2011年09月29日

旧海峡植民地合宿2011 〜世界遺産 ペナン・ジョージタウン〜

わたしたち2010年度での初の海外合宿地は
イギリスの海峡植民地であったシンガポールとマレーシアのペナン島でした。

それぞれの地でさまざまな体験をし
楽しかったり辛かったりといろいろな想い出ができた訳です、が。
全体的な様子は他のみなさんが書いてくれているので
ペナンのジョージタウン内にあるPENANG HERITAGE TRUSTでの
お話を聞いて思ったことを少し、書こうかなと思います。

ペナンを発つ、実質的に最終日の16日は、
Cheong Fatt Tze Mansionの見学から始まりました。
ガイドの人が英語で説明してくれていたのだけども
自分の英語力のなさ故に9.5割ほど何を言っているのかわからず。

非常に残念…。

途中、先生に何度かたずねたりして少しは理解できた部分もあったけど。
とりあえずインディゴブルーに塗られた壁がとてもキレイでした。

それから炎天下のなか日差しを気にしつつも汗だくになりながら
ジョージタウン内を先生について歩き回り、お土産屋にも寄ったりしながら
PENANG HERITAGE TRUSTへ行き、お話をきくことに。

わたしはもともと“世界遺産”に関して、
検定を受けていたり個人のテーマにしていたこともあり、とても興味がありました。
ジョージタウンに関してはほぼ何も知らなかったけれど夢中で話に聞き入り、
どういった基準で登録されているのか、まちなみの特徴、問題点などを知ることができました。

多文化・多民族によって築かれた社会、ゆえに
ジョージタウンの建物はそれぞれの民族によってさまざまなちがいが見うけられ
それらは見事に多文化を象徴しているのです。

またその外観をめぐっての国との対立や景観問題についても考えさせられました。

そのなかでも、わたしが一番関心をもったのは
“生きている世界遺産(living heritage)”という概念です。

世界遺産はただ観光客を集客するためだけのものではなく、
それらは時にその地で暮らす住民の歴史として彼らのアイデンティティーにもなり得るものであるため、
世界遺産と共に居住する人々の生活面への考慮がジョージタウンの保護や修復の背景にあるよう。

またそれと似ているようでもありますが女性や子供、障害者にとっても
より住みやすい街にしていこうという社会福祉の運動もあるというようなことを言っていた気がします。

このように世界遺産をただ重要な文化財としてだけではなく、
その歴史を大事にしながら今現在暮らしている人々を巻き込んで保存していくという考え方は
いままで思いついたことがなかったので、すごく感銘をうけました。


お話を聞き終わったあとの帰り道は来たときよりもいろいろなことに気づき、
宗教や民族や植民などさまざまな事象が絡みあっていることを
ジョージタウンを歩き自分の目で確かめることによって理解することができました。

ゼミ合宿を通してこのような貴重な体験をすることができ、うれしく思います。


2年 結城華奈江
posted by masutanis at 14:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポール・マレーシア 海外合宿

舛谷ゼミ、初の海外合宿はとても充実していました!
アジアに旅するのは私自身初。
行く前はとにかく食べ物が心配で心配で、マレーシアとかあまり知らなかったので、どんな食べ物が出てくるのかドキドキでした。
シンガポール出る前に非常食としてパンなんて買ってみたり。

ところが。

全然おいしい。
ホームステイ先ではおいしい家庭料理をちょうど良い量出してくださって。
トムヤムクン、おいしい。
どこか偏見を持っていた自分、反省しました。

海外合宿、色々ありすぎて書ききれないのでホームステイ先について書きます。

私は育たんと一緒にイスラム教徒のAni家へ。

イスラム教のお家にホームステイするなんて、舛谷ゼミじゃなかったら、ありえないですよね。
異文化すぎて、驚きと困惑の連発。w
お風呂はお水で入る。
必ずお風呂で歯を磨く。
朝と夜、2回はシャワー浴びる。
お風呂行くまでに、部屋で全部脱いでから、タオルなど巻いてお風呂へ行く。
お風呂の中には必ず虫さんがいらっしゃる。
トイレには紙が無い。
食事は家族と一緒に食べない。育と二人。
カレーは手で食べる。
食べたあとは口を洗う。 etc
異文化の中で暮らすってすごく気をつかいますね。

