2011年08月12日

日アジ 浅草戦跡FW

今年も8月がやってきました。
この季節、戦争についてテレビで取り上げる機会が多くなりますね。

便乗して。
遅ればせながら、7月31日に行った日アジ浅草戦跡FWについて書かせて頂きますm(_
_)m

参加人数は4人。2・3年の日アジメンバーのみ。笑

午前は台東9条の会の方にガイドしてもらいながら、言問橋やら浅草寺の戦跡を回りました。
浅草戦跡マップを下調べして行ったものの、ガイドさんから聞く説明はやっぱり印象深く心に残るものがありますね。
特に印象的なのは墨田公園内にある戦災慰霊碑の話でした。
この慰霊碑は“あ、東京大空襲 朋よ安らかに”と書いてあるだけなんですが、戦後には多くの戦災孤児や子供を見失った親が訪れたそうです。
というのも、大空襲の中、大勢の人が逃げ惑い、中には戦災孤児・子供を見失った人がたくさんいたそうなんですが、親・子と離れた人がここでなら会いつかえるかもという期待で毎年3月10日になると、この記念碑を訪れていたとか。
戦争を知らない私たちには慰霊碑にしか見えなくても、ただの記念碑ではないんですね。考え深いものでした。

また、わざわざガイドさんが東京大空襲の爆撃方法のしおりを作ってきてくださったんです。感謝。
その中には、日本も中国に空襲を行っていたことや、観光学部には好きな人が多い飛行機の登場によって空からの攻撃(一番人に恐怖を与える攻撃らしい)ができるようになってしまったという事実が載っていて。
今では国際交流に欠かせない飛行機が、国際的な凶器に変わっていたなんて、複雑です。


そういえば、アインシュタインがアメリカに原爆を作るように推奨したらしく、日本に原爆が落とされたときはすごく責任を感じたそうです。
この事実に驚きました。

午後は東京大空襲資料センターへ。

戦争の写真を見るには気力がいります。本当に。汗
子供が描いた絵とか見てると、なんで子供がこんな絵を描かなきゃいけないんだろうって切なくなります。

戦争って怖いから、出来れば知らずに、写真も映像も見ずに終わりたい。
だけど、そうじゃないと思うんです。
私のひぃおじいちゃんも東京大空襲でなくなっているんですが、自分って先祖が一人でも違うと生まれてこないじゃないですか。
つまり、変な話、ひぃおじいちゃんがそのとき亡くなってなかったら、自分はうまれてなかったかもしれない。
逆にもっと親戚がいっぱいいたかもしれない。笑
そう考えると過去のこと、空襲って、自分と無関係じゃないなって思うんです。
自分の今の環境は、戦争で亡くなった人がいたからこそあるもので。
だからやっぱり戦争は現実としてちゃんと受け止めるべきで、目を背けてはいけないと改めて思いました。
戦争のない日本を残してくれた方々のためにも、私たちは平和に対して真剣に考えなきゃいけないんですね。

悲劇を忘れないために戦跡は必要なものなんだと思います。

また熱く深く(笑)、日アジメンバーで考えていきたいです♪

長文、乱文、失礼しました。 塩脇
posted by masutanis at 10:34| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本とアジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

倍音Cafe & Bar "Cosmic Soul"

2011/07/28

北千住にある倍音バーに行ってきました。


僕自身は以前から興味があり行ってみたかったのですがなかなか決意できず。
そんな時、今年の海外合宿の目的地がモンゴルに決定し、モンゴルの伝統的歌曲であるホーミーを使った演奏が聴けるとのことだったので大変興味を抱いていたのですが、諸事情により行けなくなってしまったため、倍音バーに行く決意をしました。

モンゴルの合宿に行く人たちも、事前学習の意味で興味が湧くかもしれないと思い誘わせて頂き、結局上から下の代まで合わせて計9名が参加して下さいました!
一緒に行きませんか、と声をかけ、これだけ反応を貰えると嬉しい限りですね。


今回企画するにあたって、インターネットでお店の情報を集めようとしたところ、「メニュー」や「定休日」などの必要情報が全く得られず。
お店の電話番号は得られたので電話してみたところ、「休みは不定休」で、9月頃には長崎に移転してしまうとのこと。
値段は、「テーブルチャージ料が500円」、「飲み物が800円〜」ということで、「予算は1300円〜」ということでした。
また、演奏はマスター一人によるものなので、マスターの手が空いていれば聴かせてもらえる、というもので、こちらも不安定。


