2012年07月31日

7/28-29 4年次国内合宿


羽田空港国際線ターミナルからこんにちは、えんけいです('∀,)

出国前に4年次国内合宿(卒論中間報告)をゼミブログに記しておきます。



数日前の7/28〜29。
4年生には3回目であり最後である国内合宿を栃木県の川治温泉にて行いました。


今回もこの行事に関連した学びを記したいと思います。



今回で一番記しておきたいと考えた事は、自分のテーマについてでなく"論文"というものについてです。

『卒業論文』と『エッセイ』は違う。自分のもっていきたい結論のために必要な情報を用意するのはブログ等で行えばよいエッセイでしかない。

"論文"というものをよくわかってない自分たちにとって、やはり先行研究というものがものすごく重要。

Cinii等で自分の関心のある単語を検索し引っかかった論文を好き嫌いとなく読むことが重要
(参考:)


私はお恥ずかしながらこの合宿を通じてようやっと"論文"というものに対して向き合う事ができました。

以前までは『日本人の国民幸福度の向上』をテーマに研究(?)を続けてきたのですが、いま思うとそれは自分探しのための読書にすぎなかったと思います、書いたものもエッセイでした。

ただ自分の意見を雑な形で押しつけな主張,紹介をしていただけで、論文,学問からはほど遠いものでした。


何はともあれ先行研究。
そこに自分のオリジナルを乗せる。

論文の書き方としては邪道であるのかもしれませんが、今の自分に必要な事であると思っています。

我流だった2,3年次の自分には分からなかった事ですが後輩らの参考になればとも思っています(事実俺は2,3年次に今のようにありたかったので)

そんなわけで中間報告会が終わってしまった状況であるのですが、これからより自分の研究テーマの先行研究さがしから貪欲に行っていければと考えています。


それでは私のテーマである『学生から見た大学における初年次教育』をより考える契機としても、これからマレーシアのマラヤ大で2週間の言語研修を行ってきたいと思います('∀,)
Jumpa lagi!


それにしても川治温泉は夏を感じられる素晴らしい渓流地域でした、蝉の鳴き声もあいまって草津や伊香保よりお気に入りです笑


4年 遠藤

毛塚写真ありがとう
securedownload.jpg


posted by 09えんどう at 20:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新大久保FW


遅くなりましたが、7/8のメディアツーリズム
新大久保FWについて書きます(^^)


私は韓国大好き、K-popオタクなので
新大久保には何度か来たことがありましたが、
今回はメディアツーリズムとしての視点で新たな目線で歩いたこともあり、
たくさん面白い発見をすることができました。

またそんな真面目な見方をしなくても、
パッと見で「新大久保が進化してる!!!!」と思いました。



私が前回ゆっくり新大久保を歩いたときは、
k-popグッズ等のショップがジャニーズショップのようにファンで溢れかえっていて
「日本人てすごい。影響受けすぎ(笑)」
と自分のことは棚に上げながら思っていましたが、新たな飲食店、ショップなどが続々とできていて、装飾も派手になっていて、新大久保の韓国人側の力の入れ方が強くなっていることを感じました。


新大久保は元は「コリアンタウン」として韓国人の方が多く住む韓国人のための地域であり、また韓国以外にもエスニックタウンとして様々な国の飲食店があると聞いています。

しかし今ではもはや、「コリアンタウン」ではなく日本人が日本にいて韓国に来た気分を味わえるまさに「プチ韓国」となっていると感じました。


というのも、K-pop人気に伴ったK-popアイドルの広告としてのメディア使用や、ショップの乱立ももちろんですが、日本人が喜ぶように分かりやすい説明や広告のなされた大型スーパーでの韓国食品・コスメの販売や、韓国伝統お菓子の実演販売などの光景がまさに観光客として行った韓国での光景と同じだったからです。


エスニックタウンといえ、私が行ったサンフランシスコにあるひっそりとしたジャパニーズタウンや、シンガポールのリトルインディアなどとは全く違う、「観光地」のような光景でした。



またショップの上が住居になっていたり、マンションの一階に無理やりショップが入ったような場所もあり新大久保の住民の方達は暮らしやすいのか疑問を持つような印象も少し受けました。


また今回はマップも持ちつつ、今まで知ることのなかった裏道(イケメン通り笑)やドン・キホーテ、職安通りなども隈なく歩き、新大久保の新たな一面も見ることができてよかったです。



先に何人か書いてくれているので、同じことはなるべく省き私の視点で書きましたが、今日までの新大久保の変遷、これからどうなっていくのか、新大久保に住む方達はどう感じているのか、などまだまだ興味深いことがあるので関心を持っていきたいと思います。

浜武
posted by masutanis at 17:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

富士登山


富士登山に行った。

初日の出を見ようという話であったが、初日の出どころか太陽自体拝めていない。

山小屋まではみんな笑顔で楽しく「トレッキング」をしていて、案外楽勝じゃね?とか言っていた。しかしその笑顔も山小屋から、つまり6合目から消える。

ここからはナウシカも逃げ出す強風、マドーラのタイガーモス号でも進めないような雨が襲ってきた。タイガーモス号はラピュタに出て来る飛行船だが、とにかく、地獄の行軍であった。


しかしそんな中でも我々は進む。なぜならそこに山があるからだ。


徐々に隊列はバラバラになり、雲が立ち込め数メートル先も見えない。立ったまま寝る者、気づいたら一人になっている者、マリファナでも吸ったのか、ハイになっている者など、ほとんどがまともな状態ではない。我々より後の団体は立ち入りが許されなかった。意識が朦朧とする中で、思い出す。そういえばTのいびきでろくに寝ていない。

交通整備員が誘導する。空が明るくなる。登山道は巨大な岩が増え、明らかに山頂が近づいている。

そして、ついにその時が訪れる。

山頂ーーしかしそこに私が求めていたものはなかった。細長い卒塔婆のようなものと、今にも吹き飛びそうな小屋があるだけである。

それにしても寒い。カプリコはいらないが、ラーメンは欲しい。
日清のカップヌードル。私は激怒した。一杯700円ってどういうことだよ。

下山する。悪天候のため、下山道は八合目からである。
拓は走った。私も後につづく。これを乗り越えればーー温泉だ。


まとめ
・人が多い。マスツーリズムの弊害。(我々は舛ツーリズム)
・中には非常にラフな格好に人もいて、意識のちがいが如実である。
・この時期にしては珍しい悪天候。(本来はベストシーズン)
・登山路による混み具合のちがい。
・標高が上がるにつれて価格設定も上がる。

facebookに富士登山の動画をあげたので、よかったら見たってください。

2年かつ
posted by masutanis at 01:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