1日目、家族はすごく良い人でしたが、生活に順応できず結構つらかったです…
英語もなぜか通じなかったり。
でも馬に乗せてくれたり、海岸案内してくれたり、ナイトマーケット連れて行ってくれたりともてなして頂きました☆
馬にのれたことは本当にハッピーです。

2日目の朝、ゼミのみんなと再会したときは嬉しくて嬉しくて。w
みんなマシンガントーク。
シャングリラみたときは、トイレとお風呂がうらやましくて、同じ市内でもここまで違うのかと思いました。
トイレ一つだけでもホームステイ先に持って帰りたかったところです、本当に。

でも家に帰ってから気づいたのは、1日しか生活していないのに意外とマレーシアに慣れていたこと。
人の順応性ってすごいと思いました。
トイレの紙がないことには我慢出来ずに、コンビに?で育と調達してしまいましたがw


日本出発する前は不安しかなかったマレーシアでしたが、2日過ごしただけでも自分が成長できた気がします。
一皮向けた感じです。

実質13〜16日の4日間の行程は、本当に怒涛で疲れ果てましたが、異文化に触れ、シンガポール期間も含めここには書ききれないほどの貴重な体験をさせて頂きありがたかったです。

学生との学生交流や、ホームステイで何より感じたことは、旅行(旅)の醍醐味は人との出会いですね!!
これからface book頑張って、今回の出会いを大切にしていきたいです。
貴重な体験、ありがとうございました!

塩脇千佳
posted by masutanis at 09:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

ゼミ海外合宿inシンガポール&マレーシア

初の海外合宿にいってきました!
とてもいい経験になりました!

シンガポールでは、シンガポール大学の人たちと交流し、各グループに分かれて街歩きをし、ナイトサファリにいき、博物館やホテル見学をしました。
大学交流ではみなさん日本語がうまいうまい!
英語の心配なんて全くいらず‥
また、念願のマーライオンをみることができて感動!
先生にハードル下げられてむしろかなり感動しました(笑)
ナイトサファリは初めてだったので好奇心でいっぱいでした。
全体的に、シンガポールは小さいながらも国民が多く、街がきれいで、近代的な印象を受けました。
また、特に思ったのが、本当に多国籍文化なんだということです。
様々な文化の人々が混在し、このシンガポールは成り立っているのだと感じました。
英語、マレー語、中国語を喋れるなんてすごいと思いました。
それを日常的に遣っているなんて尚更‥
シンガポールは観光というより商業の国だと思いました。


マレーシアには格安航空を使い往復。
いやー怖かったですね、あれ。
ガタガタするしやはり構造や作りは普通の飛行機より安い作りだと感じました。
マレーシアでは2日間のホームステイ、大学交流、ホテル見学をしました。
私は初めてのホームステイでとても楽しみでした!
都市から離れ村でのホームステイ、驚きの経験ばかりでした。
私のいた家のおばあちゃんは英語すら通じず、もはやジェスチャーも危うい(笑)
しかし心は通じました♪
お別れの日は泣いてくれて、私ももらい泣きしそうでした。
たった2日間だけだったけど、本当に心に残る思い出となりました。
また、人間の適応能力の高さも感じました。
文化や生活様式は違えど、同じ人間、なるようになるんだなと思いました(笑)
本当、人々の暖かさを知り、たくさん交流もでき、とても充実した滞在だったと思います。

こんな、普通なら絶対できない、というよりしない、貴重な体験をたくさんできるのは、舛谷ゼミならではだと思います。
舛谷ゼミに入れて良かったと心から思いました!

まだまだ色々な経験をしていきたいです♪
実に充実した海外合宿でした。


斎藤夕彌子
posted by masutanis at 12:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外合宿*シンガポール.ペナン!

9/12ー17で、舛谷ゼミ2年初の海外合宿に行ってきました!!

まず、予定がwebに載っているとはいえ詳細がほとんどわからないまま弾丸の旅でした。
シンガポールに夜中に到着、午前4時頃就寝し朝から1日歩き回った上にナイトサファリでの先生失踪事件(笑)
次の日も容赦なく朝から活動、とにかく1日でシンガポールを満喫しました♪

世界3大がっかり、とかなりハードルを下げていったのでマーライオンには感動、チャイムで皆で食べたタイ食ディナーは素敵なひとときでした。

エアアジアでマレーシア/ペナン島へ、初の格安航空にドキドキでしたが、実際全く問題なかったです。
ただ機体も小さく、普通の飛行機よりもやはりがたがたするので遊園地のアトラクションに乗っている感覚でしたが、私はそれはそれで楽しかったです!笑


