2013年05月15日

ゼミ合宿を終えて

今回はゼミ合宿に行く前にだいぶ悩まされました。正直こんな早い時期に卒論のテーマ発表をしなければならないとは考えていなかったからです。実際発表した内容もまだまだ未熟かつ曖昧でした。しかし、ゼミのみんなの発表を聞いて自分のテーマの参考になったことや新しい発見がたくさんあり、これからの自分の研究テーマを考えるにあたってとても意味のある2日間であったと感じました。

大戸美咲
posted by masutanis at 09:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

2年ゼミ合宿

私は、今回初めて秋葉原に行きました。神奈川県に住んでいる私は、東京へ出ることはほとんどなく、未知の世界でした。
フィールドワークを通して、アニメやフィギュア、マンガ、機械製品、カメラ、パソコンなどを色々な角度から見ることができました。印象に残ったのは オタク文化に関してです。自分好みの人形を作ることができ、部品は顔、腕、脚、目の色や肌の色まで様々なパーツがあって驚きました。秋葉原の客層は、若者だけでなく、お年寄りもたくさんいたこともわかりました。
このような機械がなければ、秋葉原を知ることも
できなかったし、あのようなお店にも入ることがなかったと思うので、とてもいい経験になりました。フィールドワークに参加して良かったと思います。

卒論テーマ発表では、他のゼミ生の意見を聞き、とても勉強になりました。
ゼミ生それぞれの個性があり、おもしろかったです。私はまだ、はっきりとテーマが定まっていないので、とりあえず、発表した感じになってしまいましまが、中にはとても調べていてテーマも絞りこまれていたゼミ生もいたので、遅れをとらないように、私も頑張っていきたいです。
テーマ発表では、自分の視野が広がり、また他の生徒から刺激を受け、とても価値のある合宿になりました。合宿で得たものや反省を活かして次に繋げていきたいです。


山崎永理
posted by masutanis at 11:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2年ゼミ合宿


5月4日、5日の2日間、2年で初のゼミ合宿が行われました。まずは、秋葉原でのFWから始まりました。今まで電車で通りすぎるだけで、一度も降りたことのなかった秋葉原駅でしたが、今回のFWがなかったらこれからも行かなかったであろう場所を数々訪れることができ、とても貴重な体験だったと思います。秋葉原といえば、「電気街」、「オタクの街」というイメージでしたが、そんななんとなくだったものが街歩きをしていくなかで徐々に明らかになっていくのを感じました。また、「モノ」だけではなく、その周りの「ヒト」にも注目することで、また違う側面から秋葉原を見ることができ、改めてFWの良さを感じました。
夕方からは太刀川記念館にて、卒論テーマ発表を各々行いました。卒論の話が合宿の約2週間前に出たときに、全く何を書きたいのかはっきりせず、三年間向き合っていくテーマをひとつに絞るというのは非常に大変な作業だと感じました。他のゼミ生のプレゼンや先生方のご指導から自分のテーマの弱さや曖昧さを強く感じたので、これから卒論の準備を進めるなかで改善していきたいと思います。
初めてのゼミ合宿ということで色々心配な面もありましたが、非常に得たものが多く、参加できて良かったです。とても充実した2日間でした。

阿部 希美
posted by masutanis at 07:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼミ合宿を終えて

5月3,4日でゼミ合宿を行いました。卒論のテーマを発表するということで、短期間で決めるのは難しく、悩みました。自分の興味のあるテーマを絞り、より具体的な問題提起を見つけ、その研究をどのように進めていくかを決めることは大変な作業でした。自分の発表の後のコメントや、アドバイスは自分のテーマに関して、どこをさらに調べるべきか、どの範囲まで定義づけるべきかなど、より効率的で、客観的な改善策を知ることが出来ました。また、他の人の発表を聞いていて、自分とは異なった分野をテーマにしていても、アドバイスやコメントで、自分にとっても参考になる部分もありました。自分のテーマの内容がまだ曖昧な部分があることも気付く機会が出来、どのようにテーマについてアプローチしていくかを知ることが出来た、非常に充実し、良い刺激になった合宿になりました。この合宿で学んだことを今後に活かしていきたいと思います。


島崎萌
posted by masutanis at 03:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初のゼミ発表