7月28日当日
あまり大きなお店ではないと思っていたので、9名でもいきなり行って席を取れるか心配でした。
お店は19時開店ということでしたので、その前に予約を取るのは難しいかと思いましたが、案の定19時まで何度電話をかけても繋がらず。
それどころか、19時になっても繋がらず…。
ちょうどその頃北千住駅に着いたので、後で道に迷わないようお店を探してみました。


お店は、
北千住駅西口を出て、ロータリーを直進。
エスカレーターを下に降りて、駅と反対側に向かって大通りを更に直進。
左手にりそな銀行が見えるので、その角を左折。
そこをしばらく直進すると、右手に「かざま」という小さなドラッグストアが見えるので、その二階にCosmic Soulはあります。


着いてみると、お店の扉は固く閉じられていました。
血の気が引きました。
どうしたものかとそこで考えあぐねいていたところ、マスターがやってきました。
ちょうど長崎から帰ってきたところなのだそうで。
そのままお店は開けてくれるということで、安心したところでみんなと合流し、再びやってきました。

店内の様子です。
P1050612_2.jpg
扉をくぐると目の前にカウンターがあって、奥に広い部屋があり、そこに楽器が所狭しと置いてあります。
全体的にぼやんと薄暗い感じで落ち着く雰囲気でした。

メニューは特にないそうです。
お客さんの気分を言って頂ければそれに合った飲み物を出してもらえるのだそう。
しばらく談話していると、マスターが演奏を始めてくれました。
最初はチベタンボウルや波紋音での演奏でした。
次に、モンゴルの伝統楽器馬頭琴とマスターのホーミーによる演奏。
そして口琴による演奏、と続きました。
柔らかい倍音に包まれ、アルコールも入っていたのでいろんな神経が歪むほど心地の良い感覚でした。

マスターはとてもユニークでおおらかな方で、楽器もいくつか触らせてもらいました。
一人でお店に行くことも考えていましたが、みんなと話したりしながら聴けて、本当に楽しい時間を過ごせました。
帰る寸前、最後にハングドラムによる演奏も聴かせてもらえました。

このお店がもうすぐなくなってしまうかと思うと残念です。


最後に"倍音"について補足
僕もよく分からないので曖昧な説明になってしまいますが、
例えば100hzの音があったら、2倍音は200hzの音、3倍音は300hzの音、…というように、音はその音自身以外にも音を含んでいます。
ドの音を鳴らすと、オクターブ上のド、その上のソ(ややこしい;)、その上のド、…というような音が鳴っています。
とても上手な演奏を聴くと上の方でふわ〜っと聴こえます。

倍音楽器がどうしてあんなに聴き取りやすいのか不思議です…。


横井
posted by 08よこい at 16:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

☆ホーミー☆

7月28日、夕飯を早めに家で食べて、ゼミで「倍音バー」に行きました。

北千住にある小さなお店。
バーというよりカフェっぽかったです。

ホーミーは、モンゴルに伝わる喉歌です。
高校生の時、なぜか放送部でホーミーのビデオを見た気がするのですが、あれは発声法を参考にするということだったでしょうか^^;

ビデオの音声と生はぜんぜん違って、しかもこのバーではホーミー楽器を使って演奏と一緒に歌ってくれるのでいろんな音が共鳴して本当にきれいでした。
感動しました。

口琴の演奏も素敵だった…。
これが室内でなく、屋外でも同じように響くというのだから本当に不思議。

目を閉じて、力を抜いて静かーに歌う様子は、安静そのものでした。

ゆったりと、静かに、声を響かせる。
不思議な空間でした。




馬頭琴も使いました。


P1010099[1].jpg


倍音治療?
何かがついてる人はこれでよくなるとか。
体に倍音が響いてゆくのがいいらしいです。


P1010102[1].jpg


またホーミー聞きに行きたいです。
あんなに近くで聞けるなんて本当に貴重でした。

オーナーさんがとてもゆったりした方で、和みました^^
ジュースも果物を絞ってくれましたよ♪


しかも楽器に触らせてくれた^^!!