ペナン島での生活がとにかく1番心に残っています。
村の人たちの暖かいお出迎えのあと、「ホームステイ」ということしか知らずに分かれたあとはまさかの体験の連続。
吊り橋を渡ると下にはワニ、手でカレーを食べたり、まさに世界ウルルン滞在記。笑

1日目はなかなかその生活に馴染めず、私たちきっと強くなるね、頑張ろう(笑)とか言っていたけど、2日目にはなんの抵抗もなくなっていました。
「適応したーー人間ってすごい。」とふぁるこんと感動。笑

ハウスマザーの朝ご飯、たくさんのモスキート(蚊)、海、みずきやしもと一緒にグランドマザーのチキンライスディナー、ナイトマーケット、レストランで伝統舞踊を踊る人たちに招待されセンターで踊ったこと(笑)
最後の別れ。たくさんの暖かい経験をしました。
舛谷ゼミに入っていなければ絶対にしなかったような貴重な体験ができ、いろいろなことを感じられてとてもよかったです。

そしてなにより、1週間皆と笑って泣いて?騒いで過ごしたことが楽しかったです★
早くまた合宿に行きたいね!!

浜武桃子
posted by masutanis at 10:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼミ合宿 in Singapore,Malaysia

9月12日から17日まで、海外ゼミ合宿を行いました。
最初の二日間はシンガポールへ。
予想以上にYMCAがきれいだったので初日はぐっすり眠れました。ただわたしたちの部屋は厨房からの匂いが上がってくるらしく、とてもくさかったです。
でも何回も出入りするごとに順応するまでの時間が短くなったような気がしました。

二日目はシンガポール大のひとたちと交流しました。
英語なんかしゃべれないよ〜とびびっていたのに、シンガポール大のひとたちはとても日本語がうまくて、英語なんかまったく使いませんでした。(拍子抜け)
でもやっぱりシンガポール人らしい部分がたくさん垣間見れて楽しかったです。
シンガポール大の人と結婚できたら玉の輿かな〜と期待してたけど、そんなロマンスは起こりませんでした。

その日はグループ活動したあとにみんなでナイトサファリに行き、ハードだけど楽しい1日を過ごしました。

次の日、AirAsiaでペナンへ。
本当に貴重な体験ができました!
ママもパパもとても素敵な方たちでした。いろんな覚悟はしてきたつもりだったけど、水シャワーはやはり辛かった。虫も辛かった。
でも、はじめてバイクの後ろに乗ったり(ノーヘルで)、いやになるほどタイ米食べたり、海に行ったり、みんなでジョンガしたり(ジェンガもした) 、楽しかったです!
まさか舞台で踊るとは思わなかったけど、それもまたいい思い出!
なによりも、マレー人の人柄にすごく惹かれました。海外に行く度に感じることだけど、日本人って堅いな〜とまた感じました。そういうわたしも日本人だけど。
でも堅いからこそ柔らかい印象のマレー人のいいところが分かったとも言えるのかもしれません。

ホームステイするまでは、イスラム教は自分たちと全く違う世界だと思ってたけど、宗教以外のことはわたしたちとかわりなく、同じ今を生きてるひとたちでした。

振り返れば色んなことを思い出すけど、ペナンのことはこの辺で終わるとします。

最終日はチャンギ空港で一夜を明かしました。
夜中にチキンライスを食べたり、お買い物したり、終始笑いっぱなしでした。
でも、チャンギ空港よ。
もう少し節電してもいいんではないだろうか。
寒かったよ。
最後には疲れからなのか食べ物にあたったのかいっぱい吐いて熱を出しました。
まっ。今となればいい思い出。

国内合宿のときも思ったけど、このゼミに入ってほんとよかったです!
もっともっといろんな体験をして、もっとみんなと仲良くなりたいと思いましたので、みなさま、よろしくおねがいします。

左奈田みづき
posted by masutanis at 09:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼミ合宿@シンガポール・ペナン



もともと行きたいと思っていたシンガポールに行けるとゆうことでずっと楽しみにしていた海外合宿


ほんとにほんとに楽しかったです!
色々と学ぶことも出来たし、何よりみんなとすごい仲良くなれたと思います(^ω^)


