2010年09月21日

上海合宿

9月7日から5泊6日で上海まで海外合宿に行ってきました。
バスの都合で10時過ぎにはもう成田空港に着いてました。

みんな揃っていざ上海へ。まず上海に着いていきなり驚かされたのは、車の運転の荒さ。ものすごいスピードでは走るし、車間距離もすれすれ。合宿中に何度もひかれそうになったし、赤信号なのに右折してOKだし、とりあえず中国は交通に対する危険意識がめっちゃ薄いように感じました。

次に印象に残っているのは、現地での中国語の聞こえ方。
きっと普通に話しているんだろうけど、私たちには怒っているように聞こえる。バスの添乗員さんがいい例でした。英語や他の言語ではそんなことない気がするのになぜでしょう?

万国博覧会にも参加してきました。日本館で主に印象に残ったのは僕としては電気自動車のところだけ。日本館よりも私としては中国館の方がより伝えたいことが明確な気がしました。とりあえず中国の歴史、中国の経済成長、それに伴う二酸化炭素の問題などをテーマにしていました。中国の経済成長については先生の解説が無かったら理解できなかった気がします。

華東師範大学の学生さんたちとの交流はとても興味深いものでした。私は恋愛をテーマにディスカッションのですが、やはり経済を意識した時代であるのか、男性を選ぶ要素として経済力というのを強く強調してました。他にもお見合いや付き合う長さなどの話をしました。

万博でならんでいるときもそうでしたが、中国の人たちのマナーの無さには驚きました。平気で人の足を踏んでいくし、しまいには無理やり手で押してくるし、怒鳴るし。先生いわく、まだ中国が経済的に発展途上だったころの、「物がなくなってしまう」という精神から人々がとにかく焦るのではないかとのことでした。それなら経済発展して物にあふれ、ナンシャルセンターなどのモダンな建築物が立ち並ぶ、そんな時代の上海に生まれ育った華東師範大学の学生さんたちのような人たちが作り上げる中国に期待したいです。

いろんな意味で充実した合宿になりました。料理もおいしいのもあれば、泥臭い魚やかたつむりみたいな殻に入った肉詰めなど、ちょっと奇妙で田中くんが食べれないような料理もたくさん経験できました。

先生、鮫島さん、鈴木先輩、そしてゼミの皆さんありがとうございました。
楽しかったです。


演習2年 関口諒佑


posted by 09せきぐち at 00:24| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。