4年 鮫島由理恵
posted by 07さめしま at 18:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

☆富士登山2011☆

遅ればせながら、7月16,17日の2日かけて富士山登ってきました^^

前登った時はナイトハイクで、夜11時に登り始めて朝7時に山頂…!って感じだったのですが、今回はデイハイク。山小屋に泊まって体力回復できました。
だから私的にとても楽な登山でした!
値段上がるけどね^^

まずは5合目までバスで行って、そこでお昼を食べます。
私は富士山ホットケーキ食べました。こんな絵が描いてあるだけでついつい魅かれてしまう(笑)

P1000987[1].jpg



1時間くらい5合目の空気に慣れたら、午後1時にやっと登り始めます。
5合目から6合目は、まだ木も生えていて普通にハイキング気分^^
前は夜だったから何も見えなかったけど、やっぱりデイハイクはいろいろ自然が楽しめていいですね。


6合目から7合目は、ひたすら砂利道をじぐざぐ登っていきます。
飽きます(笑)
でも夜はずーっと同じ感じの道を登って行くように感じてつらかったけど、昼は自分がどんどん高いところに登っているのがわかるから楽々^^

7合目まで行く途中で一回休憩。
この写真、完全に頂上のノリですね(笑)
P1000996[1].jpg



7合目では、皆でお菓子を分け合いました。ナイトハイクの時は登りながらおやつ食べなかったけど、今回は結構食べたくなりました。
2年生ばっかで皆若いんですよ><私さりげなく3つも年上!慣れない環境!!でも皆と仲良くなったよ☆

そうそう、7から8合目は本格的に山登りになってきます><
一昨年も書いたけど、両手両足使ってがしがし岩を登ります!!
腕力も必要になってくるんだなー。ここでは金剛杖が邪魔になります。


夕方6時半ごろ、山小屋につきました。
今日はここに泊まります。
夕飯はカレー!福神漬とらっきょうは食べ放題です(笑)


ここで寝ます。ほんっとにせまい><

P1010020[1].jpg


寝返りもできません。しかしちゃんと寝ないと頭痛くなっちゃうので必死で寝ようとします。私でも熟睡できない場所ってあるんだ…と知りました。

夜12時に起こされ、そこからはナイトハイク。
朝の4時半までに頂上に着かないと、ご来光が頂上から拝めなくなってしまいます。
8合目から頂上がまた長いんですよね^^;
でも夜だから涼しくて、体力的には楽でした。
深呼吸いっぱいして高山病予防しました。



そして4時過ぎに、頂上に着きましたー^^
最後のほう結構ダッシュで登った(笑)
てかご来光待ちの人多すぎー!!
P1010042[1].jpg



きれいなご来光拝めましたよ^^
今年もいいことありそうです。

P1010070[1].jpg

そのあと、行きたいメンバーで富士山の一番高い場所、剣が峰まで登りました。
一昨年は雪が残ってて道がなかったのに今年はちゃんとお鉢めぐりまでできちゃいました^^

剣が峰です。


万年雪残ってましたー^^
P1010081[1].jpg

そしてみんなで下山!!

P1010084[1].jpg

登りには何時間もかかったのに下山は3時間くらい(笑)!!
走っておりました。
靴ずれしちゃったけど^^;

帰りはツアーに温泉が含まれてたので温泉に入って帰りました。
富士山のあとの温泉、最高でしたー^^!!

来年も行きたいな♪

ちなみにこのときひねった足は今も痛いです(笑)

4年 鮫島由理恵
posted by 07さめしま at 17:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | kanko07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011国内合宿 in 清里

2011/07/31 - 2011/08/01
一泊二日の国内合宿に行ってきました。
卒論中間報告です。

場所は清里のキープ自然学校。
キープ自然学校はKEEP協会によって運営がなされている。
KEEP協会の"KEEP"は、Kiyosato Educational Experiment Projectの頭文字をとったもので、アメリカ聖公会牧師であり立教大学教授でもあったポール・ラッシュによって創設された。
従って、今回は一般よりも割安で宿泊ができた。

避暑地として有名な清里は現40-50代くらいの人たちが学生だったころ(1980-1990)に最盛期を迎え、その頃は敢えて宣伝をせずとも千客万来状態だったという。
KEEP協会の本拠地とも言える"清泉寮"周辺は今でも人気の様子。
しかし、清里駅周辺にもはや栄華を感じることはなかった。


0731,1030
新宿センタービル前集合
珍しく先生、遅刻せず
天野現地集合のため、15名にて出発

1130
渋谷を迂回し、新宿に舞い戻る
バス運転手、道に迷う
昔は渋谷にも高速に乗る道があったのだとか

途中、ETC通過にも失敗

1300
天野、清里着
1330頃、先生より周辺の食事処探索を命ぜらる

1500
バス、清泉寮着
清里に入ったあとも色々と迂回されていたような…
1430頃、天野、先生より上(清泉寮方面)へ登ってくるよう命ぜらる
天候、晴れ
清里は涼しかった

