2007年09月30日

大連

合宿お疲れちゃん☆投稿遅くなりました。

えーっと、今回の合宿の感想を一言で言うと、『いやー、大変だった』(笑)環境への適応能力が問われましたね。

DAY 1
リュック1つで参戦。身軽族はあと2人くらいいた。大連空港に降り立つと明らかに違う匂い。空港からバスで大連外語へ。窓から見える街の様子・人々の生活が初めて見るものばかりで見ていて全然飽きなかった。街全体的に白く霞んだように見えたのは大気汚染のせい?確かに空気は汚かった。晩ご飯は街の中華料理店で。20人で食べて5〜6千円だっけ??中国に来たことを実感した瞬間だった。

DAY 2
学食で朝食をば。お腹いっぱい食べて3元なり。新くんはピータンでごきげん。この日は市内・企業見学。あぁ言う企業に見学に行くのは初めてでドキドキだった。便利な社会を作る舞台裏を見た感じだった。電子城は思ったより安くなかった。ウォルマートですごく美味しそうな肉まんを見つけて、ものすごく期待して買ったケド、so soだった。臭豆腐食べた。みんな吐きたそうだったけど私は普通に楽しめた。その後場所を移してまたshopping。パーカー買った。早く着たいにゃー。あとドリアン!!!ずっとずっとウマイと思ってみたい食べ物だったから、美味しさを感じたときは本気で感動した☆そして食えば食うほどうまかった。その後小龍包の有名店へ。お腹あんまり空いてなかったのに完食。この日は臭豆腐×ドリアン×にんにくとトリプルパンチだった。新くんに続き何人かお腹の不調を訴え始めた。

DAY 3
私のお腹もおかしくなった。朝ご飯パス。午前のおでかけパス。昼ご飯パス。もう末期だったけど旅順には行かねばと思い午後は参加。顔真っ青、終始とり肌、冷や汗。死ぬかと思った。先生にすすめられて漢方茶を購入。晩ご飯パス。でも漢方茶飲んだら一気に良くなった。古代中国の賢者たちに感謝。ありがとう、いい薬です。

DAY 4
お腹が治ってごきげんな私。昨日の空白を埋めようとパワー全開。近くのカフェで朝からケーキ。やはり安いですね。この日は日露監獄など、戦争の跡を見に方々へ。外国人が立ち入れない場所も多々あって終始緊張だった。本物の大砲がいくつも並んで同じ方向を向いているところを見たときはゾクッとした。予備知識はないに等しかったけど、これをきっかけに知っていけばいい、という先生の言葉に安心した。いろいろ調べてみようかな。

今回私は中国に行って『日本』を多く学んだ気がする。もちろん中国大連に関する知識は増えたけど、中国での『当たり前』と日本のそれを比較することで日本がどういう国なのか、考えることができた。日本人は神経質に育てられ過ぎて生命力がない。生活できる環境の幅が極端に狭い人種だと思いましたー。またどこか外国に行ってカルチャーショックを受けたい。

陸田マコト
posted by masutanis at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

内モンゴル合宿

ブログ投稿遅くなりましたーーーあせあせ(飛び散る汗)

今回の合宿で私が一番楽しみにしていたのは、草原ツアーなので、草原ツアーについて書きます。
内蒙古大学のみんなとの討論の時に、シラムレン草原に行くんだーって話をしたら、学生に、シラムレン草原はニセモノの草原だと口を揃えて言われて、驚いたのを覚えてます。
何やら本当の草原は草の種類がもっと深いし、ゲルも観光のために作られた、などと言ってました。
実際に私たちも草原に行ってみると、食事や乗馬や民族舞踊鑑賞など、一連の流れでもう出来上がっていて、観光地として出来上がっているという印象を持ちました。
それでもやはり、一番モンゴルっぽさを感じることが出来たのも事実です。
それにしても、草原の、果てしなく続くような景色にはほんとーに感動しましたぴかぴか(新しい)

フフホトを歩いていると、中国語と並んでモンゴル語も書かれているのが目立ちました。
公用語は中国語だし、漢民族が多いなかで、モンゴル族の言語は認められているんですね‥‥。
と改めて感じました。
これも民族政策の1つだという話を前に聞いた気もします‥‥。
逆に、モンゴルの方では、ロシア語とかキリル文字が多く使われていて、ソ連寄りだったからこそ独立できたという歴史があるからだと何かの本で読みました。
実際に今のモンゴルに行くと感じることが出来るのでしょうか。。。
内モンゴルとモンゴルがどう違うのかに興味があります。
やっぱり歴史勉強しなおさないとだめですねパンチ