まずシンガポール
NSCの学生との交流は普通に日本語での交流。
あんなにペラペラに話せるとはほんとにびっくりでした
私の2外なんて挨拶ぐらいしか話せないのに…(笑)
日本のドラマやアニメや音楽が好きな人が多くてディスカッションは色々なお話が出来て楽しかった!
自分の国に少しでも興味を持ってくれてるのってすごく嬉しいことなんだなって思いました。


市内散策はカンポングラムだったけど、シンガポールを満喫したかったのでリトルインディアチームと一緒にリトルインディア行って、アラブストリート行って、マーライオンに会って歩き回りました!
アラブストリートは色々なお店があってすごく楽しかった!
マーライオンはがっかりする覚悟で行ったのに後ろのビルといい感じにマッチしてむしろ感動して満足でした!


次はペナン

取り合えずホームステイは面白かったです(笑)
私たちのお世話をしてくれるおばあちゃんは英語が通じなくてとてもとても大変でした。
マレー語で話されるので、最初は聞き返したりしてたけど途中からずっと笑って 頷いてました(笑)
でもほんとに私たちを心から歓迎してくれてるのが伝わってきて、お別れの時には泣いてくれて、言葉が通じなくても心で通じることができることを学びました!(笑)

あともうひとつ大変だったのがご飯。
夕飯は6時と8時と12時の3回。
しかも英語が通じなくてお腹いっぱいとゆうことを伝えられなくて苦しみながら食べました。
あとほとんど毎回のおかずがおばあちゃんが釣ってきた魚で、しばらくは魚を食べたくないぐらい食べました。(笑)

それと手を使って食べるとゆう貴重な体験が出来ました!
釣った魚と育てた野菜の食事を手で食べるとゆうタイムスリップしたかのような貴重な体験が出来たのはこの合宿のおかげだと思います!


普通の旅行では絶対出来ない体験がたくさん出来た合宿だったと思います!

シンガポールは町が整備されていて観光を視野に入れているんだなあと感じました。
ペナンは…とゆう感じでした。
でも最初は虫から逃げていたのに気づいたら手に乗ってても動じなくなってました。
人間の適応能力てすごいですね(笑)

ほんとに充実した合宿だったと思います!


森脇 晴菜
posted by masutanis at 09:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外合宿

今回の海外合宿ではシンガポール・マレーシアに行ってきました。


シンガポールは日本の東京のように、とても都会だったので驚きました。

NUSでの学生交流では、日本語を学ぶ学生たちとディスカッション。本当に日本語が上手でした。

女の子はアイドルグループの嵐が大好きで日本語を勉強していると言っていました。AKB48が大好きな方もいて…他の国の言語を学ぶ上で、そのようなアイドルの影響力はすごいものなんだなと思いました。

市内散策ではシンガポール河へ。
マーライオンもしっかり見て、ベストショットも撮れました。

夜はナイトサファリに行ったのですが、驚きの連続!
先生失踪事件(笑)のあとはものすごい間近で熊やライオンを見たり…あんなに近くて柵も何もないのにどうして平気なのか未だに謎です! 絶対に誰か食べられているのではないか…!

今回初めて格安航空エアアジアに乗ったのですが、機内も十分広く、過ごしやすかったです。航空業界のことはまだまだ勉強不足すぎるので、これから色々学んでいきたいと思いました。


マレーシアではペナンにてホームステイ。
空港から村に移動するバスでは不安すぎました(笑)
が、ホストの方々が暖かく迎えてくださって安心しました。



マレーシア料理はとても美味しかったです! カレー系の辛いものが多くて食べやすかったです。

ドリアン…(笑)
初めて食べましたが美味しいと思いました。笑


シャングリラはとっても綺麗で、日本人の方のお話も聞くことができて勉強になりました。ああいう女性はすごく格好良い!

2日目になると、水シャワーやペーパーのないトイレ、大きな虫など色々なことに慣れてきて、人間の適応能力はすごいなと思いました。笑


今回私がステイさせていただいたお宅のAzizさんはホームステイをビジネスとしてやっている方で、今までも様々な国のたくさんの学生たちを受け入れてきていて、写真も色々と見せて頂きました。ホームステイがビジネスとして成り立つということに驚きを感じ、今回たまたま代表の方にお話も少し伺うこともできてラッキーだったなと思います。


今回のホームステイで私が学んだことは、異文化をいかに広い視野を持って受け入れられるかということはとても重要である、ということでした。
上手く説明できないけれども(>_<)

そしてやはり英語はコミュニケーションをとる上で必要不可欠なものだと改めて思いました。


今回の合宿では『初』のことがものすごーくいっぱいあって、舛谷ゼミに入っていなかったら絶対にできないような経験ができてとても良かったし、これからのゼミの海外渡航もきっとそうなんだなと思って今から楽しみです。


異文化を存分に学ぶことができた合宿でした(^^)



江原由莉
posted by masutanis at 06:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外ゼミ合宿inシンガポール&マレーシア

まず単刀直入に感想を一言でいうなら疲れました!!