ラストオーダーが1400-1430のところが多く、
1530ラストオーダーの"キープファームショップ"にて食事
キープファームショップ
基本、1200円
男性陣、ホットドッグ(680円)で凌ぐ
天候、晴れのち雨

僕は先生と宴会用の酒・つまみを購入すべく別行動
視線と同じ高さにある黒い雲は、
先生曰く、山ならではの景色、
僕から言わせれば、さながら工場の排煙のようだった。
清泉寮付近のお店を渡り歩くも、土産品ばかりで大量生産の格安商品などは見当たらず。

宿泊所に着く頃、昼食組はおらず、いたのは所沢北小の子どもたち
同日程で宿泊の模様
昼食組、ファームショップを出発

1600-
プレゼンとの戦い開始
三年目にしてトップバッターを免れる

1930
食事。バーベキュー。BBQ。
バーベキュー.jpg


バーベキュー.jpg
なかなか大学生らしいことをしてみたものである。

2200
戦争再開
その前にお風呂。

夜も更け睡魔に襲わるる者ちらほらと
そこに光明を差すべく鮫さんのプレゼン
が、巧妙空しく先生の意識は夢の中

0732,0130
プレゼン終戦
プレゼン終了.jpg
お疲れ様でしたm(_ _)m
終戦間際に落とされた空爆で目が覚め、愛国心にも目覚めた気がしました。

以下、宴会
0300撤退
就寝前に伊藤さんの恋愛遍歴を掘る
宴会は0400まで続いていた模様

0732,0640
起床
天候、快晴
0700より早朝トレッキング
メンバー:先生、僕、伊藤さん、鮫さん
早朝トレッキング.jpg


早朝トレッキング.jpg
鹿が横切ったり、
先生が朝露を舐めたり、
ヤンデレ教会行ったり、
ヤギの小次郎に出会ったり。
同じ宿泊所に泊まっていた小学生も早朝トレッキングに出かけていたようで、
同じタイミングで宿泊所に戻ってきた。
朝からがやがやと元気な小学生の声に耳を立てつつ宿泊所に入っていくと、後ろから

「まだゼミナールいるよー!」

との声。
いちゃダメですか…orz

0800
食事
一ビン600円相当のジャージー牛乳を飲む
野菜や卵がてんこ盛り
伊藤さんと頑張ってなんとか食べ切りました
鮫さん、離脱

1000
研修室集合
土産物屋やパン工場、清泉寮などを見て回る

清泉寮にて、ジャージー牛乳製ソフトクリーム(350円)を食べる
足湯などもあり、ガサガサになった足を潤す
ゴールドラッシュなるとうもろこし(150円)が売っており、試食させてもらったところ、生の状態でお菓子として食べられそうなほど甘かった。本当に甘くて美味しかった。
先生、伊藤さん、離脱

清泉寮で1200までのんびりダベり、
初日に昼食を摂ったファームショップにて土産品漁り、
1300宿泊所を出る

山を下り、清里駅へ
清里駅周辺は、かつて非日常を創造しようとしたらしき痕跡が伺えた
それが逆に寂しさを増させていた
昼食は先生の薦めた"グラタン料理専門店アミ"ではなく、"喫茶美郷"で済ませました。
先生が薦めるところは、もちろん美味しいのだろうけど、きっと高い、と。
P1050678_2.jpg


P1050679_2.jpg
しかしお昼時というのに、外からはあまり繁盛しているようには見えず、若干の不安を覚えつつ、中へ。
扉をくぐると、そこはがらんどうでした
喫茶店なのだし、音楽くらい流していてもよいものだが、節電のため止めている、とのこと
節減のまちg(ゲフンゲフン

こちら、このお店の(ある意味)目玉商品、エビピラフ(800円)
エビピラフ.jpg
白いライスと思って食べると、ピラフピラフしていて美味しい、とのこと。
一口二口食べた後の写真で少し見た目は悪くなっていますが、
エビが美味しそうですね。
白くて見えにくいですが、スライスされた玉ねぎも乗っています。
ピーマンも絞りかす程度には乗っています。
福神漬けも……

こちら、このお店の(本当の)目玉商品、チキンカツ定食(680円)
チキンカツ定食.jpg
美味しかったです

ここで1500くらいまでダベり、駅に着いてバスに乗り込みました。
帰りは意外と早く新宿まで帰れました。
懐かしき都会、空気は湿っていて、清里が恋しくなりました。
これが最後の国内合宿だったんですね。
前二年間はサークルの活動との兼ね合いで行ったり来たりと慌ただしかったので、初めて腰を据えて楽しめました。

8月なんて嘘だ

横井
posted by 08よこい at 15:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。