2010年09月20日

上海合宿

9月7日から12日にかけて中国は上海へ。
はじめに正直なことを言っておくと、海外合宿の係りの人たちにまかせっきりにしていたこともあり、自分で中国やとくに万博の予備知識がほとんどない状態で臨んでしまいました。なので自主的に動くことができなかったのは今回の合宿の反省点です。
個人的には、毎日がとても濃い旅だったと思います。このブログではとりわけ印象にのこっていることについて書きます。


まずは、中国人について。僕は今まで海外に何度か行きましたが、英語圏ばかりでアジアへの旅行は初めてでした。自分の中での中国人のイメージは持っているつもりでしたが、そのイメージを遥かにうわまわる結果となりました。日本人と比べると常軌をいっするほどの不親切さ、わがままさには度肝をぬかれました。信号なんてあってないに等しいし、一番驚いたのは万博でのマナーの悪さでした。順番を抜かしたり、前の人を押したり。まあ、日本とは文化も違うわけですから向こうではそれがあたりまえなんでしょう。あれだけたくさんの人がいるので、我先に、という強い気持ちがなければやっていけないと思います。ただ、うれしかったことは、今回お世話になった華東師範大学の生徒さんたちがほんとうに親切だったことです。今回はこちらがゲストだったというのもありますが、細かいところまで面倒を見ていただきほんとうに助かりました。


次にメインイベントでもあった万博についてです。全部を見ていないのでデカイことは言えませんし、開催国だからということもあると思いますが中国館にはかなりの力が入っているのに対して他の国のパビリオンには首をかしげることが多かったです。正直日本館も、他の国のパビリオンにはいってしまいます。ぼくは日本で開催された愛知万博にも行きましたが、その時は日本の企業(トヨタや日立など)のパビリオンにかなり力が入っておりかなり楽しめました。当時、日本人として楽しめたからというのもあるかもしれないですが。ただ万博のような大規模な国際イベントに参加できたことはいい経験になりました。

今回の合宿で感じたのは、舛谷ゼミ2年は本当に仲が良い!それにもっと仲良くなれたと思います。このメンバーで行けたからという意味で付加価値も高まりました。みんなこれからもよろしくね。

最後に、舛谷先生をはじめとして鮫島さんや鈴木くん、ほかにも多くの方にたいへんお世話になりました。ありがとうございました。



演習2年  佐々木太一


posted by masutanis at 22:22| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。