後期もみなさんよろしくお願いしまするんるん
posted by masutanis at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

フフホト合宿

僕は朝青龍の大ファンです。現在彼が出場停止でかなりへこんでいる状態の中、一つ前のブログを書いた方が朝青龍の字を間違えていて、しかも若干弱そうに表現していて余計へこんでます。


さて話は変わりましてフフホト合宿についてです。一言で言うと、本当に素晴らしい経験ができた合宿だったと思います。

まず寝台列車は予想してたよりも綺麗で、日本の寝台列車とはあまり変わらない感じでした。多少狭かったのですが、熟睡することができました。ただ、驚いたのは乗る駅の人の多さでした。先生の「日本の通勤ラッシュなんてもんじゃない!」という言葉を最初は信じていなかったのですが、実際行ってみると混み具合に度肝を抜かれ中国の人口の多さを肌で感じました。これで日本の人込みにも強くなれたと思います。

草原も非常に印象に残っているものの一つです。これまで四方八方地平線が見られるところに行きたいという夢がありまして、見事にその夢が叶いました。
パオは思っていた以上に頑丈で、風が強くても一切風を通さず暖かいものでした。
乗馬は足がつりそうなくらい辛かったのですが、大草原を馬に乗って駆けるのは本当に気持ち良くて最高の気分でした。
夜の満天の星空と朝の雲間からの日の出も素晴らしかったです。
念願だったモンゴル相撲の衣装はなかったのですが、民族衣装を着れたのも良かったです。

そして内蒙古大学の学生との交流も楽しかった思い出の一つです。
最初のゼミでは、自分は日本の環境についてあまり分かっていなかったのに対し、内蒙古大学の学生は自国の環境問題をはっきりと認識していて、なんだか恥ずかしくなってしまいました。が、意義ある意見交換が出来たと思ってます。
その後の食事会や家庭訪問、カラオケなどを通じて、内蒙古大学の人達は心からもてなしてくれて、彼らのあたたかさや純粋さを感じとることができました。少なくとも自分が忘れかけていた、純粋な心というものを少なからず彼らのおかげで取り戻せたのではないかと思います。

他にも日本では決してできないような経験が盛り沢山で、本当に楽しい合宿でした。
舛谷先生のゼミに移ってきて良かったと思います!!

浅原
posted by masutanis at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンゴル合宿

のんちゃんもいなくなってしまった合宿(>_<)一週間もどうなることかと思ったけど終わって振り返ってみるとやっぱり行って良かったなって思います〓自分達だけじゃ絶対行かない所に行ったり内モンゴルの学生と交流したりとてもいい勉強になりました(*´ω`*)☆★
合宿に行く前は中国に偏見みたいのがあったけど、実際に行って悪い意味での偏見は少しなくなった気がします。地下鉄で人が全く譲らなかったり、北京駅での人の押し合いにはさすがに気分落ちたけど、思ってたより日本人に対して優しいし内モンゴルは予想以上に都会だし、実際に内モンゴルの学生と交流してみて考えが変わりました(´▽`)基本的に日本人の学生とほとんど変わらないし、むしろ勤勉でしっかりしててこれからの中国についてを熱く語ったりしていて見習わなきゃなぁと思いましたm(o・ω・o)m
草原ツアーは馬乗ったのと民族衣装着たのが楽しかったです♪あとナイチャ?マイチャ?が美味しかったですヽ(*´3`)ノ
今回で大きい中国のほんの一部しか見れてないけどやっぱり実際に現地で色んな体験をするのはとても貴重なことなんだと改めて思いました☆★
先生わよく食べてるしずっと元気だし今回の合宿で一段と好きになりました(´v`*)♪笑

平田
posted by masutanis at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内モンゴル

今回の合宿もすごいいい経験がいっぱいできました。

私は中国へ行ったのが初めてでしたが、最初の印象は人の気が強い!と思いました。
韓国も日本人よりもはっきりしてる印象でしたが中国はそれ以上でした。
けど、一人一人はいい人がたくさん!!!!
寝台列車では同じコンパートメントの人と紙に漢字を書いてコミュニケーションをとれました。
「我 日本人」とか「我 行 内蒙古」とか!!(笑)
通じてうれしかった!!!
英語をしゃべれる人がほとんどいなかったので、中国語をしゃべれたらなーってすごく思いました。

