2011年10月04日

ゼミ合宿@シンガポール・マレーシア

9月12日から9月17日まで、ゼミ海外合宿ということでシンガポール・マレーシア(ペナン)に行ってきました。

この6日間はいろいろなことがあり、非常に濃い日々でした。
その中でわたしは今回"ホームステイ"に特化したいと思います。

もしかしたらもっと学問的なことを書かなくてはいけないのかもしれませんが、それはぼくよりもっと優秀なほかの人たちに任せたいと思います。笑

私がこの海外合宿で強く印象に残ったのは、マレーシアでのホームステイです。ぼくら男4人は同じ家だったのですが、そこには子供がたくさんいて、さらに近所の子供たちもたくさんきて一緒に遊ぶことができました。

また、近くの小学校では子供たちがサッカーをしていたので、そこに交じってぼくらも一緒にサッカーをしました。

マレーシアの子供たちはまだ英語が喋れないので、ぼくらとの会話はできませんでした。しかし、一緒に(サッカーを)プレーしていれば、心なんて通じ合えるし、仲良くなれる。

別に言葉なんて重要ではないんだなと思いました。
それと同時にサッカーの力ってすごいんだなと、改めて実感しました。

それに感じたのが、向こうの子供たちの目は輝いているな!
ということです。マレーシアの子供たちはぼくら日本人みたいに良質なサッカーボールを持っているわけではないし、裕福なわけではないのに、彼らはすごく生き生きしていた。

このような光景を目の当たりにしてしまうと、本当に(経済的に)豊かであるということが幸せなのか?と考えさせられてしまう。

日本は経済的にほかの国へ積極的に支援をしているが、それは一部では自己満に過ぎないかもしれない。

そうゆう私も将来、途上国への支援などしたいと考えている。
だから今回の合宿で感じたことも参考にこれからそれらについて勉強していかなければいけないと感じた。

うまくまとまらなかったのは勘弁してください!笑


佐藤陽俊
posted by 10さとう at 13:09| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

海外合宿

9/12〜17に舛谷ゼミ2年でシンガポールとマレーシアへ海外合宿へ行って来ました。

シンガポールへは夜中に到着し、次の日は8時頃から活動。
以前からわかっていたことではありますが、舛谷ゼミは本当にアクティブ!この合宿を通して私は常に眠い状態でした。移動中はほとんど寝ていた気がします。笑

シンガポールではシンガポール国立大学の人達との交流や、ナイトサファリなどに行きました。
シンガポール国立大学の人達は皆日本語が上手で会話は全て日本語。さすが世界大学ランキングで東大以上の順位を獲得している大学だなぁと思いました。
私の交流した女子の学生さんは日本の芸能人が好きだそうで、嵐や徳井さんなど日本の芸能人についてよく知っていました。
帰国してから彼女のTwitterを見てみると嵐について日本語でたくさんツイートしていて、やはり楽しんで学習していると上達するものなのかなと思いました。

夜はナイトサファリに行き、帰りのバスがなくなる時間にホテルへ帰り、部屋の皆と話す暇もなく即爆睡でした。笑

そして次の日はair asiaでペナンへ。
air asiaは想像していたよりずっと綺麗でした。座席は革張りのようになっていて普通の航空会社の飛行機より良いなとさえ思いました。
しかし、運転が荒い!笑
急激に上昇して急激に下降したように感じたし、機体も大分揺れました。

空港に着くとそのままホームステイ先に直行。私にとってホームステイは始めての体験だったので、着くまではとても緊張していました。
私のステイ先は比較的裕福な家庭だったので、シャワーもトイレットペーパーもありましたが、水シャワーには参りました。
水シャワーの後に扇風機をドライヤー代わりに使っていたら案の定風邪を引き、日本がとても恋しくなりました。笑
また、私のステイ先には9歳の男の子がおり、彼のおかげでホームステイがとても楽しいものになりました。
自分より年下の子供がいることによって気を遣うことなくコミュニケーションを取れる機会が増えたように感じます。
ホームステイはたった2日間だけだったけど、とても濃い時間を過ごせました。
今回のステイで特に感じたのは日本でも、イスラム教圏の国でも子供は同じだなということ。
カメラを向けると変な顔をしてみたり、女の子をからかってみたり。
日本の男の子と同じですよね。
それが育っていく中で周りの環境に染まっていってその国の国民性などが築かれるのかなと思いました。

ホームステイを終えてみて、また違う文化圏の国の人とも生活してみたいなと思いました。

そして最終日はチャンギ空港でオール。
やっぱり広かったチャンギ空港。
ターミナル同士をつなぐ電車がない深夜にターミナル間を歩いて移動するのは非常に疲れました。笑

海外合宿を終えて思うのはもっともっと他の国の文化に触れてみたいということ。
舛谷ゼミでは他では出来ない経験をする機会がたくさんあるので、それを有効に活用したいなと思います。

あと、ゼミの皆で過ごした6日間はとっっても楽しかったーーー
早くまた皆で合宿に行きたいです!

檀谷
posted by masutanis at 11:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。