2015年05月19日

ホームステイFW

5/16airbnbのイベントに参加しました。会場は東京メトロ表参道駅から徒歩2分のCOMMUNE246、参加人数は100人強でした。COMMUNE246はドーム状の屋根で覆われた広場にお洒落なお店が立ち並ぶ開放的な空間で、サラダやホットドックを片手に2時間半程お喋りを楽しみました。

airbnbは家を貸すホストと借りるゲストが存在しますが、今回のイベントではホスト側の人が多く見られました。お堂を持っているホストの人は外国人の観光客が来た時には朝お堂で一緒にヨガを楽しむとおっしゃっていました。また、外国人の観光客が自分の家まで迷わず来れるように写真と英文を付けた地図や、自分の家の近くで楽しめるグルメ・観光地を紹介した冊子を用意しておくというホストの人もいらっしゃいました。ゲストのためにする工夫が多種多様で聞いていて面白かったです。

ゲスト側の人では、交流したいと思ったホストの家に泊まりに行くという人もいました。価格や立地の他に、ホストとの交流が家探しの基準であるところにホテル探しとの違いが見られました。

運営側の人で今はIT企業に勤めている人に面白いアプリを紹介してもらったので載せておきます。そのアプリはyelpというもので、日本でいう食べログです。現在地を入力すればその近くにある飲食店や人気スポットを一覧で教えてくれます。注目するべきは外国人観光客から見た日本を知ることが出来る点です。例えば、渋谷のスクランブル交差点と入力するとそこに訪れた外国人観光客のレビューがたくさん付けられています。海外旅行で自分が使える他に、外国人観光客に人気のスポットなどが分かる面白いアプリだと思いました。

橋本あかり
posted by masutanis at 14:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

ホームステイFW

airbnbのイベントに参加しました。
行く前は講演を聞くだけだと思っていましたが、実際はホストの方とゲストの方が自由にお話を聞くような形でとてもラフな感じでした。

最初に湘南でホストをしている男性のお話を聞きました。子どもが2人いる家で、どうしても部屋が散らかってしまうため、ゲストに迷惑なのではないかと思っていたそうです。しかし、ゲストの方は気にすることなく過ごされていたそうです。この方はただ家を貸すだけではなく、ゲストに動物と触れあう機会を提供してあげたそうです。
次に話してくださった女性の方は渋谷でホストをしていました。家は駅から歩いて20分と立地条件はあまりよくないそうです。そのため、駅からバスの乗り方と家までの地図を事前にゲストに送ることで簡単に来ることができるようにしていました。
また別の方は駅から家までは歩くと30分かかるので送迎を行っているそうです。

旅行でホームステイをする場合、家が駅から遠い場合が多いので、このように行き方を教えてくれたり、送迎をしてもらえたら利用しやすくなると思いました。


このイベントでホスト登録をした方になぜ始めるのかを聞いたら、面白そうだしお金が入るからと軽い気持ちで始める方が多いそうです。ホストになりたてのときは料金を安く設定し、レビューを集めて多くのゲストに来てもらうように工夫をしているようです。またゲストも軽い感じで泊まりに行く人が多いそうです。気軽にホームステイできるのはホストにとってもゲストにとってもいいなと思いました。

また、airbnbを利用してホームステイする際に良いホームステイ先の選び方を教えてもらいました。ホストの中にはスーパーホストという認定されたホストがいるらしく、最初ホームステイするのに不安な場合はスーパーホストを選ぶといいよと言われました。

わたしは語学研修や留学でホームステイをするのはよくあることだと思っていました。しかし、旅行でホームステイを気軽にできるということを知って、いつか旅行するときに使ってみようと思いました。



このイベントでairbnbのホスト、ゲストの方々とたくさんお話ができて楽しかったのと旅行での宿泊先の選択肢が増えました。

初めてのFW楽しかったです。

瀬崎真那
posted by 14せざき at 18:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

ホームステイFW

airbnbのイベントに参加してきました!
場所は表参道のCOMMUNE246という商業型コミュニティスペースを利用したCAFEで、全体の雰囲気もおしゃれでかわいくてすてきな空間でした!

