2016年01月29日

「ARをみてみた! 浅草FW振り返り」2016.1.16

ICTリーダー2年小杉です。今回は、浅草でARを実際に見てみよう!というコンセプトでFWを行いました。

「AR(Augmented Reality)拡張現実」とは・・・
簡単にいうと、現実世界に情報(映像や音声など)を追加する技術 つまり、現実世界に「何か」をちょっとプラスして、世界をちょっと良くする技術のこと。

浅草文化観光センター前で集合→雷門・仲見世通り→浅草寺子屋i→浅草モスク(ダール・ル・アルカム マスジド)→成田屋(ハラルラーメン)でランチ→セカイカフェ(ハラル、ベジタリアン対応。フェロー高橋さんに教えを乞う会)

雷門の前で早速AR。エアタグでたあ!  でも各端末によってタグ出現はまちまち。しっかりGPSを起動させないとダメなのかも。東京だと距離が短いので移動上の問題が起こりにくいが、地方では、、、?という疑問。あと、多言語はどこまで対応しているのかな?
浅草AR 2016_01_16_15.jpgIMG_1660.PNG
浅草文化観光センターに、AR資料無いかなと探してみましたが、置いておらず。係の方にARについてお聞きしてみましたが知らないご様子…。このサービスは浅草寺子屋iという民間企業がやっているよう。台東区は関係ないようですね。

例の浅草寺子屋iにも行ってみました。着付けサービス(2500円〜)なども実施していました。担当者は別の場所に居て、資料も切れてましたが、今度お話を伺ってみたいですね!

ちょっと足をのばしてモスクへ。中には入りませんでしたが、ICOJ(イスラミック・サークル・オブ・ジャパン)の本部らしいです。2000年開堂のこのモスク、浅草を本部と選んだ理由は、文化的に名の通った『浅草』にイスラムの拠点を置くことにより、日本の中にイスラム文化を根付かせようとの思いがあったからだそうです。
浅草AR 2016_01_16_27.jpg浅草AR 2016_01_16_20.jpg
続いてお昼ごはーーん!仲見世通り付近でのたくさんの外国人やモスクを見たせいか、我がICT班随一の食いキャラの頭をハラル・ラーメンがよぎりました。早速行ってみると結構な繁盛ぶり!並びましたー。ルックスはトラディショナルなザ・ラーメンで、味は全体的にさっぱりとしていますが、これがハラル?っていうくらい美味しかったですね。先生も海外のハラル・ラーメンと比較して美味しいとご満悦。麺も本格的で、何よりチャーシュー(鶏肉バージョン)が美味。量がちょっと少なく感じてしまいましたが、定員さんの笑顔でカバー(^^) 店内は半分くらいは外国人でした。
店内には礼拝所まで設置されており、驚き。
浅草AR 2016_01_16_26.jpg浅草AR 2016_01_16_23.jpg浅草AR 2016_01_16_19.jpg
最後はセカイカフェ(世界のベジタリアンとハラルに対応。・Wi−Fi・充電・クレジットカードOK。)でまじめにお勉強会。曖昧模糊、暗中模索。がんばろ。
実りの多い一日でした!3月27日開催予定のARイベント@横瀬町に向けて、準備準備っ♡ kosugi
posted by 14こすぎ at 18:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。