2010年09月23日

3年☆グアム合宿

 グアムでの合宿は想像以上に濃いものであった。私が今回印象を受けたのは、2日間ガイドを担当してくれた、チャモロ人のレナードさんの話と、トレッキングを意義深いものにしてくれた芳賀さんの話である。

レナードさんはとても気さくな方で、家族のことや自らの研究状況など様々なことを語ってくれた。レナードさんとの話の中で見えてきたのは、必ずしもグアムに住んでいる人たちはアメリカという枠の中に収まっていないということだ。チャモロ文化とアメリカ文化はやはり様々な点において違いが存在し、そしてまた、アメリカが好きだというチャモロ人と、国籍はアメリカでも心の中では自分はチャモロ人だというアイデンティティーを持っている人々がいることを実感した。また戦跡の説明では生々しい話を聞かせていただいた。自らの親族を日本人との戦いで亡くし、苦しみ、戦後も日本人狩りに出かけていたという話には衝撃をうけ、心から合掌した。チャモロ文化においては、母系社会構造の話が新鮮なものでとても面白く、また羨ましくもあった。

芳賀さんの言葉では“愛国心”という言葉が印象的であった。戦後から暫く経った現在、日本人にはこの言葉は戦争の反動であまり良い印象では無かったように思われる。“愛国心を国家から植えつけられていたため、「日本万歳」と叫んで崖から飛び降り、また、集団自決で命を落とす日本人が多くいた”と私自身、小学校からの授業でも教えられてきて育ってきた。しかし大学生になってから、様々な国籍の方と関わることによって、また、今回の芳賀さんの話を通して、“愛国心”を持つことは自然なことであると思うようになった。自国の文化に誇りを持たない人や説明できない人はやはりどこか欠けている人のように思われる。現在の日本は“愛国心”に欠けているがために、逆に衰退していっているのではないかと感じる。先進国と言われながらも、自分を含め、これだけ歴史や政治など、自国のことを伝えられない国民は日本人以外にいないのではないかと思われる。平和は維持していきたいが、対立を覚悟で意見を発信しなければならない場面もある。その解決策が一貫性をもった意見を述べることだとしたら、まずは一つ一つの出来事において、自分の考えをしっかり持つことが重要である。そのためにも現在の日本は過去の積み重ねでできていることを忘れずに、歴史・文化・政治を学ぶと共に、国内の、そして海外の動きに目を向けていけるようになっていかなければと感じた。

 私はグアムにリピートしたいとは思わない。観光は見聞を高めるためにするものと考えたとき、表面的なグアムの観光は意義を満たしていないように思われるからだ。観光の楽しみはそこでしか見ることのできないものや感じられないものに触れることと、現地の人々と交流をもつことにあると思う。グアムでこの二点を体験するのは個人の旅行では難しいのではないかと感じる。研究者として行くなら、こんなに興味深い島は他にないかもしれないが、友達と表面的な観光に行くなどというときには、また訪れたいとは思わない。

 

〜思い出日記〜

1日目★ Grand Plaza Hotel到着。ゆかと同じ部屋ではしゃぐ。シャワーが出なくて焦る。コップを駆使して頭を洗う。

2日目★ Museumで戦争中に使用されたものや当時の状況について説明を受ける。現地の人にガイドしてもらい戦跡を巡る。車の振動があまりにも激しく、インディジョーンズを歌う。

トレッキングの説明を受けた後、チャモロビレッジの屋台で夕食。ヤシの実はまずかった。

3日目★ 初日の出を見ようと5時半に出発しビーチへ。真っ暗の中、不思議なトンネルを先生に連れられて抜けると目の前にはビーチ。日の出は反対側だが楽しんだ。ヒトデに出会う。ゆか・いっちゃん・てっしー・先生とジャンプ写真を試みる。先生が一番よく飛んだ。HYATTを通り抜ける。ゆかとSubwayへ。再び戦跡ツアー。警察署にも行く。あいり・さとえり・ちーちゃんと共に運転手さんとの交流を試み成功。チャモロ文化やグアムの歴史、そして現代にいたるまでの幅広い知識を教えてもらった。やはり現地の方から説明をうけた後は、何を見ても見る目が変わる。その後恋人岬に寄り、Micronesia Mallでお土産購入。夕食は中華のバイキング。みなは逆バンジージャンプをやっていたが、あたしとゆかとちーちゃんは叫びながらの写真係。その後DFSでIKKOさんが来たというソファーで写真撮影。怒られるかと思っていると店員さんが優しく、まさかの全員で撮影。入り口入ってすぐ場所での浮いた集団の撮影は注目を浴びる。

4日目★ バンに乗ってトレッキングへ。熱の入ったガイドさんの話はやはり説得力がある。高台から下を見下ろし、当時の戦争の情景がまじまじと浮かんだ後、高台からその道を下る。悪天候で川は増水。泥水を泳ぎながらも進むがストップがかかる。ルートを外れ、イレギュラーな道へ。銃弾が普通に落ちていた。傷だらけになりながらも帰宅。ホテルでグアム観光についてのディスカッションをする。夕陽をビーチに見に行く。夕食は安くて美味しい麺屋さんで食べる。スーパーと大阪屋に行きお土産を買う。

5日目★ 朝市で朝食。初めて地元の人が半分くらいいる環境をみつけた気がした。Westinに移動し、部長の方とのディスカッション。プロジェクトのグローバルスタンダードにあまりにも関係する話だったので驚く。美味しいビュッフェを堪能し、やっと待ちに待った水中アクティビティー!と思いきや受付時間終了。ホテル前のビーチで遊ぶ。ビーチアクティビティーのために貯めていたお金をJPDFS等の免税店に行き、必死で使う。へヴンリーベッドを体験し、寝過ごしそうになる。2時頃バタバタとホテルを出て、空港へ。

 

今回の合宿を手配してくれたさとえり・あいり・ちーちゃん・はまちゃん本当にありがとう★(*^_^*

村井 智美



posted by masutanis at 08:33| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。