2016年09月30日

9/22 よこぜまつり&彼岸花まつり

 横瀬まつり当日、天候は朝から雨が降っており、気温も低い中だったがよこぜまつり、同時開催された寺坂棚田での彼岸花まつりも無事に決行された。横瀬駅から寺坂棚田までは歩いて15分くらいあり、雨で足が悪い中歩いていくのはなかなか体力を奪われたが、棚田に到着し彼岸花と棚田の見事なコントラストを見るとその疲れも忘れてしまう程の風景が広がっていた。武甲山を南方に仰いでなだらかな坂となって広がる寺坂棚田は約5ヘクタールの広さがあり、約330枚の水田があるという。江戸時代後期の文献のなかにもこの場所が開けた地であったことがわかる資料があり、寺坂棚田の景観は長い年月をかけ先人が開発した貴重な遺産であることがわかる。
 私たちは寺坂棚田での彼岸花まつりのスタッフの一員として、まつりに来てくださった方々に寺坂棚田の環境整備協力金を募る活動をさせていただいた。雨で人足が心配されたが、写真目当てに大きなカメラを構えて楽しみにして来てくださった方、また毎年この時期を楽しみに県外から来てくださった方、地元の方々、多くの人が見に来てくださった。募金にも多くの人が協力して下さり、200円以上入れてくれた方には寺坂棚田でとれた古代米(黒米)をプレゼントする、ということだったのでほとんどの人が200円以上協力してくださった。多くの方が話しかけてくださったのだが、自分自身棚田に関してあまり知識がなかったので、中身のある話をすることができず、少し残念に思った。これから何かのイベントに参加し、開催者側の立場に立つ際には、知識を身につけてから参加しようと思った。
 私は小学校以来募金を集めた経験がなかったので、こんなに多くの人が募金に協力してくれることに驚きを隠せなかった。やはりプレゼントがある、というのはかなり大きなポイントではあったと思うが、募金をして集めたお金が直接この棚田に還元される、とわかっていたのもよかったのではないだろうか。来年はもっと多くの彼岸花がみられることを期待したい。
 お祭りに関して、雨だったというのも一つの原因だと思うが、駅近くでやっていたよこぜまつりにはもっと多くの人が参加していたが、棚田にはあまり人が流れてこなかったことはとても残念に思った。自分も実際お昼の時間によこぜまつりに参加させてもらったが、彼岸花がみられる棚田が近くにある、という情報はあまり目につかなかったように思う。地元の人は場所などもわかると思うが、よこぜまつり目的に来た方々に向けてもう少し情報があってもよいのではないかと思った。具体的には、よこぜまつりに参加してくれた方が棚田まで行きたい、と思えるような工夫が必要だと思った。よこぜまつりでは子供の参加者の数がかなり多かったように思ったので、景品までは無理だとしても、子供向けのブース、イベントももう少しあったら、子供を含め家族連れも足を運んでくれるのではないか、と思った。など特別感を出せば少しは効果があると思う。また、お祭りが同時開催しているといったような一体感は感じられなかったため、宣伝広告を統一して一体感を出すなどの工夫もあったらよいのではないかと思った。
 毎回イベントに参加させてくださり、温かく迎え入れてくださる横瀬町の方々に感謝し、今後も横瀬町に様々な形で貢献できるよう、積極的にイベントに参加、協力させていただければ、と思う。
posted by 15ありが at 09:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

よこぜまつり&彼岸花祭り

彼岸花のスタッフをやらせていただきました。

よこぜまつりとの同時開催は今回が初めてで、横瀬以外の人にも参加してもらいたいという目的で同時開催にされたそうです。

彼岸花祭りが開催されているスペースの一角に、1周年記念で「心が叫びたがってるんだ」のファイルを先着順で配っていました!それ目当てで訪れる方も多く感じました。

通常、彼岸花祭りは多くの人で賑わっているそうなのですが、今回あいにくの雨ということで訪れる人もちらほらといる感じでした!

終わり頃に雨が弱まりカメラを持った地元の方々集まっていたとういう印象でした。また、地元でない方々はカメラ好きなのかな?という印象を受けました。みなさん一眼レフを持っていました!
今回初めて白い彼岸花を見ました!もっと白い彼岸花が咲いていたら凄い!という印象を受けたのかなと思いました!

彼岸花祭りは少し坂を上ったところで開催されていたのでお年寄りの方は少ししんどいとおっしゃられていました。駅からのシャトルバスは坂のしたまでの送迎でした。

次は晴れている時にお祭りに参加したいです!

瀬崎

posted by 14せざき at 19:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。