新大久保FW

写真 1.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG


レポートがやっと一段落したので、
遅くなってしまったけれど、メディアツーリズムの新大久保FWについて書きたいと思います。

全体のFWの流れは、先に書いてくださったので、私は自分が気になったことについて書きたいと思います。

新大久保には、少しだけ立ち寄ってみたことはあったのですが、じっくり廻ったのは今回が初めてだったので、とても新鮮でした。

まず、新大久保という街に韓国ドラマなどのメディアの影響がどのように出ているか。というのが今回のFWのテーマでした。その調査を行うために、街中にあるドラマや映画のポスターを数えました。思っていたよりドラマや映画のポスターは少なく、街中はK-POP関連のお店でいっぱいでした。
一見K-POPに関係のないコスメショップにも、K-POPのPVを流したり、ポスターを飾ったりと、どこもかしこもK-POPという状態でした。韓流ブームは、韓国ドラマブームからK-POPブームへと変わりつつあるのかなと思いました。

それから私が気になったのは、2番目の写真の、輸入食品のお店で見つけたお菓子です。中身はなんの変哲もないチョコのようですが、パッケージが日本でも人気のある韓流ドラマ仕様になっています。明らかに、日本の観光客向けに作られていてるものが輸入食品として店頭に並んでいました。これだけでも、韓流ドラマをきっかけに韓国へ旅行する観光客をターゲットにしていることがわかります。

次に気になったのが、3番目の写真の建物です。新大久保のメインの通りの一つ、イケメン通りにあったへんてこなマンションです。一階部分が改築?され、K-POPグッズのお店になっていました。
イケメン通りは道幅も狭く、アパートなどが立ち並んでいる道で、どちらかというと一般の人が生活している区域でした。この建物の他にも、生活感か垣間見え、その合間を縫うように韓国関連のお店が並んでいました。韓国関連のお店になる前、一体ここは何だったんだろう?と疑問に思いました。

私は、“新大久保=コリアンタウン”と聞いた時、韓国の人たちの多く住む街という方を想像していましたが、今の新大久保はどちらかというと、住む街というよりは横浜中華街のような、買い物に行く街になっているようでした。

上手くまとめられていないですが、新大久保の街が韓流ブームやK-POPブームで変化して来たのは確かなようです。
新大久保が昔はどんな街だったのか、探ってみても面白いのかなと思いました。

菅沼
posted by masutanis at 23:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

頂上まで辿り着けました

こんにちは、
富士山一緒に登った方はご存じのボロボロ系代表の優希です。
標高が上がるに連れて体力と女子力ともに失い、なぜか顔が泥にまみれて頂上に到達。
めでたしめでたしです。

前のブログで、楓とルカが上手に言いたいことまとめていたので、ゼミ生体力底辺の視点からの富士登山について書こうと思います。
 
富士山には、山開きの7月8月の期間で約22万人(2011年度)が富士山を訪れます。2008年以降登山者は20万人を超す人々が毎年登山に挑戦し続けています。

この背景の一つには山小屋の環境配慮型のトイレ設置や宿泊緩環境が改善され、山ガールの流行が追い風となり、若い女性の登山客が増えたことが挙げられます。登山道具一式のレンタルも充実し、また交通アクセス、ツアーの種類増加により、以前より参加しやすくなっています。

確かに、富士山では女性の姿がかなり多く見受けられ、私たちの世代から中高年まで幅広い層がいました。

しかし、登りやすくなったからと山をなめてはけません!
富士山八合目救護所には、42日間開設期間中に利用者が約460人、主な傷病は高山病で約290人にもなり、特に頭痛や吐き気に駆け込む若い女性が目立つそうです。救護所を訪れる65%が高山病とのこと。

・・・登山ブームの主役でもある山ガールの高山病。誰もならなくてほんとにほんとに良かったです(T-T)

弾丸ツアーの催行により、休暇をとらなくても週末を使って気軽に参加できるようになった反面、自然が相手である以上危険も隣合わせということを体感しました。そしてご来光に時間に合わせて夜中に多くの人が頂上を目指すので登山道は行列になりスムーズに歩けないところも問題点だと思います。


 富士山には頂上を目指す登山だけでなく、樹海のエコツアーやトレッキングなどいろいろな楽しみ方があるようです。
富士山の登山道は緑豊かな大自然という感じはなく、永遠に砂利、岩、岩、岩、、、と続くヘタレには過酷な斜面でした。しかし裾野には大自然が広がっていて熊、鹿や猪などの動物も生息。認定のガイドさんをつけたエコツアーも行われています。 

 先生は来年は1合目からの山頂を目指すと闘士を燃やしていますが・・・・・
こういうツアーで富士山を楽しむのも面白いと思います。


 私が頂上まで行けたのは、頑張るゼミの仲間がいたから。私はそんな追うべき背中がなかったら途中で挫折していたと思います。頂上までみんなと一緒に登れたということに感無量でした。 特に4年の先輩方、ほんとに感謝しきれないです。みなさまありがとうございます!!!

2年 堀越優希続きを読む
posted by 11ほりこし at 02:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカイツリー☆ミ

sky79445.jpg

そらから これから いってみるから〜☆


ということで、行ってみました、スカイツリー(*^_^*)ちなみに、冒頭のことばはスカイツリーのキャラクター、ソラカラちゃんの口癖です。テスト期間で、わたしの頭がおかしくなったわけではありませんので、ご安心ください。



スカイツリーの詳しい説明は、作ったしおりに書いてあるので割愛(まだ何部か余ってるので、ほしい方いたら声かけてください)!!!!



当日は、スカイツリーにのぼる前に横にあるソラマチを少し見学しました。

感想は‥いろいろなお店があって面白い!!!デパ地下みたいなコーナーがあったり、ひたすら食品サンプルを売ってるお店があったり、外国の人が喜びそうなてぬぐい?を売ってるお店があったり‥


観光でも、ショッピングでも、みんなが楽しめそうだなーと感じました。


時間もあまりなかったし、全部みきれなかったので、今度またゆっくり行きたいなと思います。ソラマチはもちろんですけど、周りにあるキラキラ橘商店街とか、もすごく気になってるので、ぶらぶらしたいです



と、まわりの商店街たのしそうーって思って調べてたら、スカイツリーができたことで、お客さんが減ったとか、思ったよりお客さんが入らないだとか、そういう問題もあるみたいですね。


こういうのってどこまで信じていいかわからないですけど、たしかにソラマチがあれだけ充実しているし、他にもプラネタリウムとか水族館があるし。そしたら、わざわざまわりの商店街まで行かないかな、っていう。

近くに浅草もあるし、商店街だったら、そっちに行っちゃうのかなーと。東部バスはスカイツリーの開業に合わせてスカイツリーから上野、浅草までのシャトルバスの運行も始めたみたいだし。


「観光まちづくり」ってことからすると、どうなんでしょう、この状況。




でも、商店街のホームページを見るかぎり、昔の下町のいい感じの雰囲気で、いい素材だなーって凄く思って。

だから、どうやったら、素材を生かしていけるか、スカイツリーのお客さんを呼び寄せられるか、ですよね。



たとえば、ソラカラちゃんのイベントを商店街で開くとか!B-1グランプリに出て、商店街で売ってるB級グルメを有名にしちゃうとか!


