2009年09月28日

初めての海外合宿。台湾!

summer 581.JPG帰ってきてからだいぶ経ちますが、台湾合宿を振り返りたいと思います。行くまでは少し不安もあったけど、いざ台湾についたら、あっという間な一週間でとても濃い一週間となりました。ホテルのような予想を超える快適な部屋で過ごし、台湾の学生さんたちの優しさに触れ、見たもの食べたもの全てが新鮮で、ゼミのみんなとも長い時間を共に過ごすことで、より仲良くなれたと思います。一緒に騒げて楽しかったです。順番に振り返ってみたいと思います。

1日目に行ったのは、総統府、台北賓館。建物のデザインや置いてある家具がすごくて驚きました。同時に格式高いところでもはしゃいでしまい、楽しむことができました。総統府は、台湾の歴史が細かく展示されていて、もっとゆっくり見たかったです。勉強不足のため、本当に無知だったので、あまりよくわからずただ「へぇー すごいなー。」としか思えませんでした。今回のことで本当に事前学習って大切なんだと強く感じました。美術展では、台湾の昔の様子と現代のアートが融合していたものが見れて興味深く、おもしろかったです。このような文化の展示の仕方もあるのだなと思いました。また龍山寺までの道のりで見た台湾人々の生活、食文化、路地でさえも新鮮で写真を撮り続けてしまいました。
台湾最高峰の縁結びの神様にみんなでお願いして、お守り買ったのも良い記念になりました。夜は、西門町でステファニーの案内のおかげで、台湾の若者文化を体験できて楽しかったです。
2日目は九ふんに行ってきました。完全に観光地でお土産屋さんがたくさんあって、試食→買って食べて満足→試食→試食→買って食べて満足って感じで、初めて口にするものばかりで楽しかったです。臭豆腐は臭い割に美味しく、食べてよかったなと思いました。やはり、食わず嫌いはあまりよくありませね。それに、九ふんで思ったことは、よくあんな場所にこんなものを作ったなということです。驚きました。そして、夜の小龍包はとっても美味しくて、みんなが笑顔になってました!台北101の夜景もとってもきれいでした。
3日目は、孔廊などを巡り、烏來に行きました。雰囲気も良かったし、移動した列車も新鮮で楽しかったです。帰りはまさか歩くとは思いませんでした。そして、まさかあの大階段を上るとも思いませんでした。これから、ゼミ活動をしていく上であんな階段はほんの序の口だったのでしょうか。夜の原住民料理も変わったものばかりで、最後の紅いもを揚げたようなものがとても美味しかったです。そして、その夜には、まちこたちのおかげで台湾式シャンプーを経験することができました。店員さんたちがとても良い方たちで会話はあまりできませんでしたが、コミュニケーションがとれて、とても楽しかったです。良い出会いでした!
4日目に見た天井や柱の繊細な彫刻、本当に細かくて、日本には見ないようなもので驚きました。様々な建築物を見て思ったことは、本当に細部までこだわっているということです。屋根の上にいる龍にしても、人々の彫刻にしても日本とは全く違うものでそれぞれ文化があるんだと改めて思いました。
5日目の故宮博物館は、疲れがたまっていたせいか、あまり精力的に見学できませんでしたが、肉は本当に食べれそうで、また、一センチ以下のものに彫ってるものもたくさんあり、細かくて驚きました。世界中から観光に来ていたので、すごい博物館なんだと思いましたが、あまり・・・。正直なところ、夜に見たダンスにしても、芸術があまりよくわかりませんでした。いつかわかる日が来るのでしょうか・・・。

5日間、様々なものを見ましたが、一番思い出に残っているのはやはりゼミのみんなや台湾の学生たちと過ごした時間でした。台湾の学生ともこんなに仲良くなれるとは思っていなかったし、こんなにも優しい人たちばかりで私たちを面倒みてくれるとは思ってもいませんでした。けれども、みなさんのおかげで美味しいものを食べることができたし、楽しい時間を一緒に過ごすことができました。私たちが「○○食べたい。」というとすぐ案内してくれたし、数日前に「○○買いたい。」と言ったことも覚えててくれて本当に感謝です。夜市では、すいかジュースを毎日のように飲んでました。また、普通のお茶を買おうとなんとなく人気3位のものを頼んだら、ミルクティーだったりと、それも良い思い出でした
。台湾の学生なしで行動もしたのですが、食べ物を頼むのにも一苦労でした。台湾ではやはり、外見では、見分けがつかないせいか、普通に中国語で話しかけられました。そこで私たちが「わからない。」と伝えても、台湾の方々は英語と日本語を交えてきちんとコミュニケーションをとろうとしてくれて、結果意思疎通ができ、笑顔で「謝謝!」といって、解決できました。みんな温かい人ばかりで嬉しかったです。変な偏見は本当にもってはいけないなと強く感じました。朝、毎日のように通っていた学内のカフェのおばちゃんも顔を覚えてくれて、最終日には挨拶ができました。

今回、初めて台湾に行きましたが、行く前は中国とあんまり変わらないのではないかとなめていましたが、台湾には台湾の歴史があり、その歴史が積み重なって、文化交流が行われ、今の台湾文化があるのだなと強く感じました。おじいさんが話してた日本語も歴史の一部で、考えるものもあります。ですが、今では日本のものもたくさんあり、親日で驚きました。日本の流行が台湾の流行となっていて、日本の芸能人の看板もあり、ジャニーズにいたっては、ワールドワイドで驚きました。日本学生と台湾学生との共通の話題でした。
一週間、「謝謝。」と「ハオツー。ハオツー!!」しか中国語は使えなかったけど、本当にいろんな人とコミュニケーションがとれて、良い出会いがたくさんあってよかったです。台湾の学生さんたちのおかげで楽しい一週間になりました。謝謝です。

書いてみたら、良い出会いだった、楽しかったという内容ばかりになってしまいましたが、これからゼミでも台湾について学習していくみたいなので勉強したいと思います。

浜田麻衣

--------------------------------------
Yahoo! JAPAN - Internet Security for teenagers and parents.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/security/


posted by masutanis at 22:14| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。