2009年09月21日

最後の合宿@内モンゴル


8/25〜31で行ってきた内モンゴル合宿!

気付けばゼミの最終国外合宿だったんだなぁと今更しみじみ。。。



今回は全員マスク着用で感染者集団みたいだったり

想像以上にツアーツアーしてたり

また想像以上に中国の学生との交流が盛んだったり

またまた想像以上にモンゴルの草原が素晴しかったり

そしてやっぱり初君は中国人なんだなぁって思ったり・・・(笑)



何だかいつもと違うものをたくさん感じた合宿でした。

国外合宿で初めて帰りたくないって思ったかも知れない!!





行動一つとってもそうですが、日本にいる中国人はマナーが悪い!!・・・なんていうけど、ただの文化の違いなのかもしれない。

それを大きく感じたのが中国(モンゴル?)マクドナルドの『スタッフが後片付けする』ルール。そのルールを当たり前だと感じていたら、もちろん日本でも同じ行動をとるでしょう。

同じように、もしかしたら中国にとって日本人の行動は非常識なものが多いのかもしれない。そう思ったら文化の理解って本当に必要だし、国を越えてしまえば常識なんて通用しないことも肌で感じました。





そしてそして草原生活のこと。

『壮大』の二文字に尽きる!とにかく広いし、景観を遮るものが何も無い。自分が、そして自分が生活している空間がどれだけ小さいかを思い知らされました。日本て狭いな!!

乗馬はあんな広大な大地で風を感じられた経験は一生ものだし、意外とケツが痛いこともやってみて初めてわかった。

それ以来テレビで乗馬のシーンが流れるたびに尊敬せずにはいられない・・・

焼きのひつじ丸も、行くまでは絶対に食べるもんかって思ってたけど、食べてみたら意外といけた。

そして私の美しい天体観測の想い出は、ゆみのトイレ話で笑い話に塗り替えられてしまったことは言うまでもない。おのれ由美め。

とにかく丘に沈む夕日や昇る朝日は、絶対にもう一度見たいと思う。







話は変わり、合宿後も中国の学生とのメールのやり取りが続いています。

しかしながら日本語って難しい。和製英語の通じないことで、自分の変換用の語彙力の少なさに驚き、また中国の学生の学ぶ姿勢に驚き・・・。

後期へのやる気に変わった。さていつまでこの闘志は続くやら・・・







とにかく、この合宿に行けて良かった。

改めて舛谷ゼミに入れたことを嬉しく思いました。

合宿係の3人や、連続海外だった先生、私にボケるチャンスをたくさんくれた男性陣、日々リュウさんや鼻毛君の話題で何時間でも笑い合った女性陣・・・

みんなに感謝です。



謝謝!

お疲れ様でした!!











袴田百合子







_________________________________________________________________
メール一括チェック!他の無料メールもプロバイダーメールも。
http://welovewindowslive.spaces.live.com/blog/cns!6029A5A1C44FA6D3!557.entry


posted by masutanis at 23:24| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。