調べたわけじゃないので、もうやってるかもしれませんが。
まあ、あれですよね!一度、まわりの商店街に行ってみる!うん!定期つかったら180円で行けるし(^.^)夏休みだし(^.^)





というわけで、いよいよ、スカイツリーにのぼったときの話を!!!


まず、スカイツリーの中に入るとさっそくかわいいユニフォームを着たスタッフの方たちが(*^_^*)


スカイツリーのユニフォーム、ほんとかわいい!わたしのお気に入りは、清掃員の人が着てた、緑に白のみずたまのやつ!



そして、至るところに三角▼△▼
天井も床も!!!


いろんなところのデザインが凝ってるなって感じでした(^。^)



エレベーターは凄く速かった!!!耳痛くなった!!!

この日は天気があまりよろしくなかったので、上のぼっても雲しかみえないんじゃないか、とか心配しましたが!


上に着いた途端、目の前に広がる夜景。

あんまりこういう表現つかうのすきじゃないんですけど、本当に宝石みたいだった!!!



うん、素敵でした。夢みたいだった。



気づいたら2時間経ってましたね。




最後は、お土産コーナー。
スカイツリーのグッズがたくさん売ってましたが、スカイツリーのキャラクターのグッズに関して言わせてもらうと、もっと売れるグッズを作れるんじゃないか、と思いました。

キャラクター自体は可愛いのに勿体ない!と思うものがすごくあった!


はるかはずっとステッカーがあったら買うのにーって言ってたしね^^笑


筆記用具とか、もっと使いやすいペン売ってくれてたら買うのにーとか。やっぱり実用性も大事だと思うんですよね!


(ちなみにわたしの持ってる、チーバくんのペンはすごく使いやすいです^^笑)


わたしがそう思ってるだけなのかなー?


スカイツリーに限らず、グッズとかお土産についてはいろいろ思うところがありますよね。それ売れるの?ってものが結構あったりして。


まあ、結局ソラカラちゃんのシール買ったんですけどね(*^_^*)笑



そのあとは、記念撮影をして、解散!
‥のまえに、さいごに夜景をバックに撮った2年生の写真を先生に渡しました!喜んでくれて(たぶん)よかった(^q^)これからもよろしくお願いします!


今回のスカイツリーFW。
綺麗な夜景も見れて、ソラマチのウィンドウショッピングもできて、たのしかったです。
田柳さん、こうだいさん、ありがとうございました^^



以上、ソラカラちゃんに似てるって言われたひらやまでした(笑)
posted by masutanis at 00:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

新大久保FW

皆さまレポートに試験にお疲れ様です。

あと1週間頑張りましょう!



少し遅くなりましたが、新大久保FWについて書きたいと思います。

私は日本でKPOPブームが来る少し前からドラマを通して韓国に興味を持っていました。

ただ私が初めて新大久保に行ったときにはすでにKPOPのブームが始まっていたように思います。

しかし今回「メディアツーリヅム」のFWということでメディアに関する情報を中心に新大久保を見たとき、

あまりにKPOPばかりを主張するものばかりであることに驚きました。

特に飲食のお店を中心にテレビで特集された様子を店頭の目立つところで紹介しているみせが多かったです。

KPOPのスターが食べている写真などがずらりと並んでいる店もあります。

ただし、スターは来ておらず番組の取材のみというのもの実際はかなりあります。







またスターのご来店などで書いてもらったサインは基本的に店の奥に飾られていて、あまり外から目立つものはなかったように感じます。

しかし、サインの複写がある店の本店と支店どちらにも飾ってあるものも見られ、少しいかがなものかとも思いました・・・。









新大久保の店の多くは1階部分が店舗、上はアパート?という風に生活と商売が入り乱れています。







ここには主に韓国人が住んでいると思われますが、この人たちは韓流ブームより以前からここに住んでいるのか

もともと店の経営の対象は日本人だったのか

など、疑問を広めていくこともできるかなと感じました。



あまりまとまっていませんが、まだまだ深く調べられる面もあると思うので機会があればまたFWなど行いたいと思います!


松川
posted by masutanis at 02:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インバウンドツアー@Downtown UENO & ASAKUSA


2012年6月28日、インバウンドツアーと称して
マラヤ大生4人と立教生2人の計6人で上野・浅草を観光してきました。

まずは上野駅で記念撮影。

image-20120719173700.png


アメ横ことアメヤ横丁商店街を散策。

image-20120719174331.png


靴屋、服屋、カバン屋、食品、お土産のキーホルダー屋など
様々なモノが並ぶこの通りにマラヤ大生たちは興味津々。

スポーツ用品のディスカウントショップでは
破格の値段で売られていたTシャツを購入するひとも!

image-20120719173828.png


そのあとはドン・キホーテへ行きここでも日本のおみやげとして
ワンピースグッズをいくつも購入していました。


お昼は予定していたインド・ネパール料理屋さんを変更し、
わたしのいきつけ(笑)の安くて美味しい海鮮丼屋台で食べることに!

みなさん大満足してくれました。

image-20120719174535.png


やはり日本に来たからには日本のものが食べたいと思うのは当たり前。
だけど日本の飲食店ではハラルを意識していることはほとんどなく、
そういう点ではムスリムの人々が日本を観光するにあたって
料理に関してはかなり不自由があるなあと感じましたね。


お昼を食べたあとはマラヤ大生の希望で100円ショップに。
ここでは友達へのお土産品として、和柄のお箸や扇子を買ったりしていました。


そして銀座線に乗り浅草へ!

image-20120719175447.png

image-20120719175516.png



ここまでで予定よりもだいぶ時間がおすこと約2時間…。

浅草へついたらまず吾妻橋のふもとへ向かい、
アサヒビルとスカイツリーと一緒にみんなでパチリ。

image-20120719175542.png


それから雷門へ。


そのまま仲見世へ。
ここでは国内外問わず観光客向けのおみやげがたくさん並んでいます。
マラヤ大の女の子たちは七福神を模したキャラクターや
こけしや日本人形をかたどったキーホルダーをとても気に入っていた様子。

image-20120719175650.png


そして男の子の一人が日本の戦国武将ファンであるらしく、
それ関係のグッズを見つけては「ダテマサムネ!」「サナダユキムラ!」と
叫んでいたのが印象的です。お店の人もびっくり。

image-20120719175844.png

image-20120719175819.png


浅草寺の前ではおみくじを引いてみたり。
ちなみにここのおみくじは表が日本語表記
裏が英語表記になっていました。

image-20120719175916.png


そして、境内をぬけて浅草の路地をぶらり。
道端の和菓子屋さんでみんなでお団子を食べました。
みんな美味しいと言ってくれて好評な様子。

image-20120719180626.png


そしてまた銀座線にのり上野へもどってツアーは終了。


ここで今回のインバウンドツアーで気づいたことや反省点などを
まとめていきたいと思います。


・上野、浅草ともに他の観光地と比べて物価が安い
→惜しみなくお土産を買える、日本食も気軽に体験することができる

・江戸時代を意識して舗装された道路や
伝統的なお寺や塔が多くある浅草の街並み
→「日本」らしさの象徴、外国人観光客が「日本文化」を楽しめる

image-20120719180751.png

image-20120719180823.png


・見てわかるハラル認定の食べ物屋がほとんどない
→ムスリム観光客にとって不安・不便な要素ではないか?