6日間終始しゃべりっぱなしでみんなにはうざがられたかもしれませんー笑
とくに先生がいなくなったナイトサファリではテンションが高すぎておかしくなってました。
でもこの6日間のなかで確実にゼミのみんなと仲良くなったし心を開いてくれた人も多かったんじゃないかな?笑


一番印象に残っているのはやっぱりシンガポールでの2日目の午後の見学です!
当初、みくとゆうすけと3人で官庁街(civil district)を見学するつもりが、結果的にちかと2人でまわるということに。でもデートっぽくてちょっと楽しかったです。笑
この見学では、最初官庁街の南側のマーライオンを見学することからスタートし、そのまま北に移動していこうというプランでまわりました!
官庁街はシンガポールがイギリスの植民地ということもあって、西欧式の建築物が多々存在していました。例えば、セントアンドリュー大聖堂とか。他にも博物館や戦跡のような場所も訪れました。2人でまわったわりにはいろいろ見学することができ充実していたとおもいます!

最初にも言ったようにとにかくこの合宿でみんなとの距離は近づいたと思います!
とっても充実し、勉強になった6日間でした!!

石井雄太
posted by 10いしい at 05:41| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼミ合宿@シンガポールマレーシア

一言でいえば濃い6日間でした!

マーライオン前で会った日本人の二人組と何回も街中で出会ったり、
シンガポール河周辺をカップルの気持ちになって歩いてみたり、
ナイトサファリで先生迷子説が流れたり、
いしゆーのテンションが崩壊したり、
山田晴子がデレデレしてきたり、
ホームステイ先のシャイガール達とK-POPの話したり、
家の裏の川にいたワニに本気でビビったり、
日本と違うお風呂にびっくりしたり、
果てのない伝統の遊びやったり、
ナイトマーケットで踊ったり、
素敵なOGさんのお話聞いたり、
空港で変なテンションになってみたり、

楽しかったです!

でもやっぱり一番印象的なのはホームステイ!
みんなも書いてたけど、水の風呂、ペーパーのないトイレ!
文化の違いを感じました。
でもパパもママもいろいろと気を使ってくれて、人の温かさを感じました。
これはホームステイじゃないと体験できなかったものだなと思います。
ご飯もおいしかった!
学生交流も勉強意欲を掻き立てられました
あとはAKBとかアイドル以外にも日本のこと知ってもらいたい!
やっぱり直接交流するのが一番大事だなと。
話すからこそいろいろ考えるんだなと。思いました。

ゼミ生のみんなとの距離もより縮まったのではないかと思います!

有意義な日々でした!


2年下川原
posted by 10しもかわら at 03:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼミ合宿2011 singapore&malaysia


12/09/2011〜17/09/2011

まず、この合宿を通して感じたこと
文化の違い!
自分の適応(順応?)能力!笑

日本、シンガポール、マレーシア。同じアジアとして括られてはいますが、文化の違いというものに改めて気づかされました。衣食住全てに。
初めは、宗教の違いが関係してるのだと思っていました。もちろんそれもあると思いますが、冷静に考えると日本が欧米化しすぎたのではないかという考えもでてきました。実際、ヨーロッパを2カ国訪問しましたが、「違い」という顕著なものは感じませんでした。
では、欧米化した日本の暮らしに慣れきっていた私はどんな違いに驚いたかと言いますと…
お風呂とトイレですね、ホームステイ先での。
ティッシュがなく、横には水の入った桶…いろいろな想像はしましたが、結局のところ桶をどのように使うのかは分かりませんでした(´・_・`)
お風呂はシャワーがなく、ということはお湯が出るわけもなく、桶に溜まっている水をバケツで汲んでシャンプーするという冷たすぎて震えながらのバスタイムでした( ; ; )
とにかくその二つのショックが大きくて私にこの暮らしはできない一刻も早く帰りたいと思っていました。
しかしもっとショックを受けたのはその翌日、
なんと、トイレにもお風呂にも慣れてしまった自分がいたのでした。
あ、私意外と生きていけるかも
そう感じた瞬間でした。
食事もすべて美味しかったし、家族や村の人達はみんなが親切でした
人の温かさに触れる、旅行ではできないホームステイならではの体験をさせていただきました。(^ ^)

