2008年10月25日

MICE in Penang

08 9/2〜9/8 マレーシア、ペナン島での合宿における個人テーマ報告です。

mice.jpg--MICEツーリズムin Penang--
もともとMICEに興味があったのと、私の叔母が実際にMICEとしてペナンを訪れたことがあったため、その実態と関する取り組み・意識について調べようと思った。

M MEETING    会議・研修・セミナー
I INCENTIVE   報奨・招待旅行
C CONGRESS   大会・国際会議
E EXHIBITION  展示会

MICEとは以上の総称を言う。
MICEツーリズムについて正式な定義はないが、MICEによって生じる人々の移動・消費・観光行動などを指す、と私は考えている。特徴としては、一度に多くの人々が移動すること、そして一般の観光活動よりも消費額が大きいことなどが挙げられる。
MICE自体、報奨としてのビジネストラベルであったり、専門学会(特に医学会が多い)、国際会議などであることを考えれば想像しやすい。

IMG_3201.JPGペナンにおけるMICEの実態調査として、シャングリラグループのトレーダースホテルとラササヤン・ゴールデンサンズ両ホテルでお話を伺った。
トレーダースホテルはシャングリラグループにおける最高級ビジネスホテルである。MICE向けの設備が整っており、全体の約60%、日本人に関して言えば80%がコーポレートRATE(企業とホテルは包括的な契約を結ぶことが多く、一般的な料金より安値な契約料金、優待料金)にて宿泊しているとのこと。
ゴールデンサンズはコンセプトが家族向けリゾートということもあり、約10%。
ラササヤンは高級リゾートとしてMICE受け入れ数は多く、MICEは今後期待出来る利用形態であるとおっしゃっていた。(写真はMICEでよく使用されるという野外パーティー会場)

mice-food.jpgペナンの観光ガイド協会には、ペナンのMICEを紹介する冊子が作られていた。それによるペナンの”売り”はやはり食事であるように読み取れた。普通の観光ガイドの冊子と違うのは、ビジネスマン向けに非日常・癒しを訴えているところにあった。



IMG_3118.JPG
っとこんな感じで調査報告でした。
テーマを離れ、私はといえば、直前まで行っていたフィリピンがあまりにすさまじすぎて、マレーシア・ペナン島の平和感が心地よく、安心出来て結構ぼーっとしていました。街は綺麗だし、物乞いもないし、みんな笑顔だし。
マレー・華人・インド人という3つの社会の混在した小さな島は、○○という国に来た!というより、よくわかんないけど、比較的安全で、いろんな文化に触れられて、ご飯もうまい!っていう所にきた!という感じでした。日本という島国とは大違いで、逆に日本の特殊さを改めて痛感したという感じでした。以上〜。
佐々木由美




posted by 06ささき at 15:16| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。