フフホトは私が想像していたよりもすごく都会でした。
それに大学の広さにはビックリ!!!!!
学生さんは日本語が上手すぎでした。
外国語をあそこまで使いこなすのには相当な努力があったんだろうと思います。
会話をしていて分からない単語があるとメモをとったり質問してきたりして、勉強に対する熱意に圧倒されっぱなしでした。
将来の話をすると、みんないい仕事につきたい!そのために勉強をがんばっている!と熱弁でした。
日本よりも学歴社会色が強いなと感じました。
ほとんどの子が親元を離れて寮で暮らしていて
日本だとちょっと休みがあれば実家に帰れるけど
中国はすごく広いから3年も親に会ってない子もいて、
それにビックリしました。
けれどみんな「家族はとても大事」と口をそろえて言っていました。
私は実家暮らしで毎日家族を会えているので、それってすごく幸せなことなんだな、って感じました。

そして草原ツアー!これは本当にいい経験でした!!!!
馬は怖かったしすごく体力つかったけれど、馬から見る景色はもう言葉にできないくらい最高でした!!!!!
大草原!!!
夜と朝方は想像以上に寒くて寒くて、朝日を見に行くみんなが布団を頭からかぶっていて変な集団になっていました。

最後の日はやはりお腹がおかしくなってしまったけれど
モンゴルの人達とたくさん交流でき、みんなで行ったゼミ合宿はすごくいい思い出です。濃い一週間を過ごせました。
リュウさんもおもしろくていい人でした。また会いたいなぁ。

日本に帰ってきて、「モンゴル行ってきたよ」って言ったらかならず「朝小龍に会った?」って聞かれます。


河内遥
posted by masutanis at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大連合宿

なんだろう、この気持ち……とりあえず帰国してからは「楽しかった」の一言。
着いて早々に感じたことは、雑ってこと。車にナンバーがなかったり、空の色が悪かったり、宿のベッドメイクがされてなかったり、交通ルールなんてあってないような感じで、なんだか雑って思えた。
宿に着いて、飯食べて、寝て……そんな1日目が終わり、起きたら違和感だらけ!!そりゃ日本とはまるで違ったから感じたことだけど。
2日目以降マイナス面が多く感じたこの合宿にも楽しいコトが見え始めた。現地の人との交流、見たことないものの新鮮さ、あきらかにインチキな路店の貴金属、コンビニでのぼったくり、仲間達との夜の死闘……思い出せば出すほど楽しいコトいっぱい。

これじゃあただの観光をしに行ったと思われるかもしれないけど、大連のIT企業を訪問したり、外大の人との交流したり、中国を知るィィきっかけになった。

ただ心残りなのは……男の希望が打ち砕かれ瞬間でした。ねっ、タイシ君。

また、みんなで行こっ!


柴田 真夢
posted by masutanis at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内モンゴル合宿

寝台列車を降りたら砂地か草原・・と思っていたが、内モンゴル自治区には人々の生活を豊かにするサービスや環境が整っていて驚いた。そんな内モンゴルの観光資源は草原や砂漠などの自然、考古遺跡や歴史的遺産まで本当に幅広い。そこに息づく民族習慣や食べ物、生活様式ももちろん重要であると思う。草原ツアーは乗馬や羊料理、ゲル宿泊など内容も色濃く多くの人が楽しめると思う。草原で働く人々や密集したゲル、舞踊などの催しを実際に見て、ここは観光地としてすっかり整備されているのだなと感じた。

合宿中は色々な意味で刺激的な体験☆!!が多すぎて、予定をこなすのが精一杯だった。後期は、文献講読をさぼったために理解できなかった歴史事情や、それぞれの民族の詳細を学びたい。また、観光地としての内モンゴルを中国の都市や外モンゴルと比べてみたいなと思う。

最後に、同年代の率直な意見や日常を知ることができた内蒙古大の学生達との交流は本当に貴重だったと思う。温かい歓迎と心遣いには感謝しきりだった。


馬路まなみ
posted by masutanis at 11:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

合宿@中国・大連

合宿おつかれさまです猫

1日目
初国外脱出
着いて早々びっくりしたのは、交通事情でした。
車運転荒い!道路が広くて、信号なくて、車線も曖昧で、ひとが普通に道路の真ん中に突っ立ってる…
でも日に日にその殺人的道路を渡ることになれてゆく自分。

2日目
会社訪問
NHN大きかった!!日本人がいっぱい働いてました。
会社の概要に加えて、インターンの話なども聞く。大学生っぽい。
NHNに限らず、その辺一帯には沢山の高層ビルが。
しかも結構でかい!
その後、大連ソフトウェアパークへ。綺麗なところでした。

3日目
大連外語の学生と交流
生活環境が違うからというのもあると思うけど、勉強に意欲的っぽかった。
みなさん真面目という印象。
でも、気さくにはなしてくれてうれしかった(´ω`)
日本人の印象は、『勤勉、生真面目』だって!あはは!
見習いましょう!!