そして合宿のタイトルでもある旧海峡植民地についてひとこと
ヨーロッパや日本の植民地として、さまざまな交易の場として利用されきた土地であるため、さまざまな国の文化が混交していました。
USMでの教授もおっしゃっていたように、文化が混ざっているため一体誰の文化なのか、ということが問題になっています。しかしながら、私はコロニアル時代の宗主国の建造物や民族ごとのtownが残っていて、ひとつの国へ訪問するだけで、いろんな国の時代じだいの歴史を感じることができるという点に魅力を感じました。

シンガポールではマーライオンが見れてよかったです\(^o^)/
チビマーライオン可愛かった!

リンギいっぱい余ってるし、また行きたい!シャングリラに泊まりたい!

玉田 育
posted by masutanis at 03:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼミ合宿2011

9/12〜17@シンガポール・マレーシア

2年生のゼミ合宿の話をします。



まず、反省点。事前学習が足りなかった!

海外へ行くときは、その国のだいたいの歴史は知っておかないとだめですね。

とくに勉強を目的に行く場合は。反省しました。



このような旅でないと、できないこと。でも、旅する時に一番したいことは、現地の人々との交流。

そして、現地の学生や、同年代との交流です。



学生交流について。

外国の学生や同年代と交流する機会があるといつも思うことは、どこの国でも若者はいっしょ、ということ。

話すトピックがラフな感じであれば、問題なく話せます。笑いあうことができます。偏差値なんて、関係ないない!

でも、もっと自分に英語力があって発展的な話ができたらいいのに...とも思います。

そして大学構内を歩いていると、そこかしこに自習している学生がいました。恥ずかしくなりました。



ホームステイについて。

ホームステイ、良かったです。現地の日常生活にふれること、宗教の文化に触れること、人に出会うことと、新たな思想に触れること...。なんて楽しいんでしょうね。手で食べたごはんも、水のお風呂も、トイレットペーパーを置いていないトイレも、夜更かしな街も、爆音のコーランも、戸惑いながら、わくわくでした。お父さんは、いつもたくさんのことを教えてくれました。マレーシアについて。日本への関心も深く、地震、原発について、そして日本の総理大臣変わり過ぎやろという指摘もいただきました。いつも優しく気にかけてくれた家族がだいすきです。貴重な経験ができました。



今回の合宿を通して、もっとアジアの国に行きたい!と思いました。今回訪れたふたつの国、シンガポールとマレーシアでも、まったく違う文化、印象でした。今まで行ってきたアジアの国々で同じような国はひとつもありません。異文化交流をもっともっとしたくなりました。もっとたくさんの道を歩いてみたいし、人と文化に出会いたくなりました。



おつかれさまでした。




たなかちか
posted by masutanis at 02:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外合宿2011@シンガポール・マレーシア


9/12〜17に海外合宿でシンガポール・マレーシアに行ってきました!
私は5月の国内合宿に行けず初の合宿参加だったのでどきまぎ((;゚_゚))
そんななか一番不安だったのは…そう、ホームステイ。
詳細も知らず、お土産だけを詰め込み流れに身をまかせようと決心しいざ合宿へ。

2泊に及ぶホームステイfeatももち。
…とても楽しかったです!\(^^)/
果てのない伝統的なゲームを教えてもらい(ビー玉って世界共通なんですね!)
手でご飯を食べて
民族衣装を着せてもらい
マレー語を教えてもらったり
ナイトマーケットにくり出したり
たくさんの経験をさせてもらいました。

お風呂やお祈りの時間があったり文化の違いを感じられるところもありましたが、
日本のアニメを見ていたりパソコンを使っていたりと日本と変わらない部分もありました。
あちらでは自転車乗ってる人あんまりいないんですねー

いろんなことがありましたが一番心に残ったのは人の温かさです。
外を歩いていると会う人会う人知り合いのようで、町全体で仲が良いのだなと思いました。
そしてみなさんやさしい(*´∀`*)拙いマレー語を話してもやさしく対応して下さった;;涙
ホストファミリーには本当に良くしていただきました。
2日間あっという間でした。お母さんに会いたくなりましたね。