・ツアー時間
→あまり時間は必要ないと思っていたが、
予想以上に関心を示してもらえたし、
見てまわるところもたくさんあった

・上野〜浅草間の移動
→無料のシャトルバスがあることは知っていたものの、
バス停の場所がわかりにくかったり、間隔が長かったりで不便、わかりにくい


と、以上の点が今回のインバウンドツアーのまとめです。

来年はこれらの点を改善しもっとよく下調べをして
Downtown Ueno & Asakusa を案内できると良いなと思います。


個人的には地元を観光客の目線でめぐることで
観光地としての上野、浅草を体験することができて
とても新鮮で楽しかったです!!

そして、通訳の手助けをしてくれたりえさんに感謝です…!
posted by 10ゆうき at 01:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

Mt. Fuji(^。^)

先週末、富士山にのぼってきました(*^_^*)

前日はわくわくしてあんまり寝れず、バスのなかでも寝れず、仮眠もできず(決していびきのせいではない)‥高山病大丈夫かな、なんて心配したけど、無事頂上までのぼることができました!!!


ゆうき曰くクライマーズハイだったので、わたし(笑)


なんだか、岩を掴んでのぼったりするのがすごくたのしかった!意外とサバイバルなことすきなわたし。


でも、富士山って遠くからみると、青と白だから、岩を登るなんて思いもしませんでした。

遠くから見る富士山はもちろん綺麗だけど、実際登る富士山も素敵ですね。



ということで、富士山のぼってみて気づいたことをすこし。



・服装
べつに服装なんて、個人の自由だと思うんですけど。それでも、本当に命に関わることだから、どうなのかなと。半ズボンで肌出してのぼってる外人さんとかいて、驚きました。
ちょっと調べてないんで、なんとも言えないんですけど、ガイドブックに服装について書くなり、ツアーだったら、ツアーで言うなり。観光を提供する側って安全もある程度保証できないと、ね。


・自然保護問題
富士山にはゴミがいっぱい、ということを聞いていたんですけど、わたしの見るかぎりではゴミはなかったです。雨風がすごかったから、気づかなかっただけなのか、ゴミ拾いをしてるボランティアさんのおかげでゴミが減ったのか。

でも、ネットで調べるとまだまだ富士山のゴミ問題は解決していないようです。今2年ゼミで講読している「自然保護を問いなおす」の中でいえば、富士山と観光客が「切り身」の関係であるから、ゴミを捨ててしまうんだろうな、と。その場かぎりの関係なんですよね、だから捨てちゃうんです。それをどうやったらつないでいけるか、が課題なのかな。


・インバウンド
るかも書いてましたが、富士山は外国人の方が本当にたくさんいました。少し調べてみたら、外国人の方にとって、富士山は日本の観光地の中でも満足度が高い場所だそうです(^.^)さすが富士山!!!

外国人の方が日本にくる前ときた後で、いちばん否定的なイメージが強くなるものが、言語が通じないということなんですが、5合目のお店で店員さんが中国人の方に、きちんと中国語で対応していたので、富士山の自然の美しさだけではなくて、そういう面が満足度につながってるんだろうな、と。

今後もどんどん富士山に来て、満足する人を増やしていけたらいいですね。


・温泉の話
おばあちゃんたちが、「今日なんて8台バスがきたのよー」なんてお風呂の中で話してるのを聞いて、ちゃんと地元の人たちのことも考えて、この富士山のツアーは作られてるのかな?って思いました。

この話をしてた、おばあちゃんたちは全然いやそうじゃなかったけど(むしろ、わたしたちに孫の話をして満足そうだった)、何台もツアーのバスが来て、洗い場はすごく混んでたし、せっかくゆっくりお風呂に入りにきてるのに、ゆっくりできなくて、嫌に思う人もいるんじゃないかなーと。

わたしは観光は、その観光地の人たちの暮らしがあってこそのものだと思ってるので、行政とか、旅行会社は観光客の満足度だけをみるのではなくて、その地域に住む住民の満足を考えることを忘れたらいけないと思います。



とまあ、ここまでいろいろ書きましたが、本当に頂上までのぼれてよかった!!!たのしかった!!!

すごい雨風だったのですが、雲がぱっと風できれていくのが、なにか違う空間へ来たようで、心打たれました。
自然ってやっぱり魅力的ですね(^.^)

御来光がみれなかったので、来年も登って来年こそは、見たいです(と言いたいところだけど、1合目から登るっていうから、ほんとは迷い中。笑)

来年は、頂上でなにをたべようかなー(^。^)☆



かえで
posted by masutanis at 18:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メディアツーリズム新大久保FW

ブログ更新とっても遅くなってごめんなさい。
メディアツーリズム新大久保FWについて書きます。

私自身新大久保に以前訪れたことがあったのですが、以前にも増して町はK-POP色が強くなっていました。
アイドルのグッズショップは増え、雑貨屋やレストランでもK-POPアイドルの写真やサインを飾り、コスメ分野でもCMキャラクター自体がK-POPグループであるような状態。さらに何を売っているお店とゆうことに関係なく、どのお店でもテレビでK-POPを流していました。
一方韓国ドラマの色は薄く、今はもう韓国=「ドラマ
posted by masutanis at 01:40| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

富士登山

2012-07-08 09.58.15.jpgテスト期間中ですが
息抜きに富士登山について書きたいと思います!

感想は後で書くとして、
準世界遺産として日本のシンボルである
富士山について軽く説明したいと思います。

富士登山が始まったのは西暦663年から。
また、明治時代までは女性禁制だったそうです。
ちなみに高山たつさんという方が女性で初めて
登頂を果たしたそうです。

近年観光客が増加している原因としては、
交通アクセスが便利であったり
団塊世代の富士登山ブームだったり
ツアーの増加があげられます。
(3割ほどが外国人登山客といわれ、そのツアーも増加)

実際に私たちも新宿発のツアーを利用しました。
また、頂上付近でおばあちゃん集団を見かけたり
外国人観光客も多く見かけました。

ジーパンにタンクトップ、サンダルといった軽装の外国人もいて、
もはや山登りという感覚ではなくて、
ただ日本の有名な観光地に来ているという感覚なのかなと思いました。

あと、観光客の増加によって、マナーを守らない人が増えて
富士山には大量のごみがあるという話を聞いたけど
登っている途中にゴミなんてありませんでした!
(私が見ていないだけかもしれませんが)

-----------------------------

靴を前日履き慣らし、
9時には布団に入って(ワクワクしてなかなか寝れなかったけど)
朝7時に新宿に集合して出発しました。

五合目に到着し、テレビの取材を受けました(笑)
(明日7/19(木)NHKあさイチam8:00〜
映るかもしれないので、よかったら見てください)

富士山メロンパンを食べ、いよいよ出発!
山小屋までは割とみんな元気でした\(^o^)/
牛丼もおいしかった!