今回5月4日、5日に行われたゼミ合宿は大分前から家族との旅行が入っていて、キャンセル料もかかるということで本来参加しないといけないゼミ合宿に参加出来なかったのは非常に残念だった。GWが終わり皆から合宿の感想などを聞き、正直だいぶ不安になった。今までレジュメを作ったことも無かったし、10分以上も未知の世界だったからというのも当然あったが、自分のやりたいことや興味関心を持っていることがなかなか見つからず、テーマを決めるのは苦労した。いざテーマを決めて下調べするのも想像以上だった。発表当日、朝から緊張で授業どころじゃなかった。そしてついに発表の時が来た。発表が終わり、皆からたくさんの質問や感想を聞くことができた。自分の調べの甘さやレジュメのまとめ方の雑さなどたくさん改良する点があったと思う。また皆の意見で自分にはなかった新しい考えや発想も持つことが出来たのも自分にとっては貴重な財産となった。合宿の時の皆のレジュメを後で見せてもらったが、アジアのことに関して書いている人が多く自分はその辺の知識が薄いので、皆のこれからの発表を通して知識を増やしていけたらいいなと思った。これからゼミの皆と切磋琢磨しお互い高め合っていけたらなと思う。これからのゼミが楽しみになってきた発表だった。
2年 仲村 州平
posted by masutanis at 02:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

2年国内合宿


5月4、5日の2日間にわたしにとって初めてのゼミ合宿が行われました。わたしは毎週土日にアルバイトをしていて、なかなか休めないバイトなので、突然告知されたゼミ合宿に参加すること始めは諦めていました。しかし、そんなわたしに東条先生はバイトに支障が出ない午前中だけの参加でも構わないと言ってくださいました。先生のおかげでわたしは秋葉原のFWも卒論テーマ発表もすることができて、とても良い勉強になりました。体力的には辛かったですが、参加できて本当によかったと思います。

まず秋葉原FWでは、アニメやフィギュアのお店にたくさん行きました。わたしはそのようなお店には行ったことがなかったし、このような機会がなければこれからも行くことがなかったと思うので、自分の未知の世界に触れることができてよかったです。しかもアニメは立派な日本の文化の1つになってきているので、これから観光について勉強していく、うえで必要な経験だと思いました。たくさんの電器店にも行きました。秋葉原は電器の街というのは聞いたことがありましたが、実際に電器店に入ったことがなかったので、今回の経験で、秋葉原ではどれだけ電器類が安く売っているのかということを実感することができました。

卒論テーマ発表では、たくさんのゼミ生の考えや先生たちの貴重なアドバイスをいただいて、とても勉強になりました。自分では思い付かなかった発想を得ることができてとてもおもしろかったです。他のゼミ生の発表も、それぞれ個性があって聞いていてとても面白いなと思いました。

これからもゼミ生と一緒にたくさんのFWを行って、いろいろなことを学んでいきたいです。

2年 田中 友菜
posted by masutanis at 23:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2年ゼミ合宿

5月4、5日の2日間、ゼミの国内合宿が行われました。ゼミが始まって間もなくてまだ慣れないのに合宿と言われて、少し戸惑いました。初日は秋葉原でフィールドワークをしました。自分は今まで秋葉原には一回だけ行ったことがありましたがこんなに長時間いたのは初めてでした。初めの痛車の駐車場には衝撃を受けました。その後は高橋さんに案内をしてもらったのですが、一番印象に残ったのは、細い路地みたいなところにずらっと並んでいた電子機器(?)の店でした。秋葉原は主に電化製品がたくさん売っていて、そこには私も行ったこともあるのですが、細かい電子機器が売っているところには行ったことがなかったので、秋葉原の違った一面を見ることができて、とても新鮮でした。
フィールドワークのあとは、立川記念館にて卒業論文のテーマ発表を行いました。このような発表は大学に入って初めてだったので、緊張しました。みんなのテーマ発表を聞いて、自分の未熟さを痛感しました。みんなしっかりとしたテーマを持っていて、これからどう調べていくのかビジョンも持っていて、自分も見習わなきゃと思いました。また、印象に残ったのが、アジア・民族に関するテーマが多いということです。私は外国や民族に関しての知識がほとんどないので、これからみんなが調べていくのがとても楽しみです。東條先生と桝谷先生のご指摘はとても鋭くて、自分が考えもしなかった意見をはっきりと言ってくれたので、とてもためになりました。
2日間でゼミ生のテーマを聞き終えましたが、みんな様々なテーマ、意見を持っていて、情報交換ができてよかったです。自分のテーマはまだ曖昧なので、これから絞って行って、細かいことが決まり次第、様々な文献を調べていきたいと思います。

加瀬智広
posted by masutanis at 22:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めてのゼミ合宿を終えて

