2008年11月13日

築地・銀座

 観光まちづくりプロジェクトで築地・銀座散策。築地集合で先着組は場内市場の海鮮丼行列店を突撃していた。場内は昼前にほぼ閉まってしまうので、場外だろうと思っていたが間に合ったよう。場外を歩いて聖路加の方へ。お約束の立教学院碑に参って中央区明石町資料室をさがす。リサイクルハウスかざぐるまと同じビルのはずだが、二階に行っても見つからない。聞けば倉庫代わりで休業状態とか。リサイクル恐るべし。道を挟んで向かいのタイムドーム明石へ。こっちは6階に郷土資料の展示がある。特別展「甦る文明開化」を鑑賞。お目当ての築地居留地関連資料もある。次回は常設展も見てみたい。
 ボランティアガイドの集合時間迫り、日比谷線で数寄屋橋交番へ急ぐ。ボランティアガイドの池田さんの案内で晴海、中央など大通りを一丁目から八丁目まで歩く。ブランドビルの銀座集中はここ数年だが、資産としての意味合いが強く売り上げはさほど関係ないとは銀座っ子池田さんの意見。アップルストアも派手だった。高級ブランドの旗艦店が立ち並ぶ様はビバリーヒルズのロデオドライブさながらだが、銀座は元からこういう街だったと、今来た人は思うのだろう。博品館から金春通りを抜けて交番前に戻り解散。残った学生と新橋へガード下沿いに街の変化を観察。次回は銀座の路地を歩きたい。(舛谷)
IMG_1723.jpg


posted by masutanis at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。