山小屋で仮眠!
せまくて、みんなあんまり寝れず…(誰かさんはいびきかいて寝てたけど(笑))
山小屋からの夜景きれいでした。
杖に焼印無料でおしてもらえました(^^)
夜10時に山頂めざして山小屋を出発。

だんだん気温が下がり、風も強くなり、雨も降り始めました。
私は北海道出身なので、寒さには割と強い方ですが、
かなり体力を奪われました…。

山小屋を出てからは、写真を撮る余裕もありませんでした。

真っ暗で景色もなにもないし
ただ下ばっかり見て、歩き続けるのは本当につらかったです。

頂上手前でちらっと太陽の光を見ることができたけど、
(ほんとにチラッと2,3回だけ。すぐ雲で覆われてしまいました。)
頂上で御来光を見ることはできませんでした。

頂上で食べたカップラーメンは今までの人生の中で一番おいしかったです。

辛かったけど、全員で頂上まで行けて良かったです。
みんながいたから最後まで頑張れました。
多分家族と行ったら、親に文句ばっか言って、わたしは諦めていたと思います(笑)

途中で下山する方が怖くて、
人生で一回だけだ!と思って私は登りました。
体力も大事だけど、体力よりなにより
根性さえあれば、登れると思います!(笑)

頂上から御来光を見てみたい気持ちもあるけど
私はもう二度と登らないです。←
しばらく、富士山見るのもいやです。
(バイト先の窓からは富士山が見えます…(T_T))

山頂のお店の方にも、もう二度と来ませんと伝えてきました(笑)

下山するのもなかなか疲れます。
ひざにきます。
下に行くと、晴れてきて、河口湖や樹海もみることができました。

二度と行きたくないけど
人生に一度登っておいてもいいんじゃないかと思います!
あきらめないで、一歩一歩進んでいけば必ず山頂につけます!

来年は1合目から登るらしいので、
登る方は頑張ってください。


2年鈴木瑠華
posted by masutanis at 17:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

7月8日 メディアツーリズム新大久保FW


遅くなりましたが、7月8日に行われた、新大久保FWについて書きます。


メディアツーリズム今年度初のフィールドワークです。
FWのテーマは「新大久保とKポップ」です。
新大久保にある韓国関連のお店にある広告媒体や、発信の手法を観察しようという趣旨です。

初めに言っておきますが、FW参加者には韓流知識レベルの格差があります。
参加者7人の中でおそらく私は最下位で、ハングルを読むこともできません。


初めに、歩いていて気がついた、新大久保の傾向を箇条書きにします。

・駅には朝っぱらから10〜20、40〜50代の女性でいっぱい
・駅前の通りは1階飲食店、2階以上は不動産会社が入っているビルが多い
・どの飲食店も、土地を精いっぱい使って宣伝している とにかく派手!
・「IKKOさん来店」の存在感の大きさ
・タイ古式マッサージ店も多い
・外国人は中・韓国人が多い(学校も多いので住民か?)
・どの飲食店にもライブDVDが流れている

一番強く感じたことは、同じような造りの店が多く、お店の差異化ができないことです。これは他の中華街などでもいえることなのでしょうか。ただ人の流れと雰囲気に飲まれていました。



さて、このFWで特に驚いたのは
コリアンタウンの大きな流れを作っている存在についてです。

CIMG1771.JPG


このマップと冊子は、街中のあちこちに置いてあります。自治体が作る観光マップには
大抵その地区の景勝地観光スポットが載ってますよね。ところが新大久保の地図は、韓国料理の飲食店、マッサージ、コスメの店しか載っていません。それはなぜか?  
なぜならスポンサーがついているからです。

マップは毎月6万部、コリアタウン誌は毎月5万部発行されており、韓国人ライブの情報や広告が目立ちます。また装丁や印刷がきれいなことから、かなりお金がかかっていることがわかります。

実は新大久保は元々コリアンタウンだったわけではありません。韓国以外にも、歴史的に様々な外国人が暮らすエスニックタウンなのです。実際タイ、ベトナム料理の店もあります。ところが、そのパンフレットや地図によって、訪れた人には韓国要素が強調されているのです。

この立派な冊子を作っている会社を調べたところ、「巨山」という商社だという事がわかりました。http://www.kyosanjapan.com/index.html

食品の輸出輸入、ホットクなどの店舗経営、広告事業、など、韓国に特化して様々な事業を展開しています。
スポンサーを集めて立派なガイドを作り、街を活性化させ、日本と韓国の貿易を盛んにすることで利益を得る新大久保のボス。自社が手掛ける商品も、しっかり全面広告で紹介しています。
自社の名前を全面に出さずに様々な製品をあたかもパブリックな自社広告媒体で紹介する、商売上手ですね。この地図を見て観光をする人が多いのであれば、新大久保の実権をにぎっているも同然です。新大久保スタンダードは巨山にあり、ということでしょうか?



これを書いていて感じたことは、新大久保は「メディアツーリズム」だけでなく、他のサブゼミでも違った観点でFWを行えるということです。それゆえにあちこちに飛んでまとまりのない文章になってしまいました。
とにかく、テーマを変えて訪れれば色々な発見がある、興味深い場所です。

私は広告媒体に関心を持ちましたが、韓国好きな後輩たちは新大久保に何を見たのでしょうか。
続くブログに期待です。

4年 宮内
posted by 09みやうち at 10:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

富士登山決戦前夜


土砂降りのスコールが窓をたたく。
明日の天気を心配しながらブルーライトを浴びる。

明日は富士登山である。
7時に新宿駅に集合。2年は初登山であり、多くの者が先輩方に装備を借りた。
皆が不安と期待を胸に抱えている。

それにしても激しい雨である。
九州は経験したことのない豪雨らしい。

先日登ったTみきの報告によると凍える寒さであった。
バックパックがパンパンになってしまった。

拓は我が家に泊まり、すでに就寝。
彼の意気込みはこうだ。「富士山登頂してみせます。そしてゼミ仲間とより深い絆を。」



舛谷ゼミで富士山登ると言うと、たいてい「なんで?」と返ってくる。
「ウチには外国人から見た観光地というテーマで研究してるサブゼミがあるんだ。けれど、自分たちは日本のシンボルとしての富士山知らないよね?だからいわばこれは日本の観光事業を深く理解するためのFWなんだ。」こう答える。

