2009年03月16日

ブルネイホームステイ

2009_03110350.JPG2009_03110414.JPGブルネイに1週間行ってきました。
先生が一緒に来られない。。。
ということでリーダーとして大きな責任を請け負ってしまいました。
不安2%、どうにかなるでしょ!98%で出発しました。
結果は。。。どうにかなったのかな?どうでしたみなさん?

ブルネイは全くの車社会なのに、空気が排気ガスっぽくない点にまずは驚きました。
ジャングルが頑張っているおかげでしょうか。
日本車の多いこと多いこと。ブルネイにいたのに日本車にしか乗らなかった気がします。

私が興味を持ったのはやはりエンパイアホテルです。
一応ホテ研としてはこう言うべきかと。
大きい!規模が大きい!
ドアマンの制服が緑なのは、ブルネイが緑の多い国だというアピールでしょうか。
ホテルの裏には美しいビーチがあり、誰でも入場することが出来ました。
日本だったら有料なんだろうなと思うと同時に、
こういったビーチをオープンにすることでどんどん観光客も訪れるし、
そういった観光客が次回は泊まりたい!と思ってもう一度やって来る、
というような正のサイクルが成り立つのではないかと思いました。
現に私がそうなので。

家の食卓に並ぶのは、お父さんやおじいちゃんが家の裏のジャングルから
とってきた葉っぱや魚が多かったです。
まさかの日本人が寿司を作った日もありましたが。
ジャングルが手付かずで残っているとは聞いていましたが、まさか家のすぐ裏だなんてびっくりしました。
初めて実から飲んだココナッツジュースは甘くておいしかったです。

私たちは、半ズボンは駄目とか、左手を使って食べてはいけないとか、
色々気にしていましたが、気にしすぎでした。
ブルネイの人々は本当にオープンで、気さくで、おしゃべりが好きでした。
はじめてみる、完全に「異人」の私たちにも全く気兼ねせずに話してきていただけました。
家に毎日はじめて見る人がいて(たいていは親戚)
家にいても本当に飽きることなく過ごせました。

最後成田空港でバタバタしてしまい、
揃って解散できなかったのが唯一の心残りです。
来年のリーダーさん頑張ってください。

ブルネイは資源国家であり、その資源を輸出することで豊かさを保ってきた国です。
あと20年でその石油が尽きるといわれているそうですが、
これからのブルネイはどうなるのでしょうか。
石油が実は地球上にはまだまだあるとは思いますが、
ブルネイの石油は?石油に限らず、ブルネイの資源は?
自国の資源を使わずに他国から搾取しているような国に全部渡してほしくはないと思います。
資源が尽きてしまったら、次は何を始めるのでしょう、
考えられるのは、ジャングルの伐採、木材の輸出でしょうか。
あの美しいジャングルを、国を、そんな理由で衰退させたくはありません。


最後になりましたが、BJFAの澤田さんを始め、現地では佐藤さん、2月中ずっとやりとりをして方向性を決めてくださったヤティさん、たくさんアドバイスを下さった舛谷先生、私たちを受け入れてくださった全てのホストファミリーの皆さん、交流会を開いて下さったブルネイ大学の皆さん、このプログラムに参加してくれた立教
生のみんな、そしてブルネイで出会った全ての方々に感謝しています。
卒業直前にこのホームステイに参加できて本当に良かったです。
本当にありがとうございました。

小清水奈穂







---------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
posted by masutanis at 23:25| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | kanko05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ブルネイホームステイ09スタート

ブルネイホームステイプログラムも2004年以来4回目を迎えた。今年は3/4発3/5着だが、ブルネイ日本友好協会事務局のヤティさんから歓迎会の様子が送られてきた。空港からレストランに直行し、ホストファミリーと対面の場。
sato.jpg
ブルネイ大の佐藤先生は日本人だが、マレー語の達人でマレー人にマレー語を教えている。ブルネイ日本友好協会の教育プログラム担当としてホームステイの説明に当たっている様子。
tomakoshi.jpg
4年の小清水さんは今回のグループリーダー。カナダ仕込みの流暢な英語を活かしたプログラムの運営とともに、同じファミリーに割り振られた2年ゼミ長を叩き直しくれることだろう。
pgr.jpg
グーフィーなっちゃん組のホストは確か由緒正しい家柄の方では。このおうちに限らず、ブルネイの豪華な住環境はびっくりすることがあります。
inakota.jpg
正式の場ではスカーフ(トドゥン)を身につけるブルネイのイスラム女性。こうした家庭でどのような日常生活がなされているか、実体験することは重要です。あわせて一人でも多くのイスラム教徒の友人をつくってもらいたいと思います。
kuriono.jpg
この家庭は華人ですが、実子のように可愛がってくれることでしょう。成田ではいくら両替したら足りるか不安がってましたが、一銭も使わず、両手におみやげまで持って帰ってくるのはなぜ...?
zentai.jpg
今回は総勢12名ですが、いつもながらブルネイ日本友好協会事務局長の澤田さん(前列真ん中)には感謝。この地に骨をうずめるのでしょうね。
この後、ブルネイ大の学生たちとの交流会や帰国(3/11)の様子など、たぶん現地英字紙のローカルニュースで取り上げられることでしょう。現在ブルネイには100名弱の日本人しかいません。20代の日本人が10名以上やってくるのはまだまだインパクトがあります。

舛谷
posted by masutanis at 12:41| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。