2008年06月24日

続いて・・・

本日のゲストスピーカーのお話を聞いた感想を。

まず食文化の有りよう。確かに私も食の観光化というものには少し疑問を抱きます。
昔働いていた日本料理屋(しゃぶしゃぶ・すき焼き扱い)には、一日に2〜3組、多いときには5〜6組の海外からの観光客が来店しました。
つまりは、その観光客たちは「日本食」を求めてきているわけです。
でも・・・日本人そんなにしょっちゅうしゃぶしゃぶすき焼き食べません。寿司なんてもっと食べません。
どっちかっていうと大戸屋です。おはちです。
こっちのほうがよっぽど身近な日本料理ではないかな?しかも庶民的というか家庭的というか・・・
文化を理解するには寿司やなんかよりもいい気がします。日本人は主食・主菜・副菜・一汁・・・・なんて具合に。
まぁ生魚を食べるというもの文化ではありますが。
説明されていた4段階のうち、やはり多くの人たちは1の段階で満足してしまうのでしょうか。


あとは以外にも東京のレストランの星の多さにびっくりしました!
そして中国が星なしというのにも驚き。。。

食文化も奥が深い!
マレーシアでもおいしい料理をいただきたいです。


袴田百合子


posted by masutanis at 01:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。