いきなりゼミ合宿をやると聞いてびっくりしましたが新しい事ばかりの濃い二日間になりました!
一日目は秋葉原FW。私にとって秋葉原は家から近いし毎日通る駅です。だから駅ビルを利用したり、ヨドバシカメラによったりと秋葉原で降りるとゆう事はあまり違和感のある行動ではありませんでした。けれど実際にみた秋葉原は私の知ってる秋葉原とは別世界でした!
一軒目にはいったビルでの衝撃は本当に大きかったです。フロア全体に体のパーツが売っていて髪や目そして体を組み合わせて自分の人形を作る、そして家で保管し一定期間を経つと里帰りと言ってまたこのお店に持って来てお掃除などをしてもらう。このような人形の存在は知らなかったし、こうしたビジネスが成り立っている事に驚きました。店内には完成されたドールが沢山おいてあって広告の言葉使いとかすべてにおいてメルヘンチックな世界が作られていました。
同人誌売り場の混み具合、またそれぞれコレクターの人がショーケースを借りてその中に自分の好きなスペースを作りそれを何台も並べて一種のフリーマーケットのようなものが一軒のお店として成り立っていたり初めてみるものばかりで日本にいながらカルチャーショックでした。一つのビルの中でフロアによって全く違う世界が存在していたのが面白かったです。
電化製品の安さは想像以上で、自分が普段定価くらいの値段で買ってるのが馬鹿馬鹿しく感じました。
秋葉原は家の近くだけれど、私の全く知らない世界が広がってました。前に海外の友達を秋葉原に案内した事があったがこのような世界を全くみせてあげれなかったなと感じました。しかし同時にこれらの文化を否定するわけではないけれど、これらすべてを見せたら日本の印象はどのようになるのかなとも感じました。街でみた多くの外国人の人達はどのように秋葉原を見ているのかとても気になりました。
FWのあとは立川記念館でそれぞれの卒論テーマを発表しました。新しい知識や考え方を本当にたくさん吸収できたと思います。これからのゼミがより楽しみになりました。


伊東 侑香
posted by masutanis at 08:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2年国内合宿

5/4-5に二年生の初めてのゼミ合宿が行われました。1日目の秋葉原フィールドワークでは、日本のオタク文化や秋葉原の電気街の雰囲気を知りました。機械の細かい部品がたくさん売られていて、それを若い人だけでなく、お年寄りも買っている様子は想像していなかったことだったので驚きました。オタク文化に関しては、自分好みの人形を作る部品が売っているお店では顔だけでなく腕や胸など各パーツごとに数種類ずつある中から選ぶことができたり、レンタルケースの中にはどうしてそれがそんな高い値段なのかと疑問に思ってしまうようなものがたくさん売られていたりと、とにかく秋葉原では驚きの連続でした。

夕方からの卒論のテーマ発表では各々いろいろな問題に関心があることを知り、刺激を受けました。自分が興味を持っていることとは全く異なる分野だったり近い分野だったり違いはあるけれど、どのテーマもきちんと考えられていて、熱意も伝わってきて自分も頑張らなければいけないなと思いました。自分のテーマも、この合宿で卒論のテーマを発表するという課題が出てから考えて決めたものだったのでまだ絞りきれておらず、知識も少なく、どのように研究していけばよいのかもわからないのでこれからたくさんの文献を読み、知識を深め、精一杯取り組んでいきたいと思っています。

合宿を通して今まで知らなかったいろいろなことを知り、少しだけ世界が広がったような気がします。これからやるべきことも見つかり、これまでのだらけた生活に比べるとこれからは少し大変そうですが、成長するためにも気を引き締めて頑張りたいと思います。

2年 岩田夏実
posted by masutanis at 00:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

2年国内ゼミ合宿



5/4,5の二日間でゼミ合宿を行いました。1日目の午前中には秋葉原にてフィールドワークを行いました。私は秋葉原駅で降りたことはあったものの、それほど秋葉原周辺を散策したことはありませんでした。秋葉原といえば、オタクというイメージが強くありましたが、まさにそのイメージ通りの様々なお店を周りました。その中でも、自分で各パーツを選び作ることができるリアルな人形が一番衝撃的でした。また、秋葉原ではネクサス7を買っていただきました。


午後には太刀川記念館に向かい、それぞれの卒論のテーマを発表しました。最初にこの課題を出された時、自分の興味のあるテーマが明確ではありませんでした。しかし、この課題のために自分の興味のある範囲から様々なことを調べ、今後の大学生活で学びたいことや行きたい場所を明らかにする良い機会となりました。また、卒論テーマの発表を聞き、今まで全く関心がなかった分野について新しく興味がわきました。自分の視野を広げ、刺激をもらうことができました。