4日目
隣町観光
まさか自分が密告されることになろうとは。
水師営、203高地等々、いろいろ回る。無言で。
せっかく行くんなら、勉強していけばよかったかなと少し後悔。

5日目
早朝からばたばた
さよなら中国!飛行機


こんな感じでした。いっぱいいろんなもの見すぎて、まだまだ消化し切れてない感があります。
いくら写真をみても、話を聞いても、実際行ってみてみないと何も知らないも同じと感じました。
百聞は一見にしかず、みたいな。
中国のリアルみたいな。
外国の文化やくらしにますます興味が湧きました〜

とりあえず、うちはオナカ壊さんでよかったです(・ω・)
posted by masutanis at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国・大連合宿

4泊5日のゼミ合宿お疲れ様でしたー!!
今回の中国は海外2回目にして中国2回目。とても良い経験でした!
上陸しての感想。やっぱり最近急激に自動車が増えた為か晴れているのに少し霧がかかっている感じだったので残念でした。
日本と中国の違いを強く感じたのは自動車事情。中国の自動車は車線にアバウトな上にすごいスピードでした。歩いていれば横断に命懸け。乗っていればアトラクションのように揺れる体。ちょっと楽しかったです。

2日目の企業訪問。初めての体験だったので少し緊張しましたがこういう選択肢もあるのか、ということがわかった良い機会になりました。
3日目の大外の方とのディスカッション。日本のサブカルチャーの有名さと大連での日本語教育の凄さに改めて驚きました。
4日目の隣町観光。「観光とは光を観るということ。しかし光があるところには必ず影がある。戦跡などがその一つでブラックツーリズムという。」先生の説明はとても納得しました。より良い日本をつくっていくためには影から目を背けてはいけないと改めて思いました。

そんなこんなでとても勉強になった4泊5日。自分のお腹の強さを知った4泊5日にもなりました(笑)
お粥もタピオカも食べたのに大丈夫だったあたしのお腹はどうなっているんだろう??(笑)

鈴木 絢
posted by masutanis at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大連でのこと

初日:着いた瞬間空気が違う感じがした。空気の悪さとゴミの臭いが気になった。中山広場らへんはネオンが凄かった。やりすぎだと思った。広場で流暢な日本語を話すおじいさんと出会った。日本は好きと言っていた。
二日目:NHNもソフトウェアパークも良い環境だった。カフェで名刺も貰ったし、職に困り果てたら大連に来ようと思う。
三日目:学生交流。色々話せてよかったが今になるともっと突っ込んで話せばよかったと少し後悔。あちらの学生がアグレッシブでこっちが答えに窮するくらいを想定してたけど、中国の学生は全体的にシャイだった。むしろ自分が一番図々しかった。皆自分の国が好きで、毛沢東も好きで、反日感情は無く日本も好きと言っていた。日本語を学んでいる人達だから当然か。
四日目:自分の中では一番充実した日だった。公開していない場所に行けるなんて凄い体験だ。歴史は学んでいて楽しいが、実際に生で見るのと資料集とかで見るのは重みが違った。もっと色々知りたいと思った。
食べ物は基本美味しかった。ドリアン、小龍包、ライスヌードルなど。全然腹もゆるまなかった。むしろガチガチだった。

自分にとっての初海外はとても大きなものだったと思う。二日目か三日目に柵乗り越えて瓶ビール買いに行ったり、混ざってバスケしたり、うるさすぎて中国語でマジギレされたり、たいし君がカップをのっけたり、タイガージェット新君が強すぎて皆からむかつかれたり、予定表に載ってないようなことも含めて楽しかった。最後にまとめてくれた3人と先生に感謝!

