国を想う」という感覚は分からない。けれども、当時戦争の中で生きていた人々は、自分の命を失うことよりも日本という国が無くなるということを恐れたと芳賀さんは言っていた。もう一度言うが、私にはその祖国愛のようなものは分からない。しかしそこまでして彼らが守ろうとした日本という国への想い、大切に思うものへの想いは少し分かるような気がした。そして私達が日本で生きているということは、彼らの、国に対する大きな大きな想いの上で成り立っているのだというようにも感じた。
戦争は誰が、どちらが悪いということは重要ではない。戦争それ自体が悪いのだと私は考える。だからこそ、語り継いでいかなければならない。戦争という事実、どのような事が起こったのかを知らない人がいてはいけないと思う。まして私達は戦争の本当の怖さや悲惨さを体験している訳ではないし、戦った彼らの気持ちや想い、考え方も分からない。特に、私を含め日本人は自国の歴史や、国そのものについても知らなさすぎる。そうであるならば戦争体験者や語り継ぐ人がいなくなっていくとともに、伝えていかなければならない事実も風化していき、また同じようなことを起こしてしまうかもしれない。次の話にもつながっていくが、そういう意味で芳賀さんが担っている役目というのは、非常に重く大きいものだと思った。
二つ目はグアム観光についてである。私はグアムに対してやはり、誰もが持っているリゾート地というイメージしか持っていなかった。しかし今回回ったところが既存の観光コースでない所ばかりであったせいか、私が持っていたイメージとはグアムの表面的な部分だけであったのだという事を実感した。逆に言えば、グアムには戦跡やチャモロ文化などとても興味深いものがあるにも関わらず、訪れる前に私達が描くイメージはとても薄いものであるということが非常に残念に感じた。グアムを訪れる多くの日本人(観光客)は、ガイドブックに載っている整備されたビーチや宿泊施設、免税店などを目当てにやってきて、それらだけを満喫して帰っていく。つまりどこのリゾート地でも出来るような観光をして帰っていくのである。グアムにはグアムでしか出来ない、グアムにしかない観光があるのに、それらの魅力を発見出来ないために、ガイドブックに取り上げられないために、つまり知られていないがために、グアムの観光は小さなものに収まってしまっているのだと思う。私達日本人が海とショッピングを期待するから、現地でもそれらを用意するのか、あるいは現地がまずそのような観光地にしたから、私達がそれを期待するようになったかは、はっきり言えないと思うが、まだまだ伸びしろがあるグアムをこのままにしてしまうのは、本当にもったいないと思う。
私はグアムにリピートしたいとは思わない。現状のグアム観光だと、もう見終えてしまったような感覚になったからである。(もちろんそんなことはないが。)既に用意されたマーケットの中に行くような観光ではなくて、私達の合宿で回ったような、グアムの歴史に触れることが出来たり、グアムで生活する人々の文化を体験出来たりなど、もっと深いところでの観光が可能になれば、もう一度行きたいと思う。付け足すと、今回の戦争の話のような、語りなどを聞くことが出来たら、さらに興味深いものになると思った。


最後に。
舛谷ゼミではグアムとか珍しい気がするけど…みんなで海入ったり、買い物したり、ハンバーガーいっぱい食べたり、そんな合宿も新鮮でした!もちろんゼミらしいトレッキングもあったけど。濁流だったけど。笑(確実に至上最も過酷。)サンセット見たり、ウェスティンでヘヴンリーしたり…(飛行機のせいでゆっくり出来なくてごめんねー。)とにかく無事に終えることが出来て良かった☆みんなのおかげです、ありがとう!!そして、ちーちゃん、あいりお疲れ。はまちゃんもありがとねー。

今回の合宿を、個人テーマに生かせたらなと思います。

3年 佐藤 絵梨香


posted by masutanis at 19:45| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。