2010年04月18日

ブルネイホームステイ

遅くなってしまって、すみません!3月4日〜11日にかけて行われたブルネイでのホームステイについて、時間の流れに沿って書いていきたいと思います。

今回は計10人での旅でした。
4日に成田を出発し、5日の夜中にシンガポールに着き、そのままホテルに移動しました。泊まったホテルがRe:HOTELというデザイナーズホテルだったので、内装が凝っていてカラフルでおしゃれな造りでした。次の日は早起きして、タクシーを使い、マーライオンを観に行きました。その後は、さっちゃんの提案で行くことになったハウパーヴィラへ。あの有名なタイガーバームをつくった人達がつくったものだそうで。気持ち悪いものから笑えるものまで、とにかく独特でした。伝わりにくいと思うので、写真を見てもらえたらと思います。そして、午後にはシンガポールを出発。

5日の夕方、バンダル・スリ・ブガワン空港に着くと、ホームステイ先の家族の方々が迎えに来てくれていました。私達の家族は、パパ(photographer)、ママ、13歳と18歳の娘さん二人。ここから写真を撮られまくる6日間の始まりです…笑
この日は、空港からの帰り道、海で遊んだり、アイスを食べたりして、そのまま結婚した娘の家やおばさんの家に挨拶に行ったりして、一日が終了。前回行った先輩の話でも聞いてはいましたが、ここでは本当に親戚などとの繋がりが強いようです。ホームステイした一週間で、とても印象深かった事の一つです。

6日。ショッピングに連れて行ってくれました。ここで感じたのは、やはり、あまり観光というものが発達していないということ。よくある『お土産』という感じのものは、ほとんど見なかったように思います。その後、海へ行って写真が大好きなママと娘達と、写真大会(笑)。まいまいが持っていた日傘を気に入ったらしく、まいまいは撮られまくっていました。海から見えるサンセットは、すごく綺麗でしたよ。そして夜は、王族が子供たちのためにつくってしまったという、ジュルドン・パークへ。広い公園と遊園地が合わさったような場所で、夜でしたが小さい子もたくさんいました。結構並ばないといけないのですが、日本にはないようなアトラクションもあり、楽しめました。帰りには、ママとパパがお祈りをするためにモスクへ行きました。家族で一番熱心にするのがママで、子供達はしている様子が無かったので一度聞いてみると、一応はしているみたいです。ブルネイへ行くまでは、もっと宗教色の強い国だと思っていましたが、それぞれによるみたいです。また全体的に若者はそれが薄いような気がしました。

7日。この日は結婚式に行く事になりました。正装をした方がいいという事で、ママがくれた服を着て、スカーフを巻いて、イスラムの格好で参加しました。この結婚式がとにかく長い。そして暑い。このホームステイで何回かこういう正式な行いに参加させてもらったのですが、ブルネイの人達は、こういう場でも非常によく食べていました。もちろん私達にもたくさん食べなさいと勧めてくれるので、ついつい食べてしまい…太ったんじゃないかな。結婚式の話に戻りますが、式に行った人たちは一人一人、新郎新婦さんの手に筆で絵具のようなものをつけます。そしていい香りの葉をぱらぱらとのせます。私たちも見よう見まねでやらせてもらいました。また、引き出物もたくさんもらったのですが、その中に綺麗な飾りがついたネットの中に卵が入っていたので、なぜかと聞いてみると、お祝い事には卵という習慣があるのだそうです。世界には色々な習慣があるのですね。
この日はそのまま現地の学生との交流会へ。まずハイキング(という名のガチ山登り)、それからBBQ、そしてカヤックをして楽しい時間を過ごせました。現地の学生には、日本語がとても上手な人もいて驚きました。

8日。この日もお土産を買いに、ショッピング。そして公園の中にあるカフェ(?)みたいな所で朝食をとりました。ナンのようなものを何種類かのカレーにディップして食べました。デザートにはライスや芋で作ったケーキも頼んでくれました。
(話が少しずれますが、ブルネイの食事は極端に口に合わないものは無かったように思います。少し辛いものがあったりはしますが、どちらかというと日本人に合うものが多いような気がします。食べるものは、肉は鶏がメインです。牛もたまに出てきますが、やはり豚は一切食べません。他には魚や野菜は普通に食べるみたいです。)
朝食の後は、(多分)出世のお祝いに行きました。この時ももちろん正装で行きました。ここでも結婚式の時と同じような事をし、やはり卵が配られました。


9日。まだ暗い内に起きて、テンブロン国立公園へ。ボートに乗って移動し、とうとうキャノピーウォークへ。私はコタキナバルでも登ったことがあったのですが、ブルネイの方が不安定だったし、揺れるし、怖かったです…でもやはり、一番上からの景色は絶景でした!キャノピーウォークを降りた後は、滝へ向かい、浅い水の中を進んで行きました。滝は水が少なくて残念でしたが、そこの水の中に入ると魚が足をつついて角質をとってくれます。日本では商売として成り立っていますよね?天然でこういう体験が出来るなんて、とても貴重でした。その後は予定には無かったのですが、テングザルを見に行きました。すぐ隣が道路のような所にも住んでいて、驚きました。テングザルだけではなく、大きなトカゲやカワウソも見られました。
家に帰ってからは、この日が最終日ということで、家族や親戚がみんな集まってBBQパーティーを開いてくれました。その時に、撮ってくれた写真でスライドショーをつくってくれて、BBQを食べながらそれを流してくれたりもしました。

そして最終日10日。最初はトイレにトイレットペーパーが本当になくて、シャワーだけで、どうしよう!と言ってた私達でしたが、1週間が本当に充実していて、新鮮で楽しくて、あっという間に過ぎてしまいました。ホームステイ先の家族も、本当の娘のように良くしてくれたので、たった1週間でしたが帰るのがとても寂しかったです。

最後に、このホームステイを行う上で支えてくれた皆さんには、本当に感謝しています。ありがとうございました★
新2年生の皆さんも、行って損は絶対にないと思うので、ぜひ参加して下さい!


posted by 08さとう at 20:56| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。