清水 泰斗
posted by masutanis at 02:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初海外合宿!大連での日々

大連での5日間は、とにかく刺激的な日々でした!今まで知らなかったものを見て、触れて、食べて、驚きオドロキの毎日でした。

大連に着いてまず思ったのは車の交通量が多かったこと。中国といえば自転車というイメージだったのが変わりつつあるんだなと思いました。また、運転の激しさもすごかったです。信号はあるようでないような。さすがに大丈夫だろうと思っていたパトカーにひかれそうになったときはショックでした。おかげで大通りを渡る度胸がついた気がします。

企業訪問では、実際に職場を見学し働いている方のお話をうかがえるという、なかなか普段はできない経験をしました。特にNHNは韓国のNo.1のインターネット企業ということで、興味深かったです。企業は韓国の企業で、働いている人は日本人が多いけれど、場所は大連というのが不思議な感覚でした。年内には実現するというNAVERの日本進出が楽しみです。

大連外語学院の学生さんとの交流はとても楽しかったです!みなさん日本語がかなり上手でした。聞けば日本に行ったことはないとのこと。それなのにあれほど話せるのは、それだけ日本語を学ぼうとする意欲と努力があったんだろうなと思いました。その姿勢を私も見習わなければと思いました。
私たちの班のテーマ「食文化」についても、お互いの食文化のイメージを話したり、色々興味深い話を聞くことができました。大外の学生さんにもいつか日本に来て、本場の和食を食べてもらいたいなと思いました。

隣町ツアーは、かなり貴重な経験だったと思います。立ち入り禁止の所はとても緊張しましたが、行くことができて良かったです。やはり実際に行って自分の目で見てみないとわからないこともあると思うので。目を覆いたくなるような残酷な写真などもありましたが、それを見たとき中国人側の考えも理解できるような気がしました。隣町では色々考えさせられました。

大連合宿を語るのにやっぱり食べ物は欠かせません。毎日食べたアイスや海鮮料理、韓国料理、おいしかったです!!初めて食べたものも結構ありましたが、なかでも印象に残っているのがドリアンです。いまでも思い出すと口のなかにあの独特な香りがよみがえってくる気がします。特別好きというわけではないけれど、なぜかもう一度食べたいと思ってしまう。不思議な魅力を持つ食べ物ですね。
他にも今思えば食べればよかったと思うものもあるのですが、お腹を壊してからは食べ物に消極的になってしまい食べなかったことだけは、惜しいことをしたと思います。また中国に行けたら、どんどん色々なものにチャレンジしてみようと思います!

こうして大連合宿を振り返ってみると、今までできなかった経験をたくさんできて充実していたなと思います!この合宿に参加できて良かったです!
おつかれさまでした晴れ
posted by masutanis at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

大連合宿レポ

初中国でしたが、つくづく初中国が大連でよかったと実感してます。
街が予想以上にきれいでした。

一応、毎日の感想を箇条書きでズラズラ書いていたのですが、省略してここにも書いておくことにします。
・車の運転ひどい。基本止まらない
・大学周辺はまるで韓国、日本人も多い
・ごはんは思ったよりふつう
・TVに胃薬のCMが多い
・コンビニの牛乳はぬるくてこぼれている
・すべてのお茶には糖入り
・韓国がファッショナブルらしい、韓国はかっこいい
・女の人がわき毛を剃らない
・警察さえ信号無視
・韓国料理がおいしい
・大学1年生が軍教を受ける
・男の人が土くさく、男らしい
・旧日本人街はまるでヨーロッパ
・中国語が通じているのかさえ分からない

そして最後は、・井柏然かっこいい。という言葉で占めてありました。

企業説明は、NHNとIBMへ行きました。
NHNはなんと私が常用している韓国のNAVER(www.naver.com)が日本進出をするということで、その説明を聞きに行きました。
驚いたのは社員が全員日本人だったこと。
まるで大連ではないですね。中国語や韓国語が分からなくてもこの環境ならやってけます!という言葉の意味が分かりました。
何か分からないことがあったら、何か知りたい芸能人があったら、いつもNAVERを開いていた私ですが、やはりそのくらいの情報量を日本にも求めるのだから準備作業は相当大変なのだろうと思いました。
また、NAVERには一般の人が情報を書き込める掲示板があって、そこがとても充実しているので、日本NAVERも日本の情報源の収集所のようになればいいと思います。

次に行ったIBMですが、なんと案内してくださった三上さんは父親の昔の仕事仲間。父に聞いたら、入社当時から知っているそうです。
NHNもIBMも、どちらもビルもとてもきれいで働く環境として大連が好まれているというのがよく分かりました。
韓国にも近いし、大連で働きたいな、なんて思う私の単純な脳。