自分のテーマについても、今の段階ではどのように調査していくのか、より詳しく検討する必要があると感じました。
様々な面でとても実りのある合宿でした。



清水優里佳
posted by masutanis at 22:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2年 5月4,5日国内合宿

 私は今回の国内ゼミ合宿で、文化に対する様々な考え方を新たに知ることができました。みんな基本は観光についてのテーマなのに、地域振興・アイデンティティー・文化変容・経済発展・そして私のテーマでもある航空といったように、多くのジャンル・視点があることを改めて知ることができました。しかもそれぞれが少なからず今まで今回の発表までに日常的に、興味を持って調べており、各自の発表を通してそれぞれの自分の知りたいことが伝わってきて、とても刺激のある合宿だったと思います。
 私自身、実際の情報よりも自分の経験やそれを通しての考えを強く主張した形の発表になったと感じています。以前このゼミを希望するにあたっての選考書類にも書いたのと同じように自分の考え方を頑固に、少し偏ってしまっていた部分もあったのではないかと気づくことができたのに加え、田中さんや大戸さんの航空に関する発表を通して新たな見方考え方を知ることができました。少なくとも今までよりもより柔軟な考えを持てるようになったと思います。(例えば、今まではLCCのサービスよりも従来型のいわゆる普通の飛行機のサービスの方が優れている・素晴らしいというように考えが偏っていました。しかし、すべての人がこの従来型のサービスを求めているとは限らず、何が一番なのかの判断基準は個人によること、又何が一番良いサービスなのかは日本人向けの場合と外国人向けの場合で異なってくるということを改めて考えさせられました。)
 又先生方のアドバイスから、この大学生の間に図書館をもっと利用して、オンラインデータベースを活用するなどして多くの論文に触れようと思いました。あるいは元舛谷ゼミゼミ生の先輩方や藤田先生、柳川先生にもお話を伺いたいと考えています。

2年 田村優依
posted by masutanis at 21:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/4.5 ゼミ合宿

秋葉原フィールドワークでは、高橋さんに秋葉原を案内してもらってオタク文化を直接みることが出来ました。
パソコン関係にしてもアニメ関係にしても、自分が想像してたよりも秋葉原はすごくハイテクなところだと思いました。

卒論テーマに関しては、莫大すぎた内容を先生達からアドバイスをもらって少し絞ることができたし、自分が何を研究したいのかを確認することが出来ました。
また、他のメンバーの卒論テーマを聞くことによっていろんな見方や考え方に触れ、良い刺激をもらいました。
これからもゼミのみんなと話し合って、いろんな考えに触れながら勉強していきたいです。

大隈小夜
posted by masutanis at 12:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2年ゼミ合宿

今回のゼミ合宿では卒論のテーマ発表ということで、自分の興味のあるものの中から一つを選んでいくというのはとても大変な作業でした。みんなの発表を聞いていく中で私のテーマはまだまだ詰めが甘いなと実感しました。ですがその分今の自分に足りない部分、またこれから何をしなければいけないのかを学ぶことができ、とても貴重な時間を過ごすことができました。この合宿で学んだことを活かしながら自分のテーマについての研究を進めていきたいと思います。
2年 仲田有沙
posted by masutanis at 00:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初ゼミ合宿を終えて

5月4.5日に太刀川記念交流会館で初めての国内合宿が行われました。はじめ国内合宿で卒業論文のテーマについて発表すると聞かされたときには、まだゼミでの勉強も始まってないのに決められる訳がないと戸惑いと焦りを感じました。しかし、いざテーマを決めようとインターネットや図書館を利用して探してみたら、“そういえば小さなときから異文化について興味があったな”と思い出し、そこからトントン拍子でテーマを決めることが出来ました。このことが大学で自分が一番学びたかったことを見つめ直すきっかけになりました。また、ゼミ生全員の発表を聞き様々な知識を得ると共に、たくさんの刺激を受けました。例えば、LCCという一つの事柄を一人一人違う視点から捉えていて、私も多様な視点を持って研究対象を見ていかないとな、と感じました。今回の国内合宿では秋葉原でのFWに参加することが出来なかったのですが、自分にとってとても良い経験となりました。

榎本
posted by masutanis at 00:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

初めてのゼミ合宿


まずは秋葉原でフィールドワークをしました。秋葉原はヲタクの集まる場所というイメージが強く、自分とは無縁の場所だと思い込んでいました。そのような中で、今回のフィールドワークは"秋葉原を見る"という意味で大変良い経験だったと思います。イタ車やフィギュア、同人誌など普段見ないものを沢山 目にすることができました。
このフィールドワークで、秋葉原に対するイメージが少し変わりました。何事を一歩足を踏み入れて、実際に見てみることが大事だと改めて感じました。