私は今まで海外に行くのは観光旅行だけしかなくて、
でも今回のホームステイで現地の人の生活を間近で見て経験できたのは
自分の中で新たな境地を開けた気がして、忘れられない大事なものとなりました。
…ドリアンとワニも忘れられない思い出です笑


今度は観光でペナンのリゾートに行きたいです(`・ω・´)いや、行きます絶対。

以上!おーわーりー


posted by 10こんどう at 01:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼミ合宿2011 

9月12日〜17日
シンガポールとマレーシアでゼミ合宿を行いました。

全部書くと長くなってしまうので、
心に残ったことを中心にランキング形式で書きます。

【第3位…NUS、USMでの学生交流!】
NUSの学生の皆さんが日本語を学び始めたきっかけは、やはりアニメやアイドルなのだそうです。T大よりもランクが上の大学と聞いていたので、私たちとディスカッションが成立するわけないとびくびくしていましたが、「眼鏡に目がねぇ」というダジャレを自信満々に繰り出してきた強者学生もいて安心しました。とはいえ、やはりシンガポールの学生は勉強に追われすぎているので、運動はてんでダメなそうです。そのため、中国からスポーツができる学生をImportしているのだとか。それでは、個々のバランスは悪いままの気がしますがどうなんでしょう。

それに対して、USMでは、学生の皆さんが日本語を勉強していないこともあって、ポップカルチャーの話はほとんど出ませんでした。

【第2位…ホテル見学】
ビーチリゾートはもちろんですが、私はラッフルズホテル見学も心に残りました。大型バスが乗り入れられる駐車場を備えているのですが、言われてみれば、日本には大型バスを乗り入れられるようなホテルってないですね。先生がその点を「日本のインバウンドの弱点」と仰っていたのが特に心に残りました。もっとなんかないのかよって感じですけど、そこが弱点だなんて考えたこともなかったので一人で勝手にショックを受けていました。

【第1位…ホームスティ】
私は、中2の頃にアメリカで3日間なんちゃってホームスティをしたことがあったのでホームスティに対する警戒心はほとんどなかったのですが。

…お風呂とトイレの文化って国によってこんなにも違うのですね。

手でごはんを食べたり、朝の4時だか5時にボリュームMAXのお祈りで叩き起されたり、「やっぱり外国なんだなぁ」と思うことが多くありました。でも、何よりも人が温かいなぁと感じました。私たち以外にもお客さんが絶えずおうちを出入りして、おしゃべりして、お菓子を持ってきてくれて…。今の日本ではなかなか見られない素敵な光景だと思います。

***

最後に私が覚えたマレー語を!
「Jalan-Jalan」お母さんが口癖のように言っていた言葉です。

意味はぶらぶらしましょ、お散歩しましょ、って感じなんですが…
どうもひっかかるものがあったのでさっき調べたら、旅行雑誌「じゃらん」はこのマレー語が由来していると知ってびっくりしました♪

スロースターターなので、テンションの立ち上がりが悪かったことが反省です。
来年は最初からとばせるように頑張ります!

おわり!

2年 山田晴子

posted by 10やまだ at 00:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

2011年 バリ合宿報告

9月8〜13日、ゼミ三年バリ合宿

活動日1日目

@ホテル見学

・自然の中にホテルが建てられているので、植物が多く、わたしたち観光客からしたらまさしく南国のリゾートという感じだった



Aヴィラ

・南国のリゾートをイメージしたであろう家具や花を中心に構成されていた

・海が近く昼間は趣深くてよいが、夜はもの寂しく感じて怖い、治安が悪そうに見える
→もっとヴィラをたてて宿泊客が多い常態を作れば解消される?
→観光客同士の交流もあればもっと良くなると思う

活動日二日目

農村ホームステイ

・ホームステイの家族や子供との関わりが多い
・食事を一人でとらされることが多かったので、家族の人たちともっと一緒に食べれればよかった
→一緒に料理をしたり、日本の料理を教えてあげたらもっと交流を図れるかもしれない
→みんなで(子供たちを中心に)作ったものを集めて、みんなでパーティーなど出来たら楽しいと思った