とにかく、楽しかった5日間でした。
みんながお腹を壊しているのが大変そうでしたが、私は無事に帰国。
帰国後2日後に胃痛がひどく病院へ行ったら急性胃腸炎。それでも中国はまた行ってみたい国に入りました。


実川真由
posted by masutanis at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

中国の車窓から

大連での五日間は最初から最後まで、新鮮さに満ち溢れていました。

食べ物は日本にはないような料理ばかり。
自分としては、これは食べれないな、と思うものもなくすべておいしく食べれました!
珍しいものとしては、なまこの仲間のワームみたいな生物、口の中がファンファンするライスヌードル、ドラゴンフルーツジュース、臭豆腐、ドリアン、などなど....特にドラゴンフルーツジュース、臭豆腐、ドリアンはおすすめです!!

中国に来て強く感じたことは、日本の人は箱入り国民だなってこと。

町並みや公共施設はきれいに整備され、レストランの接客は丁寧、食べ物や水の安全性。いろいろなものに守られている日本人は、細かいことをきにし、とても敏感な生き物であるかもしれない。ある意味中国の人々のほうが生きることにまっすぐで本来の人間らしい気もし、人間的パワーを持っているような気がした。国民性や
文化の違いをじかに感じるとともに、日本人の生き方を再認識。

現地の企業訪問では普段見聞きすることができないことを体験することができ、戦場であった203高地、塔などへの訪問は、考えさせられることばかりだった。しかし、日本史の学んでいたにもかかわらず、歴史に対する知識のなさを実感…。もっと歴史について勉強せねば。

なにはともあれ五日間で最終日の夜のトランプで最後の最後にテンションが落ちる以外はテンションは上がりっぱなしでした(笑)

また中国行きたいです!!!!

ちなみに噂のスタヅオヅブリ(笑)はハウルの動く城までの作品がすべて入っていました!やっほ〜い!

金子泰士
posted by masutanis at 21:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大連合宿

初日

大連行きのフライトが1時間遅れるが、ゆっくりしていられたのでまあいいかと思う。大連空港に着いてからはバスで1時間ほどで大連外大に到着。道が混んでなければもう少し早く着いたのだろう。泊まったのは大連賓館。普通のホテルと同等の設備でホッとする。宿泊先の近くの店で夕食を採り寝る。

2日目

朝から企業訪問。早めの就活?といった感じ。NHNからはインターンのお誘いを受けるが正直、大連でインターンはしたくない。ソフトウェアパークをざっと見てピッパズコーヒーショップへ。日本で食べれるものがあって嬉しい。味もそのまま。漫画等読みつつ2時間くらい居座り、近くの海岸へ行く。そのあと確か買い物した気がする。

3日目

午前中は市内見学をするつもりだったが体調不良で宿舎で寝る。起きたときにはみんな宿舎に帰ってきていたのでやや焦ってバスに乗り込む。大連外大旅順キャンパスへ向かう。学生交流としてディスカッションをしたが、私はテーマの予習をしていなかったのであまりいい話し合いができなかった。キャンパス見学をし宿舎へ帰る。あまり眠れない。

4日目

隣町の施設見学。午前中に腹を下し熱が出てテンションが落ちる。見学してるようでしてなかった。
宿舎に戻り薬を飲んで眠る。先生、瀬谷さん、関谷さんからパンの差し入れ。空腹だったからおいしかった。
その後すぐには寝つけなかったので石岡君とあれこれ話して眠る。

5日目

すぐ日本に帰る。


今回の合宿はスケジュールが詰まってて自由時間が少なく、疲れてしまったが1つのいい経験になりました。


金澤 岳
posted by masutanis at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内蒙古

僕は中国が嫌いです( -_-)

春休みに親のところへ遊びに行った時、まず、中国人の態度の悪さにむかつきました。声はデカイし(-_-)

そして空気が悪く、肺をやられて39℃の熱がでて大変でした。

そんな経験があったため、最初は乗り気じゃありませんでした。

全体的な感想としてはいいゼミ合宿だったと思います。中国にあるモンゴル。僕達のいた、街の方は中国色がやや強いと感じました、学生は中国語をしゃべっていたし、食事は中華、テーブルクルクルだし(☆。☆)モンゴル料理屋もあったけど