カフェの横にはairbnbに掲載されているバンもありました!

airbnbの会社の人は2人で、ゲストとホスト合わせて100名程度が参加していて、立食パーティーみたいな感じでほんとにいろんな人のお話を聞くことができました。
初めに、airbnbを使って世界一周した女の人と、日本でホストとして受け入れをして、単なる空き部屋ではなく人との交流を大事にしてたくさんおもてなしをしてる人のお話があって、その後は自由に交流する感じでした。

airbnbを使って世界一周した方は、現在ホストとして日本で受け入れをしていて、ゲストに安心して利用してもらったり満足してもらえるような工夫をたくさんしていて、駅から家までの分かりやすい地図の詳細やどのバスを使うかとか近くのおすすめのお店などを日本語と英語両方で準備していてとても感心しました。
この方は今日本人しか知らないお店や人気スポット、一般の人が書いた観光に関するブログなどを英訳して訪日観光客に提供するサイト?を作っているそうです。

ホストとして登録している人はネームプレートのとこに家マークがついていたのですが、ホストの人の話もゲストの人の話もたくさん聞くことができました。
ホストの方も受け入れ方は人それぞれで、airbnbのために自分が住んでいる家とは別に家を借りて空き部屋として提供しているひとや、受け入れ期間だけ自分は彼女の家に行ったり実家に帰っているひと、部屋だけ別で一緒に住んで一緒にご飯食べたり呑んだりしてるひと、一緒に住むだけじゃなくてお寺でのヨガ体験や農業体験、観光案内とかもしてるひとがいました。

話したホストのひとほとんどに始めたきっかけを聞いたのですが、おもしろそうだったからとか海外で流行ってるからとかお金もらえるからとか結構軽い感じでした。
英語もばりばり話せるひとからそこそこのひと、まったく話せないひとまでいました。
海外から来るゲストはアジア圏のひとが多いという人もいましたがアメリカやヨーロッパからもきているそうです。意外だったのは日本人のゲストが予想以上に多く、地方から来たひとだけでなく、友達の家に遊びに行くくらいの感覚で使っているひともいるということが分かりました!
わたしももっと軽い気持ちで使ってみようかなという気になりました。

また見たこと無かったのですが、ホストのレビューだけでなく、ゲストにもレビューがあるらしくて、そのレビューを見たりして、人によってはかなり受け入れするひとを選ぶとゆーか結構断ってるというひともいました。

またairbnbの会社の人からもお話が聞けて、現在日本支店の社員は16人、もともとシンガポール支店に勤めていた日本人3人で日本支店を始めたらしいです。

こういったイベントではホスト同士のコミュニティを作ってホストの悩みを共有したり、ホストになるか迷っていたひとと話して実際のようすを知ってもらったりすることが目的だそうで、ミートアップイベントの他にも、よりホスト向けのワークショップも開催しているそうです。

旅館業法についても質問したのですが、現在本部の人たちが改善や新しい法律を作るために取り組んでいるそうで、どう安全を保証するかが一番の問題だそうです。

実際この問題は昔からホームステイという事業自体も引っかかっていて、今に始まったことではないということでした。またとまりーなのように農業体験などを目的としていれば合法だということを初めて知りました。

海外でairbnbを利用するひとが増えて、最近訪日観光客に人気が高まっているそうで、日本でairbnbを利用するひとがとても増えているそうです。ホストのひとに質問したときも登録した翌日からどんどん連絡が来たと言っていました。

「世界中にただいまと言える場所を」

というフレーズが心に残りました。

福島?かどっかでヨットに泊まれるところもあるそうです。

トラブルが起きた際には最大8000万円までの保証が出るということも知りました。

またairbnbにあやかって、クリーニングやランドリーサービスの売り込みをしてるひともいました。

airbnbに興味あるだけあって、交流が好きって感じのひとが多くて、話しかけてくれるひとも多くて、知らなかった話がたくさん聞けたり意外なつながりがあったりさっそくFacebookで友達になったり、初めて会ういろんな人と話ができたことが純粋に楽しかったです!

積極的にいろんな活動をしていきたいなと思いました。

2年生とも話せて充実したフィールドワークでした!

おつかれさまでしたヾ(@⌒ー⌒@)ノ


中野瑞希
posted by 13なかの at 21:33| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | kanko13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。