2008年12月22日

新座ボランティアガイドツアー

新座ボランティアガイドツアーに参加。10月に申し込んだが、11月の紅葉時に「行幸」が予定されていたらしく、結局12月に。ガイドの方々は新座市民大学受講者で、立教観光とも少なからぬ縁がある。
平林寺横のたけ山うどんで腹ごしらえして総門でガイドの方々と待ち合わせ。13万坪(東京ドーム9個分!)の境内脇の大門通りには、こんな看板が
tanuki.jpg
深山幽谷は言い過ぎだが、新座駅徒歩圏にこんな自然豊かなところがあるとは。20世紀以降は関東屈指の妙心寺派の専門道場とか。外国人の禅僧も境内の手入れに走っていた。
元来大河内松平家の廟所であり、墓石の五輪塔や、石灯籠がずらり。墓所への専用参道は日光さながら。島原征伐の松平信綱だけに、島原の乱供養塔もあり。
namiki.jpg
総門から時計回りに杉林を回り、参道を清瀬の方へ敷地沿いに歩き、野火止(のびとめ)用水を散策。この「里川」利用で卒論を書いた人もいるが、川底に陶器片が散らばり近い昔のおもかげがしのばれる。
nobitome.jpg
254号上歩道でガイドの方々と別れ、新座駅から学バスで大学へ戻った。晴れていて本当によかった。

舛谷


posted by masutanis at 22:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。