はたしてそんな余裕があるのだろうか。
薄い酸素、0度を下回る気温、2日がかりの強行軍。
しかし、我々は観光立国を目指している日本、そこの「観光学部」の名を冠した大学生だ。
富士山くらい制覇しなければならない。

じゃあいつやるの?今でしょ。


2年小野田
posted by masutanis at 01:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

マレーシアホームステイ

拓です!
今回はマレーシアホームステイの報告したいと思います!o(^-^)o
僕の受け入れた生徒はワヒュー君、国際政策を専門とする超優秀なインドネシア出身の男の子でした。

ホームステイ初日美紀と江口、かいくんというナゲッツメンバーの中に混じりお台場へ、昼食は百円じゃないじゃない回転寿司、値段を気にしながら寿司を食べるのは初めてでなんだかつかれてしまいました( ̄∇ ̄)

ワヒューは他のマレーの生徒があまり日本の食事に手を出さないのに対し、結構よく食べていました!

昼食後、プリクラを撮り、トヨタのショーケースを見て回ったあとお台場商店街へ。お化け屋敷に入ることになり苦手な僕は終始戦慄(ToT)/~~~
ワヒューはとても楽しそうだったのでよかった。
その後通りすがりの猿回し芸人の芸を見て、お台場海浜公園へ。
レインボーブリッジなど有名なスポットを解説。

東京タワーへ向かいましたが、夜景を見せたかったので浜松町のポケセンヘ。ポケセンの前にはポケモントレーナー達が白熱したポケモンバトルを繰り広げており、ワヒュー達はこの光景に興味を持っていました。
その後エクセルシオールでティータイム、学部選びの理由だとか、将来の夢、人生観だとかなんかとてもインテレスティングな感じなトークをしました。
夜になり東京タワーへ!
とりあえず夜景やばかったっす、わひゅー達も喜んでました。
七夕フェアだったのでみんなで短冊に願い事。夕飯はそばでした、マレーの生徒はわひゅーだけ食べてました。

9時半ごろ解散しましたがいかんせん家遠い…(笑)
帰宅は11時頃となってしまいました( ̄∇ ̄)
んで家族とちょっと話して就寝、わひゅーはまだその日お祈りをしてなかったようで就寝前にし始めましたが、既に日付またいでおり、敬虔さはほんとに人それぞれなのだと。こんなんでいいのかと(笑)

次の日は九時頃起床、近所のスーパーへ買い物へ行き、お菓子やインスタント食品を購入しました。
昼食をハラールレストランで美紀、江口ととるため銀座へ。若干値段は張ったものの、マレーシア観光庁が推薦しているだけありうまい!

その後銀座を軽く散策し、サクラホテルへ!

ハラールという未だかつてない文化に触れ、彼らの学習意欲に感動!
刺激的な一泊二日でした!o(^-^)o

posted by masutanis at 10:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

twitterの機能について

7/2(月)のICTのMTGにて
【非公式RTやミュートなど、一部のアプリでは使える機能がなぜ公式twitterには追加されないのか】
という疑問を出したところ皆さんご存知なかったので、自己責任でtwitter japanの広報に問い合わせてみました。

あっという間に長文でお返事がきました。

以下に一部抜粋いたします。

************************
インターネットは国境がなく、いろいろな国の人や情報と繋がれるところに、そのすばらしさがあると考えています。
そんな中、Twitterのゴールは、世界中の方々が、それぞれの方が大切だと思う人や情報との距離を近づけたいというものです。
ということは、文化や言葉、生活環境の違う世界中の方々が、使えるものをつくることが大切になります。

例えば、目の前にコーヒーカップがあったとします。たぶん、ほとんどの国の方は、それがどんなことに使うものなのかを簡単に想像することができると思います。
コーヒーカップに持ち手が2つあったとしましょう。それでも、たいていの方々は「両手で持って使うのかな?」と考え、問題なく使えると思います。
もし持ち手が3つあったらどうでしょう。たぶん、どうやって使おうかちょっと悩むと思います。Twitterでは、この悩みが出ると、そのプロダクトはすでに失敗だと考えています。

世界中の誰もが考える必要なく使えるものをつくりたい、というのがTwitterの考え方です。現在、世界中に1000人いる社員のうちの半分はエンジニアなので、当然、いろいろな機能のアイデアがあがってきます。そんな中、その機能をつけることは3つ目の持ち手にならないだろうか、と話し合い、躊躇があるものはとりやめます。

また、非公式RTについては、あえて使えなくしています。その理由は特に下の2つにあります。:
1: 誰かのツイートはその人の権利のもとにあるので、そこに加工することはよくない。
2: ツイートをみている人が、オリジナルのツイートがいつ出されたものなのかがわかる必要がある。非公式RTだと、コメントが追加された時に新しいツイートになってしまうので、もとの情報が古いのか、新しいのかがわからなくなる。

例えば、「ランチがおいしかった」というツイートのもとの時間がわからなくなっても、あまり問題になることはないかもしれませんが(それでも、今日のランチか、昨日のランチか、先月のランチかがわからないということになりますけど)、これが昨年の震災のような時だともっと大きな問題になりかねません。「〇〇ホテルは帰宅難民を受け入れています」という情報が何時に出されたものなのかがわからなくなってしまうと、ホテルに行ってみても「受け入れはもう3時間前に終わりました。すでにいっぱいなのでもう受け入れられません」ということだってあるかもしれません。また、公式のRTを使われると、自分が出されたツイートを削除されたい時にも便利です。間違った情報や古い情報を削除したい場合、公式RTだと、自分がそのツイートを削除すれば、RTされたツイートもすべて削除されます。非公式RTだと、自分がツイートを削除しても、間違って書いてしまった情報はインターネットに広がってしまうかもしれません。Twitterは、オリジナルのツイートの作者の権利を守るためと、それを見る他の方々に正しい情報を提供できるようしたいために、非公式RTを提供していません。

世界中のユーザーの皆さんから、いろいろなご要望を頂戴しています。
当然、ユーザーさんが使いやすいものをつくりたいので、皆さんからの声にはすべて目を通し、エンジニアたちにも必ず届くようにしています。
ただ、皆さんからのリクエストすべてを入れることが、世界のユーザーの方々にベストなサービスになるかどうかはわからないので、ひとつひとつ吟味しています。

************************


なるほど、大満足のお答えですね!