・生活が違うので、風呂やトイレに最初戸惑った
・季節が良いから寒くも暑くもなかったが、冬などは生活が違いすぎて日本人観光客には合わない気がする

活動日3日目

@モンキージャングル
・日本の規制では安全の問題上、放し飼いの猿の中に観光客を放り込むのは絶対にあり得ないが、バリは言い意味で規制がゆるい

Aマッサージ
・農村でも体験したのだが、テクニックはそこまで変わらない気がする
・お金は少し高い
・いろんなプランが用意されているのが農村と違うところ

まとめ
・バリっぽいな〜と思うものが多かった。
→観光客を意識してそうしているのか?と思った

・事前学習ともう少しすれば、言葉の面でも生活の面でもスムーズにいったと思う


阿部 友花


posted by 09あべ at 14:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリ合宿

9/8~13でバリに行ってきました☆

 

以下、合宿の報告を致します。

 

 

9/820:50の便で飛び立ち、6時間かけてシンガポールのチャンギ国際空港へ降り立ちました。

〜午前3時〜

 

チャンギ国際空港でのトランジットが6時間ほど。

これからの旅程やバリについての知識、今合宿の目的などを皆の頭の中に入れるには十分すぎるほどの時間でした。

 

9/14、バリのデンパサール空港へ到着っ!

 

P1000734

 

空港を出ると石榑さんとガイドのスパルタさんが出迎えてくれました。

 

ここからヌサドゥアエリアにあるビーチリゾートへと車を走らせます。

向かう途中の道はかなり舗装され、厳重な警備がついており、作られた空間に欧米人が海水浴&日光浴

 

 

いわゆる“ビーチリゾート”で、他のビーチリゾートと特に差異化した点は見当たりませんでした。

 

P1000749P1000754

 

その後ワゴンでプンゲラゴアン村へ向かうことおよそ3時間。

ガッタガタな道をひたすら進む。

1日目に宿泊するヴィラへ到着^^

 

目の前にはすぐ海が広がり、かなり開放的なヴィラでした。

 

夕食は近くの野外レストランでインドネシア中華料理(?)を食べ、

値段がかなり安い上に味もおいしく、皆のお腹も大満足♪

 

ここのヴィラでマッサージを体験したのは深野、文室、遠藤、阿部の4人。

マッサージ師さんが1人しかいなかったため9人全員が体験することが出来なかったので残念でした。

 

波の音を聞きながら全身をマッサージ(´`)

お値段は一時間で10000Rp。約1000円ほど。

バリの物価を考えると1時間で10000Rpはかなり良いバイトになったのではないでしょうか。

 

2日目は730頃に朝食(ナシゴレン)をとり、900にホストファミリーと顔合わせをし、各家々へ。

1家庭に2人の滞在だと思っていたのですが、なんと1人1家庭でお世話になることになりました。

村全体は非常に小さく、近所同士が非常に隣接していたため、ゼミのメンバーとも頻繁に交流が出来ました。

小さな子供たちが多く、空港でお土産に買っていった折り紙が大活躍!

P1000799

 

 

 

トイレは手動水洗で、汲んである水を自分で流す方式。

お風呂とトイレは同じ場所にあり、汲んである水を頭からかぶり、顔や髪を洗います。

お風呂というよりは水浴びでしたね。

 

英語が全く通じず、指さし会話帳がないと本当に会話が出来ません。

 

 

 

3日目の朝は830に村を出発し、ウブドへ向かいました。

ウブドではモンキーフォレストに寄ったあと雑貨屋さんで思い思いのお土産を買いました。

 

その後もう一つのリゾートホテルを見学。

こちらのホテルはかなり奥まった山の斜面に設計されており、道も一応舗装されているという感じでした。

しかし緑の中の楽園という印象で、自然の中に浮いているような印象をもつように絶壁に作られたプールや、

一番上にあるフロントから一番下のレストランに行くまでの上り下りをトロッコでするなど、新感覚なリゾードホテルでした。

従業員の方が運ぶ料理もすごく可愛らしく、見る者の心を揺さぶります。

 

P1000856P1000861

 

 

P1000857

 

 

 

 

そのままサヌールのホテルへ!

ここでもスパ体験をしました。

1時間およそ2000円。

村のマッサージと比較すると設備が整い、クオリティの高いものでありました。

 

マッサージに意外と時間がかかり、サヌールの町を堪能出来なかったことが残念でした(;;)

 

次の日はシンガポールを一日観光!

マーライオンの前で記念撮影をし今合宿を無事に終えましたとさっ

 

P1000908

 

 

ふむろ

-->
posted by masutanis at 09:54| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。