フィールドワークのあとは太刀川記念交流会館で卒論テーマの発表をしました。人によって色々な考え方や見方があり 、発表を聞くのが楽しかったです。

初めてのゼミ合宿は私にとって大変刺激のあるものでした。これから多くのものに触れ、知識や経験を増やしていきたいと思います。ゼミ生と共にそれぞれのテーマについて考え、共有していくのが楽しみです。


2年 岡田茜衣
posted by masutanis at 20:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

2年ゼミ合宿 秋葉原FW−卒論テーマ発表

ゼミが始まり、最初の2年生全体のFWは秋葉原で行なわれた。秋葉原を訪れるのは初めてであった。ゼミ合宿が始まる前に配布された参考資料を読んで知った情報と、漠然とした電気街、ヲタクの街というイメージを持っていた。資料にも記載があったが、秋葉原駅の広告にまず衝撃を受けた。ほとんどがアニメの絵を用いた広告である。新座駅にはそのような広告はない。あるのは立教学院の広告であったり地域のお店の広告だ。ここまで地域性を出した広告を用いている駅は他にあるのだろうか?

秋葉原の街を歩くに当たって、高橋さん、横井さんにお世話になった。

まず初めにラジオ会館のあたりで、電気部品のマーケットのような場所に行った。訳のわからないものだらけである。普段生活するなかで絶対行くことのないところだろう、と思った。

そのあとホビー天国に向かったが中にある「ホビー」の多様さに驚いた。売られているものは人形やらカードやらいろんなものがあった。個人的にジョジョのフィギュアが欲しくなった。

秋葉原の町並みは発展しているようで雑多な雰囲気も残っていて不思議な気持ちになった。

店主のだらけた感じとか斬新だった。

ICTとしてネクサス7を買ってもらった。アプリ開発を頑張ろうとおもう。

太刀川交流館でそれぞれテーマ発表、みんなしっかりとまとめた考えがあって気が引き締まった。
本をたくさん読まないといけないなあ、と感じて、少しこれまでの生活を反省した。

これからしっかり勉強しよう。

平井
posted by 12平井 at 15:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋葉原フィールド、テーマ発表

秋葉原フィールドワーク
今回の秋葉原フィールドワークをとうしてアニメグッズからよくわからない機械の部品の専門店まで秋葉原という街をいろいろな角度からみることができた。その中で特に印象に残った場所は細かい部品の専門店がたくさんはいったビルだ。現在、電子機器につよいのは若者だと思っていたがそこにはお年寄りも多くいて店員と話し込んだいたのをみて驚いた。店員も年配の人が多く秋葉原という場所は若者だけの街ではなかった。またそこには女子高生なども来たりするらしく、自分のもっていた秋葉原のイメージは全く別のものになった。

卒業論文テーマ発表
卒業論文のテーマというのはまだ自分の中で整っておらず、今回はとても大雑把なかたちになってしまった。他のメンバーの意見を聴くと、とても具体的な内容で研究テーマがはっきり決まっている人が多かった。そのような人たちはもう実際に研究テーマである国などに行ったことがある人が多く、基礎知識も十分にしらべてあるように思えた。なので研究テーマである国に訪れて実際に目で見てみることで自分がやりたいことがみえてくるのではないかと思った。次の発表までにもっと理解を深め、自分のテーマをはっきりさせなけければならない。

大橋衛
posted by masutanis at 14:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

初のゼミ合宿を終えて

ゼミが本格的に始まって、まだ1ヶ月足らずであるというのに、卒論のテーマを絞り混むというのはあまりにも過酷なテーマではないかと、最初は驚き焦りを感じました。けれども、意外にも広い意味での観光を軸にトピックを考えてみたところ、案外、興味のある分野というのは結構浮かび上がるものでした。そのため、どの分野に焦点を当て、テーマを決めていこうかという作業は思った以上に早く終えられた気がします。この観光学部での一年間、見たり聞いたりしたものが、少なからず自分の中に蓄積されていることを実感しました。また、他のメンバーは自分には想像のつかないような観点から物事を捉えていたので、よりもっと柔軟な発想が必要であると痛感しました。これからも様々な経験を通じて、知識の増加と共に自分の興味や関心が揺らいでしまうこともあると思いますが、周りに流されず、強く自分をもち、学び続けていきたいです。
2年 小松崎欽一
posted by masutanis at 21:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。