高野でした。
posted by 11たかの at 19:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ICT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

日アジFW 

ちわっす! 二年のかっちゃんですw

日アジのFWは6月17日でした 今更すぎます すいません



従軍慰安婦記念館、平和記念資料館、思い出横丁に行ってきました


従軍慰安婦記念館では日本軍がめっちゃディスられていました
日本を加害者として扱っています。
被害者の生の声を展示しています。個人の思い考えを前面におしだしていたように思います。
僕個人的には日本軍を風刺した桜の絵がなんか「来る」ものがありました。「絵」で戦争を伝えることもできるんですね。うまく言葉にできないものが伝わってきました。

先輩とセンセがパソ子を解体してて笑ってまいましたわww


平和祈念資料館は逆に日本を被害者として展示。
国が運営しているだけあって内容も充実(別に慰安婦館がしょっぱいと言ってるわけだはないですよ!)。
戦争という時代に生きた人の悲しさがひしひしと伝わってきました。
なんなんでしょうね。人は「敵」に対してこんなにも冷たくなれるんですね。(シベリア抑留の話)
慰安婦館は自分の性欲を満たすために、平和館では相手国を憎み、悲惨なことをする。


思い出横丁では羊を食らいました。
ビールを飲みました。
田酒を飲み交わしました。

さらにあれは東口かな?日比谷バーの店に行きILAをNOMIMASITA。


おのだはものを話すとき、語尾がふにゃふにゃなって聞き取れないらしいです。
言われてみれば、、、ただ言われるまで気づかんかったよ。。。




今回のことでわれわれが得るべき教訓は
ゼミブログは早めに更新するべきということだ。




あなたのこころの噴水広場、おのだがお送りしました。
posted by masutanis at 15:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋入学とグローバルスタンダード

4年えんけいです(’∀,)

サブゼミのグローバルスタンダードに関連して思いついた事があるため、
せっかくなのでゼミブログに記してみようと思います。


2011年の7月に東京大学が「2015年までに秋入学への移行」を発表し、大学内はもちろんTVニュース等でも話題となり一時期の社会問題となりました。

その時はさほど意識もせず、「桜=祝福のイメージが崩れてしまう」などの適当な理由でなんとなく反対だったのですが、今現在就職活動を経験して俺は非常に『秋入学』という制度に賛成の念を抱くようになりました。


その大きな理由2点を以下に述べたいと思います。


@大学生活の後半がやはり就活になりすぎてしまっている、勉強できない

大学3年次の12月から就職活動という規定。これがあるだけで少なくとも3年次の後期と4年次の前期は大学生活でなく実質就職活動の期間となってしまっています。
自分もそのような学生だけれど、大学が就職予備校のように実感としてなってしまっていました。
もちろん個人的な問題もあるのですが、結果『大学での勉強』が軌道に乗る前に就職活動をする必要が出てきてしまう。
(その流れに乗らないと俗に言う”良い就職先”への門戸も閉ざされてしまいがち)

自分への戒めでもあるのですが、
大学1年…受験お疲れ、大学生活めっちゃ楽しもう(‘∀,)
大学2年~3年前期…大学生
大学3年後期~大学4年前期(?)…就職活動
それ以降…就活お疲れ、間もなく卒論
よく言われる事ですが、実感として私もこのような大学生です。
そしてこの”大学生”の時間はやはり短い。そう考えています。


秋入学制度の導入で、
例えば1年生の遊びたい欲のある程度の解消(?)、
そして例えば大学時代の就職活動は全面的に禁止され、秋の卒業後に卒業証書を片手に春までに就職活動を行う。
大学時代は、勉強を行う。そんな日本の,世界の、”大学”の常識。
そういった環境が秋入学によりもたらされるのではないかと考えています。
(あくまで空想であり、現に3年次の12月以前より就活が行われているため難しいとも思うのですが…)

これは、マラヤ大生との交流のなかで気付かせてもらったものです。
彼らの勉強の忙しさを見て、「やはり日本の大学生は勉強をしなさすぎる、国際的な地位もこれでは低下してしまう。」そう強く実感しました。
自身が大学生であるなかで耳が痛い話でもありますが、これからの日本を考えたうえでも大事なことではないかと考えました。


A”ギャップイヤー”という新常識の導入
「日本は卒業後すぐ新卒として働かないと社会的に認められない。」
「高校→大学→就職というレールから外れられない。外れにくい。」
大学で、学生間でこういった話を多く耳にしました。

・高校卒業(浪人終了?)の春から、秋の大学入学まで。
・大学卒業の秋から、春の新たな節目まで。

大学における秋入学の制度が導入される事で、この2つのギャップイヤーが”常識”として産まれます。
後者が就職活動の期間になるにせよどうあれ、前者ではこれまでとは違った環境での生活ができる。今までバイトをしてこなかった人は初めてのバイトで社会経験を積み、海外旅行に憧れていた人は長期でそれを満喫する事ができる。
これは現に学生が求めている事でもあり、それを秋入学は可能にするのではないかと思っています。
多くの様々に異なる社会経験を持った学生が集まったほうが、大学としても”面白い。”



秋入学は、より大学生活を充実したものとする可能性を大いに秘めており、そして同時にそれは現在のグローバルスタンダードともなっています。
結局、「だからなんだ?」という話となってしまいましたが、1つの意見として書かせて頂きました。
読んで頂き、ありがとうございました。

4年 遠藤
posted by 09えんどう at 04:17| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

ホームステイ 6/30-7/1

マレーシアのマラヤ大学の学生がホームステイにやってきました。
私のパートナーはHazuliza、通称Liza
テコンドー10年、空手2年の経験者で、大学ではボート競技と警察のボランティアをしている
とってもタフだけど、ドラえもんを愛して止まない女の子♪
こんな魅力的な彼女とのホームステイについて紹介します!
旅程は、6月30日
  ・両国国技館
  ・旧安田庭園(日本庭園)
お昼は吉葉という店の中に土俵がある両国ならではのお店でランチ。新鮮な魚とちゃんぽんが有名なお店。私は海鮮丼、Lizaは焼き魚定食をセレクト。
   ・浅草の浅草寺
念願であったドラえもんの好物ドラ焼きを初めて食べてうれしそうでした。吾妻橋の近くにあるアサヒビールの建物の上のオブジェに興味深々でした
    ・押上のスカイツリー
ソラマチをウィンドーショッピング。外国人には興味深いと思われた食品サンプルのお店にはあまり関心は持たず、アニメグッズコーナーに強い関心。特にドラえもんとクレヨンしんちゃん!