ところが、草原に行くとイメージは変わります。自分は中国にいる気はほとんどしなくなります。あの大草原とゲルはまさに頭に描いていた、モンゴルのイメージだからです。

あと気になったのは内蒙古大学の学生達は自分の民族をアイデンティティーとして意識しているようでした。私はモンゴル族です、彼女もモンゴル族ですといった感じ。

この中国とモンゴルのコラボが、ちょっと面白かったのが、この旅一番の思い出です(^^ゞあと、羊のまんまる焼き♪

日本に帰って来たとき、大宮に帰ってきたときは本当にホッとしました(^ .^)y-~~~

今でも中国嫌いはあまり変わりません。

永田
posted by masutanis at 10:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

中国行って撮ってきて☆

舛谷ゼミ2年島崎純也です。大連から帰ってきて記憶が飛ばないうちに感想を書きたいと思います!

5日間あったわけですが、全部は書ききれないので(汗)@NHNチャイナ、IBM、ソフトウェアパークA大連外国語大学の学生さんとの交流B隣町についての3つに的を絞りたいと思います。


@
正直かなり貴重な体験だったと思います。NHNチャイナでは社員のかたが働いてるなか、会社概要や歴史、しかも社員の方に直接話を聞けるという体験をさせていただきました。しかもインターンの話までも……ありがとうございます☆
そしてバスでIBMへ。ここも建物がすごい立派で、会社の中も見せてもらえたし、概要の説明もいただきました。

A
3日目には大学の方と交流させていただきました。班にわかれて、決めたテーマについて話し合いました。「受験と学習」というテーマだったのですが、かなり横道に逸れたにしよ、中国人は学習で忙しくて、アルバイトしてる暇がないとか、逆に日本の受験戦争のことを話し合えました。最後はみんなで記念撮影!

B
4日目は戦時中を物語る数々の場所へ行きました。砲台や塔など、あとは館も。そこでは戦時中の日本の残虐な行為も書かれてました。こういうのを外国人に見せて、繰り返しちゃいけないことを知らせなければいけないと思います。


と、主なことを書きましたが、他にも食(自分的には4日目の夕食はとてもおいしかった♪)や夜のトランプ大会(笑)などのことも書きたい所ですが、この辺で……(^O^)

島崎純也
posted by masutanis at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

袴田百合子のチャイナにいっちゃいな

誰も手をつけていませんので一番乗りしてみます☆

今回の国外合宿IN CHINAは、とにかく疲れましたー!!!!!!
でも舛谷ゼミっこ全員揃って行けて良かったです^^

さてさてまず中国に行って驚いたこと
・車の運転状況のひどさ
・料理の油っこさ
・公共トイレの汚さ
・中国の赤ちゃんのズボン
etc・・・・・・

同じアジアなるも文化の違いに大いに触れました。


*企業見学*
NHNやらIBMやらに足を運ばせていただいたわけでありますが。。。
とにかく専門用語がわからない><;
そもそもソフトウェアって!?
右から左に受け流してしまいました・・・お恥ずかしい。
でも日本人が多く大連で働いていて、海外で活躍する方々を見ることができたのは良い経験になりました!

*外大生との交流*
我が班のテーマは「受験・学習」。
日本と似通った点が多くも、やはり中国特有の文化というか慣習というか・・・そういうものが垣間見えました。
他の班の発表を聞いても面白いものばかり。この国際交流は本当に良かった!!
ただ、彼女たちが5年生でもう就職間近というのもありますが、「百合子さん夢はなんですか?」と聞かれたときに答えられなかった自分に少々あせりました・・・
とりあえず外大の方々は皆日本語も上手で物腰も柔らかで。
あぁ、わたしも彼女たちを見習って大和撫子目指して頑張ろう。

*隣町見学*
とにかく怖かった!まずまさか自分たちが“密告”されるとは・・・!!
そして数々の資料館 その他諸々を訪れて、改めて戦争の恐ろしさを感じました。
中国人がなぜ頑なに日本を嫌うのか。もう時代は変わっているのに・・・
そう思っていましたが、戦時中を生きた人々にとっては日本人は憎むべき対象であることも納得できてしまいました。
というか、中国人にとって日本人は憎悪とともに恐怖の対象でもあったのでしょう。
同じ日本人として彼らの行為に反感と共にとてつもない恐怖を感じました。
でも区域に行けた事は、とてもスリリングでかつ貴重でした!