1日中歩き回って、私の住んでいる千葉県印西市へ!(成田市の隣の田舎です)
夜ご飯は、母の手料理のちらし寿司、お味噌汁、天ぷら、煮物。
ご飯後はYoutubeとFaceBookを使ってマラヤ大での生活を紹介してもらい、またマレーシアの伝統的な民族ごとのお祭りを動画を見せながら解説してくれました。あとは、AKB48などのアイドル、演歌、イケメンを教えてました。

次の日は ・千葉県立房総の村
     ・回転寿司 生魚はあまり食べませんでした
     ・100円ショップ お土産探し
朝ご飯はお茶漬けを食べ、体験博物館房総の村で江戸の街並みを見て、甲冑を着て武将に成りきりました。Lizaは最高にいい笑顔を見せてくれました。まわりの人から歓声があがるほどLizaは強そうでした。ちなみに本物の甲冑は20キロあるが今回はレプリカで10キロ。

今回のホームステイを通して感じたことは、まずイスラム教についての見方が変わったということ。もう一つは互いの国の違いや共通点などの話合いがとても刺激的であったということ。もっとマレーシアのことを知りたいと思ったし、もっと勉強しなきゃと啓発されました。
今回のホームステイは沢山学ぶことがあり本当に良い経験でした。


2年 堀越優希



posted by 11ほりこし at 02:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

6/30-7/1 マラヤ大生えんけい宅ホームステイ(完成)


俺たちのホームステイ活動とその感想を報告したいと思います('∀,)

252741_4263808797065_650704959_n.jpg
出発!

securedownloadaa.jpg
古民家風の和を感じられる新座で蕎麦うどんを食べ

557814_317923448297508_2043973679_n.jpg
川越へ

548763_317925004964019_619106665_n.jpg
茅の輪くぐり等の文化に大喜び

180261_317927804963739_834215294_n.jpg
そして渋谷へ
江梨子バイトお疲れ様、もちろんマラヤ大生はスプライトです
晩飯は天丼チェーンの"てんや"でした

この後クラブ街やラブホテル街を散策します(画像なし)


終電で志木に帰り、テレビでテニス観戦をしたりして3時ころ寝ました

391550_317928024963717_1927461017_n.jpg
起床。(11時…)

ロッテリアでエビバーガーに感動した後、
「東京の有名な場所の写真が撮りたい」とのことで、

531667_317929281630258_348230840_n.jpg
後楽園



599440_317932118296641_1341109911_n.jpg
銀座

に行き、16:30頃にさくらホテルに戻りました。
562684_317932618296591_1236392153_n.jpg
以上が俺たちの旅程です。

このホームステイを終えての気付きを自分なりに箇条書きで述べます。
俺はホームステイ受け入れも3年目であり、面白い比較もできました。


・『どれだけお金を使えるか』が、やはりとにかく大事。
毎年の事ですが、何をするにも「高い?」から始まってしまうのは当然の事でありながらも残念もあります。
ただ、今年のメンバーは例年に比べ金銭的に余裕があり一緒に渋谷で服を選んでいるときなどはすごく「嬉しいな」と思いました。

・どうしても疲れてしまいがち
学生という立場上、仕方ないものであり貴重な体験でもあると思うのですが…
あまりにもjalanjalanが多くなってしまった事が反省点でもあります。
自身の2年次の上海合宿の反省でもあるのですが、学ぶにも楽しむにもまず元気で意欲的に学べる環境というのは大切であると考えているので今後の課題としても考えてみたいところです。
欲を言えばレンタカーでも借りてドライブに連れて行ってあげたかった…!

・日本ではメジャーである"飲酒"ができないなかで、どう過ごすか
2年次はワールドカップの観戦を、
3年次はボーリングを、
今年は渋谷周辺の観光をしました。
お酒がなくても楽しめるというのは大切なことですが、日本は飲食店を見てもお酒の重要性は大きいと思いました。

・やっぱり"THE 日本"が好き
「どこに行きたいか?」
こう尋ねた時、ほとんどは「任せる」との回答でした。(それはそれで困ったのですが)
でも結局は、「日本らしい観光がしたい」とのことで、古江戸の川越や、渋谷の繁華街,和風の飲食店などいわゆるコテコテの観光をして楽しみました。
これは典型的な観光形態でもあるし観光学部としてはぜひ考えたいものであると思っています。

・自分が観光客だったら、何を求めるか。
自身ブルネイにホームステイをした際、一般に知られていない海岸のデートスポットや現地の人しか知らないような闇市に連れていってもらった事を本当にありがたく思っています。
だからこそ今回もある意味で"ややアングラ"な環境、つまり渋谷の裏路地等を回ったのは自分としては良い経験をプレゼントできたかなと思っています。
「彼女に悪く思われたくないない」という理由でシャッターを押さなかったNandaの心意気に感動でした。

以上です。
他の人の感想もぜひ聞きたいです('∀,)
4年 遠藤
posted by 09えんどう at 04:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

日アジFW

皆さん、こんにちは。



4女のさゆりです。



6月17日の(日)に、日アジFWで



「従軍慰安婦記念館」

「平和祈念資料館」@新宿住友ビル

「思い出横丁」

に行って参りました。



私は平和祈念展示館からの参加でしたが、非常に有意義なFWだったと思います。

新宿の住友ビルの48階に併設されているこの資料館。現代的なビルの一角にこのよう
な戦時中の様子を知ることの出来る場所があるということをどれくらいの人が知って
いるのでしょうか。

この日私たちが訪れた平和祈念資料館は国が運営しているものでした。

戦争を取り上げた資料館の特徴として、民間団体が運営しているものと、国が運営し
ているものとで捉え方が異なっています。

@民間団体が運営している場合→日本人を「加害者」として展示

A国が運営している場合→日本人を「被害者」として展示



しているという点です。その他にも、民間団体が運営している資料館は、戦争の悲惨
さや国民がどれだけ辛い思いをしたかなどの、個人的感情が入っているのに対して、
国が運営しているものについては、戦争の悲惨さや被害にスポットを当てているとい
うよりは、戦争の状況説明が多いように感じました。



平和祈念資料館を後にした私たちは、新宿西口にある思い出横丁に向かいました。

思い出横丁は幅1m長さ50mくらいの本当に狭くて短い路地です。

左右には焼き鳥屋やラーメン屋など80店のお店が軒を連ねている中、私たちは「鳥
園」というお店をチョイス!

初めてジンギスカンを食べましたが、それほど臭みもなく、美味しかったです。

未成年のミキティはもちろんソフトドリンクで乾杯!

思い出横丁はビルが建ち並ぶ新宿という都会から古き良き時代にタイムスリップした
ような感覚に襲われます。

新宿にあんなところがあるなんて知らなかったなぁ〜〜



その後、日比谷barにてその日のおすすめデザートを頂きました。

とっても美味しくてペロリ。



2年生と別れて先生としおちかと私の3人は3軒目にハシゴ!

名前は忘れましたが、良い感じのお店に入り、しっぽり飲み♪



先生はテンションが高くて終始、あたしの悪口。



・ふむろのカバンには鉄アレイが入っている

・ふむろの前を歩くと蹴られる

・誰かふむろに腕相撲で勝てる奴いないの?

・屋形船では終始ふむろにもんじゃを焼かされていたため、火傷をした



などなど。





うん、先生あたしのこと大好きだな。





以上、久しぶりのゼミブログ、文室がお送り致しました。
posted by masutanis at 14:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。