*最期に・・・*
海外に行くと日本の良さがわかると皆言っていましたが、まさにその通りだなと痛感。
逆に言うとホントに過保護なほど日本人は守られているっっ!!
不衛生なものにとにかく慣れていなくて、デリケート。それが日本の良いところであり弱みでもあるのかも。
自分も人生最高に腹を下し、正直早く帰りたいとしか思えない日もありました・・・
でもたくさんの想い出が出来て、本当に良かったです!
みんなお疲れ様でした☆


袴田百合子
posted by masutanis at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

内モンゴル

2007_08300100.JPG内モンゴルから帰ってきてから早二週間です。
本当に充実した一週間を送ることが出来ました。
内モンゴルはイメージと全く違いました!
都会だし、やっぱり大学生はお洒落をしたり、
女の子同士で恋愛トークを楽しんだり、イケメン俳優が好きだったり、
そういうのは日本人と全然変わらないなと思いました。

いつも他の国の学生と交流すると、彼女らの生活について深く聞けるのはとても楽しいです。しかし私はいつも、話を聞き出すほうに傾いてしまって、彼女らが自分の国を語ったほど、自分は日本について話せていないなと毎回思います。
私は日本が好きですが、あまり日本のことを知らないのか、
それとも日常が当たり前すぎて、どこからを文化として語ればいいのか分かっていないのか…
原因を見つけようとすると難しいです。
自分の国を勇気持って話せないと駄目だなと思います。

この写真お気に入りです♪
蒙牛アイスが恋しい!!!

小清水
posted by masutanis at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

海外合宿

すごく内容の濃い海外合宿になったと思います!合宿先が内モンゴルって聞いた時は驚きましたが、行ってみたら普通に都会、都会ぴかぴか(新しい) 草原とばかり思っていたので、行って見ないと分からないものだなぁと思いました。
北京は…空気が汚くて、人当たりもちょっと(かなり?)冷たく感じて、何より車が怖かったので、今回の合宿を機に当分はいいかなぁと思います。
逆に内モンゴルは空もきれいだし、湿度もないし、ちょっと乾燥はしてましたが、北京よりずーーーっとよかったです。ただ北京同様、車の運転は荒くて、道路の横断に苦戦しましたが。車(セダン)ダッシュ(走り出すさま) 
内モンゴル大の生徒は皆日本語が上手でびっくりしました。積極的だし、知らない単語があると必死にメモっている姿が印象的でした。それなのに私はろくな言葉を教えなかったような気がしますあせあせ(飛び散る汗) ほとんどの人が日本語1級を12月に受けると言っていたので、私達が英検1級受けるみたいな感じなのかなと思い、感心しました。それに内モンゴル大の学長の先生がすっごく優しくて、素敵でした。
後半激辛ラーメンにやられて胃腸の調子が悪くなりましたが、天候にも恵まれ、内モンゴル大の人たちと友達になれ、ガイドさんにも恵まれ本当によかったです!!あぁよかったカラオケ 海外合宿担当の人たち、先生ありがとうございました。みなさんお疲れ様でした!

江口
posted by masutanis at 11:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

モンゴル合宿

070829_070915.jpg
8日間あっという間でした。が、ほんとに色んな体験ができました。まず人生初の寝台列車にすごくわくわくしました。荷物チェックみたいな所で、もみくちゃにされた時は怖かったけど…
内モンゴル大生との交流では、グループの中にモンゴル族の学生さんがいたので、草原の暮らしの今を詳しく知ることができたしびっくりすることも多かったです。あと日本語がうますぎてびっくり。とても親切にしてくれた皆に感謝です!ほんとに楽しく過ごせました。あとフフホトではアイスが美味しいし安いしでハマりました。こっしゃんの口癖がうつって常に「アイス食べたい」って言ってた気がします。
草原では、お出迎えは嬉しかったけど手に何か持ってる…着いて早々めげました。あのお酒はキツすぎです(>_<)乗馬はあんなに長い時間乗ると思ってなかったし、予想外に走るし、落馬するかと思いました。でも馬に乗りながら見た景色はほんとに最高でした!あんな景色はなかなか見れない!写真撮りまくりました。食事は予想以上に羊は少なくてほっとしました;先生は丸焼き食べたかったと思いますがf^_^;
長々続いてしまいそうなのでこのくらいにしますが、毎日濃かったなぁっていうのが合宿終わってみてしみじみ思ったことです。皆お疲れさまでした!色々皆のわがまま聞いてくれた先生、ありがとうございました。
また後期に会いましょう(^^)


今井
posted by masutanis at 01:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。